NO IMAGE

太陽光の撮影に縛られないように撮影ボックスを買ったのでレビュー

こんにちは彫金師の上谷です。

前回シルバーアクセサリーの撮影に関してアドバイスを頂いてあれこれ撮ったのをレビューしました。

ただ太陽光に縛られると時間が合わない時もあるので思い切って撮影ボックスを買いました。

今回は撮影ボックスを使った内容をレビューします。

DAISOの100均のアイテムで騙し騙し撮ってきた方には是非読んでいただきたいと思います。

結論から言うと撮影ボックス買った方がいいよって話です。

太陽光の撮影に縛られないように撮影ボックスを買ったのでレビュー

脱皮バナナ
商品撮影しなきゃだね!!
ヅドーン
いい写真にした方が良く売れるし太陽光で撮った方がいいよね!!

最近はフリマアプリも普及してきたので商品撮影に関してこだわる人も増えてきたと思います。

タイトルにも書いていますが、商品の撮影は太陽光の下で行うのが一番です。

ただ撮影したい時にいつもいい感じの日差しが出てるとは限りません。

撮影しよう

天気悪い、タイミング合わなくて日中撮影できない。

メンドクサくて撮影しなくなる。

こんな悪循環に陥るので撮影しなくなります。

 

という訳で購入したのがこちらの撮影ボックス。

 

私が購入したのは40×40×40のサイズでちょっと小さめなので(小物なら十分)、服とか取りたい方は大き目のものを購入することをオススメします。

 

太陽光と撮影ボックスの比較をしてみよう(私比)

どっちで撮影してもメリットとデメリットがあるのでどっちがいいという事もありません。

私がなんとなく感じた点をまとめていきます。

ちなみに大前提として私は太陽光での撮影をオススメしてます。

太陽光のメリット・デメリット

「基本は太陽光がオススメ」と言うのを前提に。

太陽光撮影メリット

  • 簡単にキレイ目の写真が撮れる
  • 白い背景を使っておけば光の拡散についてはあんまり考えなくていい
  • 時間によって光の具合(夕日とか)が変わるので雰囲気を変えることが出来る
  • 影を入れる時も柔らかく入れることが出来るので勝手に雰囲気が出る。

追記するかもしれませんが太陽光はデジカメの光の設定とかをあんまり考えなくても接写モードなどザックリした設定でかなりいい感じの写真が幅広く取れます。

 

太陽光撮影デメリット

  • 漠然といい感じの写真なら取りやすいけど、狙った写真を撮りたいのであれば光の向きなど結構気にしないといけない。
  • 光沢のある背景、布を使うと一気に見え方が変わってくるので検証と経験値が必要
  • 時間と天気に縛られる。
  • セッティングが大変

デメリットを書いてますが、漠然といい感じの写真を撮りたいのであればそこまで気にする必要はないと思います。

一番のデメリットは時間と天気に縛られることです。

ただ最近はアプリやフリーソフトで簡単に加工できる部分もあるので、そっちのスキルがある人はそもそも光の具合は気にしないはず。

 

撮影ボックスのメリット・デメリット

個人差はあります。

撮影ボックスメリット

  • 準備がすごい楽
  • 安定した撮影が出来る
  • 光の向きはそこまで気にしなくていい
  • 時間や天気に縛られない
  • 背景シートがいっぱいあるので色々試せる

とにかく楽に撮影できるのがポイントです。

人によって感じ方は違うと思いますが、私の場合はセッティングが楽だと言うだけで撮影を始めるまでのハードルが大きく下がりました。

 

撮影ボックスデメリット

  • 撮影ボックス代がかかる
  • 光の向きは一辺倒になるので雰囲気に変化を出すのはちょっと難しい。
  • 物によっては色が強く出すぎて淡い雰囲気の写真が撮りにくい

多分他にもあると思いますがこれぐらい。

撮影ボックス代はそれなりにかかりますけどちゃんとした商品写真を撮っておけば早めに元は取れます。

DAISOの100均グッズで一生懸命撮影してたのが馬鹿らしくなるぐらい簡単にキレイな写真が撮れます。

 

たまに「DAISOのグッズでこんなキレイな写真が撮れました~☆≧▽≦☆」っていうサイトで作り方を紹介してますが、商売レベルのものは撮れません。

撮れるかもしれないけどかなり経験値が必要になるのでサッサと撮影ボックス買った方が早い。

 

経験してきた私が言うので間違いない、マジで。信じなくてもいい。

DAISOグッズとか自作グッズとかで2500円ぐらい使ったけど無駄でした。

 

デメリット系もカメラの設定をいじることで簡単に解消できます。

 

まとめ

商売にしたい、フリマアプリで売り上げを上げたいという人は買った方がいいです。

ドラクエ的に例えて言うと「自作の銅の剣」と「鋼の剣」だったら「鋼の剣」買おうよって感じです。

自作の撮影セットであくせくするより楽なので必要なものは買っておきましょう。

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

 

IMULTAオンラインショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAのオンラインショップはこちら

 

彫金を施したスターリングシルバーのzippo
彫金を施したスターリングシルバーのzippo

↑私は普段このように金属に模様を彫り入れるオーダーも承っています。

オーダーをご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

彫金のオーダーについて問い合わせる

 

工具を買うならAmazonプライム

基本的にネットで工具を買えるように紹介していくのでAmazonプライムが便利です。

月額500円もかかりませんし映画や音楽も利用できるのでオススメです。

\Amazonプライムを試してみる/

Amazonプライムはこちら

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。