NO IMAGE

アニメおすすめ、「蒼の祓魔師(あおのエクソシスト)」

こんにちはアニメ大好き彫金師の上谷です。

仕事の合間にプライムビデオでチマチマとアニメを見ています。

見ていったアニメをノンビリと紹介しています。

今回紹介するのは蒼の祓魔師(あおのエクソシスト)、原作は現在もジャンプSQで連載が続いている少年漫画です。

Amazonビデオを無料体験する >

アニメおすすめ、「蒼の祓魔師(あおのエクソシスト)」

原作は2009年からジャンプSQで連載されているダークファンタジー作品で2020年現在24巻まで出ています。

アニメ化されたのは2011年でファーストシーズンの後半はほとんどアニメオリジナルになっています。

セカンドシーズンとして2017年に「京都不浄王編」(原作に忠実)が放映されました。

個人的に京都不浄王編が非常にオススメ。

原作でもそこらへんがメッチャオモシロいです。(原作は大体オモシロい。)

 

蒼の祓魔師のあらすじなど

蒼の祓魔師のおもしろいポイントをいくつか紹介します。

 

主人公の奥村 燐(おくむら りん)は悪魔の王サタンの息子と言うことに知らずに育てられある日悪魔の力に覚醒します。

超ザックリ言うと主人公が悪魔の力に葛藤しながら成長して戦っていくお話です。

あらすじに関してはwikipediaをご覧ください。

 

個人的にメッチャ好きなポイント

・戦い方が現代的で中世的

大体のファンタジーだと剣と魔法の世界であれば飛び道具はかボウガンと相場が決まってますが、蒼の祓魔師の世界は昔から悪魔と交流しながら戦ってきてたどり着いている現代なのでマシンガンなどの重火器もバンバン出ます。

そこらへんが今までの作品であまりないですね。(ゼロとは言ってない)

エフェクトなしの聖書の詠唱で悪魔を倒すのはこの作品だけかもしれませんね。

聖水を手榴弾のように使用したりと現代的な戦い方と中世的な戦い方がいい感じにミックスされているのが魅力の一つです。

身近な例で言うと東京は赤坂の日枝神社が神社でありながらエスカレーターが付いてるような感じです。

 

・色んな宗教と悪魔がいい感じにゴチャ混ぜ

作中では基本的には西洋的な宗教と仏教が出てきますが、さらっと中華的な宗教家やアジアでもインドネシア系の宗教家の姿も描かれています。

悪魔の名前もいろんな宗教のものが出てきます。

ゴチャゴチャでありながらも物語が絶妙なバランスで出来上がっているのも非常に見事です。

 

・結構話が重いのに見やすい

連載が始まった当時の流行りもあると思いますが主人公は結構クヨクヨ&ウジウジ系です。

そうかと思えばいきなり開き直ったりもするので、精神の未熟さを表現しているのかもしれませんがちょいちょいイライラします^^;

出てくるキャラクターのほとんどは大体何かしら重たい背景があるので物語自体もどんよりとした感じになりそうなもんですが、合間にはさまれるコミカルな雰囲気のおかげでそういった感じもなくテンポよく見ることが出来ます。

 

アニメ化されていませんが主人公の同級生の神木出雲がメインになるストーリーはだいぶ重い&胸糞^^;

アニメ化されている部分、特に不浄王編は主人公の精神的な葛藤などもありながらシンプルなヒーロー路線として見ることが出来るので子供でも見やすいと思います。

 

 

・悪魔のデザインがステキ

以前紹介した「コードギアス 反逆のルルーシュ」の時も量産機のデザインがいいと書いたように、主要キャラ以外のデザイン画いい作品は大体名作です。

蒼の祓魔師の場合はゴブリンなどの低級の悪魔のデザインが微妙にかわいくてすごくいいです。

中にはメッチャキモいのもたくさんいますが、主人公の使い魔になるケット・シー(猫の悪魔)や台所の悪魔のウコバクはめっちゃかわいいです^^

ウコバクは花火と揚げ物を開発した悪魔なんですって超すごくない?

最近アニメのキャラクターを彫金で絵にするのがマイブームなのでそのうち彫ってみようと思います。

 

ウチシュマーとか超いいですね。

ウチシュマーは仏教で言うところに烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)、烏枢沙摩明王は不浄を祓う明王様で五大明王の一尊でトイレの神様です。インド名ではウッチシュマ、日本の明王様としての見た目やインドの絵だとかなりいかつい見た目をしています。

静岡県の可睡斎と言う曹洞宗のお寺のトイレには烏枢沙摩明王がドンと立っているので見に行くのもいいかもしれません。

ちなみに漫画の中で必殺技として何回も使われる「火生三昧(かしょうざんまい)」は烏枢沙摩明王が住んでいる火に満ちた世界の名前で元々は必殺技ではありません。

でもシャーマンキングの蓮が繰り出す「中華斬舞(ちゅうかざんまい)」みたいでいいですよね^^

 

まとめ

神話マニアの人でも楽しめるぐらいに設定が寝られている作品なので多少の突っ込みどころはありながらも非常に楽しめる作品になっていると思います。

アニメのファーストシーズンの後半はアニメオリジナルの部分が多いので微妙なところもありますが「京都不浄王編」は絶対的にオススメできる内容になっています。

 

時間のある時にごらんください。

\CHECK NOW/

Amazonビデオを無料体験する >

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

 

各種ソーシャルリンク

SNSのフォローはこちらからお願いします。

\FOLLOW ME/

Twitterをフォローする

Instagramをフォローしに行く

IMULTAのYoutubeを観る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。