MENU

読む彫金教室。毛彫タガネ彫り方練習、爪を立てる

こんにちはIMULTA彫金師(イムルタ )の上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

 

今回の読む彫金教室は毛彫りタガネの彫り方練習、爪を立てる編。

石(宝石)を留めるのは興味ないよって方はあんまり役に立たない内容になってます。

基本的な毛彫りタガネの彫り方を工夫すれば宝石を留めることが出来るようになるので興味のある方は是非見て行ってください。

もしあなたが「彫金教室に通ってみようかな~。」と思っているなら行く前の予習がてら見ておくといいかもしれません。

 

それでは読む彫金教室始まり始まりー

目次

毛彫りタガネの彫り方その3

今回の読む彫金教室は毛彫りタガネを使って宝石を留める爪を立てる方法とその彫り方の練習方法を紹介します。

少し練習が必要になりますがしばらく練習すれば出来るようになるので興味のある方は是非道具を揃えてやってみてください。

お手持ちのアクセサリー・ジュエリーに自分の好みで石をプラスできるようになります。

 

毛彫タガネの爪立て

彫金で石を留めるのは「石留め」「彫り留め」と呼びます。今回はこの中でも爪を立てる事だけについて書きます。

他の方法もありますがそれはまた別の記事で紹介します。

ではまず今回の練習で必要になる道具の紹介から始めます。

石留に必要な道具

  • 毛彫タガネ
  • 魚子タガネ
  • ルーペ

以上の3点になります。

前回の毛彫タガネの彫り方練習の直線彫りで練習に使った金属板を使うと楽かもしれません。

他にも彫金台とかヒートクレイなどが必要になりますが過去に記事で紹介しているので割愛します。

 

爪立ての練習方法

毛彫りタガネで爪を立てる時は基本的に留める石のフチまで彫り進めて爪を立てます。

前回彫った直線をボーダーラインに見立ててその線ギリギリに爪を立てます。(正式)

というのが正式っぽい練習方法をですが、オススメしません。

毛彫タガネ爪たて

毛彫タガネ爪たて

どんな感じかわからずに練習しても出来なくてストレスが溜まるので

まずは

・毛彫タガネを細ーく彫り入れて真っ直ぐ彫る

 →叩きながらタガネを立てる。

とりあえずこれを練習します、多分10回ぐらいやれば

  • どのくらい毛彫タガネを立てたら
  • どのぐらい進まなくなって
  • どのぐらいの爪が出来る。

これらがわかるようになりますので、横線に向かって彫るのはその後でいいです。

上の3つが分かっていればすぐに出来るようになります。

上の写真では少しずらしたり、前後で爪を立てたりしてますが順番を間違えると彫れない位置が出てきます。

例えば

  1. 爪立てる
  2. そのすぐ手前にもう一個立てたい
  3. さっきの爪が邪魔で彫れない

こうなります。爪の形や爪の向きにこだわらなければどうとでもなりますけどね。

今回爪になるのは今までの練習では彫り飛ばしてゴミになっていた金属片(彫り粉)の部分です。

今回は爪留めの説明ではないですが金属部分の装飾として使われるので魚子タガネで丸める方法も書いておきます。

魚子タガネ持ち方

魚子タガネ持ち方

このように持ちます。

ちなみにタガネと持ち手は別個に売ってます。

魚子タガネとハンドル

魚子タガネとハンドル

爪あしらい(オリジナルで名前つけてます。)

爪を立ててそのままにしておくと危ないので丸めます。

爪は尖っていた方がかっこいいからデザインで残しておきたい?

お好きに。

人に怪我させないように部屋から持ち出さない方がいいですよ。尖った爪刺さると超痛いですよ^^

 

石を留める時は爪を宝石側に軽く倒して丸めます。

あまり強くやると爪が折れて、そのままの勢いで宝石を魚子タガネでぶっ刺す事になります。

ブラッディースクライド状態で「クロコダイーンッ!」です。気をつけましょう。

私はなった事はありませんがお客さんからの預かりものの宝石とかだったらシャレになりません。

 

爪を倒した後の丸め方

魚子タガネ持ち方

魚子タガネ持ち方

これは人によって色々方法があります。

爪の丸め方その1(練習ならこの方法を推奨)

