MENU

読む彫金教室。毛彫りタガネの練習方法、線を彫る。

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

今回の読む彫金教室はタイトルの通り「毛彫りタガネの練習方法」です。

 

ちなみに私が初めて自作したのは毛彫りタガネ。

読む彫金教室始まり始まり~

目次

読む彫金教室。毛彫りタガネの練習方法、線を彫る。

毛彫りタガネは毛のような筋を彫れることから毛彫りタガネという名前がついています。

用途としては線を彫る以外に「石留めの爪を作る」という使い方があります。

今回は初めの線の彫り方について書きます。

線を真っすぐ彫る

まず最初に練習するのは直線の彫り。

これは奥から真っすぐに手前に引いて彫っていきます、とても単調な練習なので途中で飽きると思いますが淡々と続けてください。

タガネの向きを真っすぐ向けるポイントはタガネを叩くお尻の部分が自分に向かって平行になるようにすると真っすぐになりやすいです。

刃先を自分に真っすぐになるようにするのではなく、タガネのお尻が自分と平行になるようにします。

 

気を付けるポイント。

これはどの練習もそうですが特に直線の練習でなりやすいのが細かく叩かずにめんどくさくなって強く叩いて、叩く回数を少なくして早く終わらそうとすることです。

はじめは「めっちゃ彫金ぽいことしてる~~!!」と夢中になってやりますが、段々と他の片切タガネだ・甲丸タガネ・曲線彫り・立体彫りと練習していくと毛彫りタガネの直線の練習は適当になりがちです。

あくまで経験談ですが初期にやった練習というのはやる事が増えていくにつれておざなりになりがちです。

 

中には「直線はそんなに彫らないから」と考える方もいると思いますが、どのタガネ・彫り方の練習も細かくタガネを叩くことが重要になってくる場面は必ずあるので常に心がけることをオススメします。

さらにタガネを雑に叩くとうまくなる云々の前に頻繁にタガネが欠けます。

自分でタガネを研ぐことが出来ないうちは、タガネが欠けた場合新しいタガネを買うしかないのでコスト的にも初心忘れるべからずです。

 

練習のポイント

続いて練習のポイント、人それぞれですがまず私が練習してて「できない」となったポイントは真っすぐ彫れないということと同時に同じ深さで安定して彫れないということでした。

 

深かったり浅かったりするせいで線が太い→細い→太いといった不均一の線が出来上がります。

どの程度傾ければどの程度の太さで彫れるのかを確認する練習をするのが上達の近道です。

 

「何度傾けるか?」というのは人間の体型・骨格が違う以上人それぞれなので自分で確認するしかありません。

販売イベントなどで彫金の実演をしている時に「目線はどこを見たらいいか?」という質問をされた方がいらっしゃいましたが、それは彫る先を見るしかありません。

実際私はお客さんと話しながらでも彫ることが出来るので目線はあまり関係ないと考えています。

タガネのお尻の向きを気をつけましょう。

 

私が気を付けているのは、手前にタガネを引いて彫っていくと

自分に近くなるほどタガネの左右に傾きをキープするのが少しですがしんどくなるので、左右の傾きが真っすぐになるように気を付けています。

 

実際に指輪やそれ以外のアクセサリー・ジュエリーに模様を彫る時はそこまで手前に引くことがないのでまり関係ないですが、自分が思っている左右の傾きで彫れていない状況だと当然思っている通りには彫れません。

この症状を直さないままだと後々片切タガネで模様を彫っている時に特にうまくいかなくなります。

 

彫っていてなんでうまくいかなくなったかは意外と自分で気づきにくいので、練習するのであれば最初から注意するポイントをまとめておくと効果的です。

私のように変に癖がついてから矯正しようとするととても時間がかかって大変です。

 

道具的に気を付けた方がいいポイント

以前からブログで「タガネはちゃんと研いだ方がいい」と書いていますが、彫りの技術はビックリするぐらい道具に依存します。

できないできないと思っていた彫り方がちゃんとした道具に変えた途端にできるようになる事もあります。

 

道具が良ければ何でもいいわけではないのですが「自分の練習不足だ。」と思い込んでできない時間を続けていると苦痛になってくるので自分だけではなく道具も疑ってみましょう。

タガネを自分で作れるようになって初めて一人前の彫金師と言う方がいますし、一般的にそう言われますがはちゃんと模様が彫れればどうでもいいと考えています。

 

タガネ、、、、買っちゃいなよ!!!!

これから彫金を始める方には刃先が完成しているタガネの購入をオススメします。

 

私自身はタガネは作りますし、研ぎ直しもします。

ただそれは私の好みの刃の幅があったり鋭角なタガネがいいなどの好みがあるのでやっているだけです。

※私が彫金を始めた時に買った彫金の本は最初にタガネの作り方を紹介していたため私はタガネを自作することから始めましたが非常に効率が悪いのでオススメしません。

 

 

ちなみに赤タガネから作るのは常タガネがメインで、片切りタガネ・毛彫りタガネ・甲丸タガネはハイス鋼・超硬タガネ(そのままでも彫れる状態)を買って自分の好みの刃の幅に削ったり研ぎなおしています。

魚子タガネは完全に市販品を買っています。

※どこで買うか?→シーフォース・GOSHO・コモキン全部御徒町、営業時間が長いので直接行くならシーフォースがおすすめです。

 

 

このブログで練習方法を見ている人はどこかのどなた様かに「お前は一人前の彫金師だ!!」と認めてもらいたいわけじゃないと思うのでタガネは市販品を買うのをオススメします。

欠けたりしたときはすぐに代わりが用意できますしね。

研ぎなおしの技術を身に着けたいなら別ですが「模様を彫る」という部分以外に興味がないならどんどん買いましょう。

そこでもう一個気を付けたいポイントですが、市販品でも自分で作ってもそもそもの毛彫りタガネが左右均等にできていないことが多いです。

買う時に気を付けるのとそういったタガネだった場合は左右均等でない、どっちに傾いているかを踏まえたうえで彫りましょう。

 

読む彫金教室まとめ、毛彫りタガネの練習方法

  • 均一の深さで彫れるタガネの傾きを確認する。
  • 毛彫りタガネが左右で傾いてないか気をつける。
  • 毛彫りタガネ自体がちゃんとしているか気を付ける。
  • 慣れて練習がめんどくさくなってきたら細かく叩くことを意識する。(※重要)

 

タガネでシルバーアクセサリーを彫る前の銅板で練習する時の超基本について書きましたが、これから彫金を独学でやってみたいという方の参考になれば幸いです。

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

毛彫りタガネ関係の記事の胃一覧はこちらからご覧ください。

毛彫りタガネの記事一覧を見る⇨

 

IMULTAショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAの公式ストアで見る >

 

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

↑私は普段このように金属に模様を彫り入れるオーダーも承っています。

オーダーをご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

オーダーを問い合わせる >

 

彫金関係の工具はAmazonプライムに入っておくとポイントや配送の面で非常に便利なので入っておきましょう。

Amazonプライム無料体験を申し込む >

 

各種ソーシャルリンク

SNSのフォローはこちらからお願いします。

\FOLLOW ME/

Twitterをフォローする

Instagramをフォローする

IMULTAのYoutubeを観る

 

良かったらこちらをポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

この記事を書いた人

こんにちは彫金のやり方などを紹介するニッチなブログを書いています。

古くは奈良時代からある伝統技法ですが今では「彫金」という言葉を知っている方も減ってきているので少しでも普及に役立ちたいと思い情報を発信しています。

独学で始めたころは本当に手探りでどんな道具を使っていいかも勘で購入していましたが、現在では仕事にするまでになり自分なりに知識とノウハウの蓄積があります。

このブログを通して少しでも彫金を身近に感じれたり、これから彫金を始める方の参考になれば幸いです。

【上谷について】
8年間の彫金の下積みを経て2016年3月15日に独立しました。
屋号は「彫金萬」、「ちょうきんよろず」と読みます。
個人や企業からのオーダーを受けてお手元の金属製品に彫金を施すお仕事も受け付けています。

現在はジュエリーブランド「IMULTA(イムルタ)」で製作したオリジナルのジュエリーの販売しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる