NO IMAGE

映画オススメ、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」に震える

こんにちは彫金師の上谷です。

あらゆる映画を見てきた中で特におすすめの映画を紹介します。

今回紹介するのは「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」、2014年に公開された映画で、小難しい話は全くないのにとんでもなく魅力的なストーリーです。

難解なテーマじゃないと映画じゃない!!ってタイプの人は向かないシンプルな内容の名作です。

 

映画オススメ、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」に震える

今回紹介するのは「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」、2014年公開で主演はジョン・ファヴロー。

ジョン・ファヴローはアイアンマンの監督をしていた方ですね、私は映画を見た後で知りました。(私は映画ウンチクは別に詳しくありません。)

 

個人的には映画を通してその国の文化や雰囲気に憧れを持てるような映画が名作だと思ってますが、この作品はまさにドンピシャで今まで見てきた人生の中でコヨーテ・アグリーと同じぐらいハマりました。あっという間の1時間54分です。

 

簡単なあらすじ(※ネタバレ含みます。)

別に大どんでん返しがあるような映画ではないのでネタバレしても面白いです。

 

主人公のカールキャスパー(ジョン・ファヴロー)は腕のいいシェフだけど努めているレストランではオーナーが色々と注文を付けてきて自由に料理が出来ずに悶々としています。

そんな時にTwitterでフォロワーがわんさかいる料理評論家に煽られた結果、色々あってレストランを首になります。

そこでの名言は「見ろ!!このフォンダンショコラを!!トロトロだ!!」(ちょっと省略しています。)

 

家族ともうまくいってなかったカールはまたまた色々あってフードトラックを始めることになり、息子のパーシー&親友のマーティンとフードトラックで旅に出ます。

あっちこっち料理を作りまわって最終的にはハッピーエンドという非常にシンプルなストーリー。

見終わった後はホットサンド(パニーニ)が食べたくなります。

 

シェフ 三ツ星フードトラック始めましたの重要な要素

本作では重要な要素が3つあります。

 

・料理

タイトルにシェフと入っているので言うまでもなく料理が主役です。

途中「あれ??この料理シーンなんなん??」という謎の調理シーンの映像が一番きれい(笑)

フードトラックでホットサンド(クバーノ)を作るシーンも雑多な中で作っているのが活気があって楽しそうです。

ちょいちょい味見する肉がめっちゃ美味そう^^

 

・Twitter

主人公のカールはTwitterが原因で仕事を失うことになりますが、息子のパーシーがTwitterを駆使することでフードトラックを成功させていきます。

ここら辺がいかにも最近の映画と言う感じで、カールはおっさんなのでTwitterだなんだはさっぱり。

Twitterの良い面と悪い面が両方出ていて、最終的にはポジティブなイメージにまとめているのが印象的です。

 

音楽

キューバの音楽がたくさん使われていてサウンドトラックの人気が高いようです。

陽気な音楽も相まって映画の雰囲気も非常に明るく、頭を空っぽにして見れる雰囲気になってます。

 

 

まとめ

冒頭に書いた通り小難しいテーマが好きな人には全く向かないシンプルな娯楽映画になっている本作は疲れている時にも気楽に見ることが出来る最高の映画です。

難しく考えずに一度見てみることをオススメします。

ジョン・ファヴローがアイアンマンの監督という事もあってロバートダウニー.Jrやスカーレット・ヨハンソン、さらには名優ダスティン・ホフマンがちょい役で出てくるので出演陣は結構豪華です。

お時間のある時にどうぞ^^

 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。