今回の方法では立てた爪の足元が先端よりも広がっているので軽く先端を魚子で抑えてから足元をぐるっと魚子タガネでこそいでまとめる方法。

これが1番綺麗にできて1番難易度が高いです。ジュエリーに使われます。

超気をつけて

魚子タガネをクリクリやって足元こそぐ時に慣れないうちは爪を丸ごとえぐってしまうことがあります。

その時反対側の近い所に手を添えてたりすると勢いそのままにセルフブラッディースクライドする事になるので気をつけましょう。私はスクライドらなかったですが、手のすぐ側を「ボッ」てなって玉ヒュンでした。

爪の丸め方その2

どんな方法でもいけるのが上から魚子タガネで軽く叩いて先端だけ丸くする方法。

これは昔々の刀の鞘(さや)の装飾とかに使われています。

この方法の場合立てた爪の長さも装飾の一部だったりするので丸めきりません、彫り留めではまず使わないです(デザインによるけどね)。

パワフルに叩きすぎると爪ごと下の金属に魚子タガネがめり込みます。「始めから魚子で打ったのとかわらないじゃーん。」ってなります。ソフトタッチでどうぞ。

※ちっちゃいハンマーを軽く落として叩く感じ、ここでも「持ち上げる叩き方」を使います。

 

爪の丸め方その3

爪を上から真ん中ぐらいまで押しつぶすように魚子タガネで丸める。

これは爪全体の金属部分も使って複数の石を留める時。

押しつぶすと言うとちょっと語弊があるんですが、爪と宝石以外に金属部分が見えないように留める時と言った方がいいですかね?綺麗に仕上がるのは結構難しいです。

ただこれは「皿もみ」という宝石をはめ込む穴を開ける時の技術が成功失敗のほとんどを占めているので、魚子か・爪が・毛彫がって話とはちょっと違います。

そもそもこの方法の時は毛彫タガネの登場率低め。

魚子タガネをグリグリしすぎて金属部分に魚子の跡が残ったら失敗です。

 

爪の立て方と丸め方は以上です、ルーペは細かい部分を見る時に要所要所使ってください、10倍ルーペで十分です。

 

ケガにはくれぐれも注意しましょう。

爪立ては簡単に練習できますが魚子タガネで爪を丸める工程はかなり神経を使う上に不用意に手をそばに添えたり、雑に強い力でやると破損、怪我につながります。くれぐれも注意してください。

私は責任を取れませんのであまりオススメしません。

今は趣味でもゆくゆくは仕事にしたいという方は怪我をしないように気をつけて練習してください^ ^

 

ちょっと長くなってしまったので毛彫りタガネの「筋彫り」に関してはまたの機会に書きたいと思います。

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

 

毛彫りタガネ関係の記事の胃一覧はこちらからご覧ください。

毛彫りタガネの記事一覧を見る⇨

 

IMULTAショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAの公式ストアで見る >

 

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

↑私は普段このように金属に模様を彫り入れるオーダーも承っています。

オーダーをご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

オーダーを問い合わせる >

 

彫金関係の工具はAmazonプライムに入っておくとポイントや配送の面で非常に便利なので入っておきましょう。

Amazonプライム無料体験を申し込む >

 

各種ソーシャルリンク

SNSのフォローはこちらからお願いします。

\FOLLOW ME/

Twitterをフォローする

Instagramをフォローする

IMULTAのYoutubeを観る

 

良かったらこちらをポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

この記事を書いた人

こんにちは彫金のやり方などを紹介するニッチなブログを書いています。

古くは奈良時代からある伝統技法ですが今では「彫金」という言葉を知っている方も減ってきているので少しでも普及に役立ちたいと思い情報を発信しています。

独学で始めたころは本当に手探りでどんな道具を使っていいかも勘で購入していましたが、現在では仕事にするまでになり自分なりに知識とノウハウの蓄積があります。

このブログを通して少しでも彫金を身近に感じれたり、これから彫金を始める方の参考になれば幸いです。

【上谷について】
8年間の彫金の下積みを経て2016年3月15日に独立しました。
屋号は「彫金萬」、「ちょうきんよろず」と読みます。
個人や企業からのオーダーを受けてお手元の金属製品に彫金を施すお仕事も受け付けています。

現在はジュエリーブランド「IMULTA(イムルタ)」で製作したオリジナルのジュエリーの販売しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる