こんにちはIMULTA(イムルタ )彫金師の上谷です。

いつもお仕事&お買い上げありがとうございます^ ^

年末はこの感覚がひとしおでございます。

日々節目となるような事が増えていきますと、その準備や後片付けに追われて感謝を忘れそうになってしまいますが初心を忘れずにいつまでもしっかりとやっていきたいと思います。←(元禄落語心中の岡田将生さんの声で脳内再生して下さい。作中にこんなセリフはありませんが。)

さて、いつも通りのちょっとしたご挨拶が終わったので今回もさっそく、

彫金のお話でございます。

彫金ハウツー第5回始まり始まりー

今回は魚子(ナナコ)タガネの打ち方第2回!!

彫金のやり方というのは人それぞれなので「こんな方法もあるんだなぁ。」ぐらいで読んでください。

 

「ブログを見てやってみたけど出来ない!!責任取って!!買った工具代払ってよ!!」

上谷

「なるほど!お客様!!無理です!!」

 

こうなりますので彫金をやるのは全部自分の責任でお願いします。

ではでは

魚子(ナナコ)タガネの

打ち方その2

真っ直ぐ叩くという極意はそのままに今回は道具の説明です、魚子(ナナコ)タガネと一口に言っても先端の丸の大きさが違うのでいっぱいあります。

魚子タガネその2
魚子タガネその2

魚子・ミルタガネの種類

一個前のブログでは12本セットで売ってるから買ったらいいと思いますよ、と書きましたが、MAXで23本ぐらいのセットがあるんじゃなかったかな?ちょっとうろ覚えです。

自分で自作するならそれこそ大きさの種類は無限になります^ ^

私は市販の魚子タガネを使っていますが、市販の魚子タガネ・ミルタガネには先端の丸の大きさによって側面に数字がふってあります。

私がアクセサリーに使うものは2番〜8番、ジュエリーだと1番〜2番。レリーフ系の装飾品は状況に応じて全部使うときもあります。

数字が小さいものほど先端の丸が小さいです。

魚子が先か、模様が先か

彫金の模様にないところに打っていくパターンと模様の内側に打っていくパターンがあります。どちらかというと彫金模様的には内側に打った方が和っぽいかもしれません。ここはあくまでデザイン次第です。

 

どちらが正しいというのはありませんが、面積が広くて彫金模様を彫り足していく方法だと後から打っていく必要があります。

余談、後日書きますが「鋤彫り(彫り下げ)」を施すのであればどっちが先でも大丈夫です。

基本的に先に打つ方法はデザインが完全に決まっているような時にやります。

お好みで使い分けてくださいね^ ^

どっちも使うパターンでもいいと思いますし。

打つパターン

重ねた魚子打ち
重ねた魚子打ち

打ち方、模様としては魚子の丸を重ねて連ねていくパターンと重ねないように丸を並べて打つパターンがあります。

私が使っているパターンは丸を重ねるパターンでアクセサリー、ジュエリーは大体これです。【荒らし】【魚子を撒く】なんて言います。オリンピックのマークみたいな重ね方です。

 

並べて打つ魚子
並べて打つ魚子

↑写真に写りやすいように強く打ったらちょっと変形しました^^;

並べて打つパターンは仏具とかお寺、和建築の装飾によく使われます。これは【魚子地(ななこぢ)】という名前がついた彫金模様です。

並べて打つほうが神経使うので練習にはなります。

ただ装飾で並べた魚子打ちをメインにしないのであれば練習の必要はないと思いますよ。

 

意外と忘れがちな事

 

「細かい魚子打つなら1〜2番でいいんでしょ。」

 

みたいな感じでやってるとやらかす場合があります。

金属の厚さに合わせて力加減を気をつけましょう、0.4mm以下の厚さの金属に1〜2番で打つ時は気をつけないとぶち抜いて穴が空きます。他の大きさのものでも雑にやれば空きますけどね。

手首で振り下ろす叩き方をしてると穴が開く可能性が上がります。前のブログで紹介したハンマーを持ち上げることを意識した打ち方だと松ヤニまたはコンパウドにちゃんと固定してあれば穴が開くことはほぼないので叩き方に気をつけましょう。

 

当然ですがぶち抜いたらもうお手上げです。やり直しましょう。

一個前のブログで紹介した叩き方はド基本なので練習するよ!って方はちゃんと身につけたほうが良いと思います\\\\٩( ‘ω’ )و ////

http://choukinyorozu.com/imulta101-973.html

↑一個前のブログ

まぁやるかどうかは自己責任で、別にやらなくてもいいですし。

さて今回はこの辺で、次回は何を書こうかなぁ。

今回の内容も細かく言えば「魚子タガネを使った陰影打ち」とかもっと書く事あるんですけどね、あんま長過ぎると怠くなるでしょうし。また機会があれば書きます。

私の商品のオンラインストアもありますのでよかったらこちらからご購入ください。

IMULTAロゴ

 

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

【twitter】

【Facebook】

https://www.facebook.com/IMULTA/

【instagram】

https://www.instagram.com/imulta/

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

それではまた次回をお楽しみに!!

最新情報をチェックしよう!

魚子タガネ(ミルタガネ)の打ち方の最新記事8件

NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。