自分のできる技術に関して考える。~124

Pocket

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

寒いですね、マジ寒い。

キンキンに冷えているのはビールだけでいいんじゃないかと思いますが、ドウデモイイカ。

今日はとりあえず本題へ

IMULTAの彫金アクセサリー・ジュエリー

最近のブログ

基本的にこのブログは私の商売の宣伝の為に書いていますのであれこれと

商品のことを書いていきたいなぁと思っているのですが、なんだか最近彫金のハウツーに関しての記事の方が人気がある、、、一応どの投稿がよく見られているのかを確認するんですが彫金ハウツーがぶっちぎりですね。

 

IMULTAのアクセサリーの特徴

IMULTAのジュエリーには彫金模様がすべてに入っています。


素材の良さを感じていただければと思います。

 

輝きの調節

彫金模様はすべてキラキラした物であるとお考えの方もいらっしゃいますが、

彫るという仕上げの技術だけではなく造形技術全般に使っているので

彫った跡を荒らして光りすぎないように装飾しているジュエリーもあります。

輝かせるという事と輝かせないという事をコントロールしたジュエリーをご用意しています。

地金(ジュエリーに使っている金属)の持ち味を楽しんでいただけるものになれば幸いです。

そのため表面を火に当てて色味を強めたりと様々な技法を取り入れています。

 

彫金模様と石留の組み合わせ

彫金を施したのみの商品もジュエリーと呼称していますが、

IMULTAでは彫金の模様だけではなく宝石のセッティングも行っています。

一つの石を留めているものかた連続での複数の宝石を留めている物

技法は彫り留めから爪留めまで様々です。

裏に光穴を通すこともありますが強度と輝きを考えて光穴を通さないものもあります。

カボション・カット石まで幅広く使用しております。

基本的に色石は限定せずにその時のデザインに合わせて留めています。

連マス留めや一文字留めのような石が主体になるものや

縄留め・レモン留めといった彫金で輝きに変化を付けたものも色々と楽しんでいただけます。

 

オリジナルの名前で打ち合わせ

このブログでは彫り方にオリジナルで名前を付けて紹介もします。

理由は企業・個人の方から依頼を頂いて打ち合わせをする時に名前を付けとかないと

「あの〜あれ、あの外側がキラッとしてるヤツで彫ってもらって、その周りに点々をブワーっとやって。」

みたいになるんで名前を付けてます。

そんなん言われても分からん…てなってると時間の無駄なんで

「絵は平面彫りで周りは魚子打ってね^^」

この方が早いですよね。

魚子は別に私のオリジナルじゃないですけどね。

ご注文を受けた時は認識を擦り合わせるのを大事にしたいのであれこれ聞きます。そっちに時間を使いたいので名前つけておいた方が全体的に時間短縮になります。

認識のすり合わせって大事ですよね。マジで。

「お任せでお願いするよ^ ^‼︎」

なんて思い切りのいいオーダーは嬉しいですけど後から文句言われても彫っちゃったものは元に戻せないとお含みおき下さい。

実演では基本的に立体彫りと魚子打ちをやってます。進行が見やすくて見栄えもするので喜んでいただけているのではないかと思います。

 

ご依頼に関して

販売、実演の出張依頼お受けしております。

東京からの出張になりますので、交通費・滞在費・什器費用・出張料をご負担下さい。

handmade-jewelry@choukinyorozu.com

↑こちらのアドレスにご連絡ください。

↑こんな感じです。

 

お客さんとの打ち合わせの話に戻りますが、今後はサンプルで模様を彫った真鍮板、銅板、洋白板を用意したいと思います。

プラチナ・金・銀ではサンプルは作りません、当たり前ですけどね。

 

刃の向きと傾きを変えた彫金の葉っぱ

刃の向きと傾きを変えた彫金の葉っぱ

以前も載せた写真ですが、彫り方の向きを変えるだけで随分と雰囲気が変わってきます。

企業様からのご依頼の場合はその会社の商品に有料で彫らせていただくようにさせていただいています。やっぱり自社製品に彫らせていただくのが一番しっくり来ますからね。

 

色々と書いてきましたが使えるものといえば

片切タガネに毛彫りタガネ、丸彫りに魚子に坊主、ポンチ、滑めくり、鋤彫り、高彫り、打ち出しと数え始めたら結構いっぱいあります。

こないだメモ用紙に書き出してみましたが「あれ?こんなにあったっけ!?」ってなりました。

組み合わせたら結構なバリエーションになりますね、、これ全部サンプルで彫るんかい…。仕事だからやりますけど^^;

ネーミングはとても微妙ですがキラキラ彫りなんてのもありますし、これは私が名前を付けたわけではないです。模様周りの地金肌に使う彫り方ですね。たまに彫り留めに転用するように記載された本もありますがやめた方がいいと思います。

そのうちこのブログにもサンプル一覧を載せたいと思いますが今は手一杯なのでしばらく後になりそうです。

久しぶりの更新ですが過去の写真ばかりになっています、仕事はちゃんとしていますが写真を公開していいものが無いので中々新しい写真が用意できない状況です。スイマセン

そのうち改稿するタイミングでこの記事にも写真を追加したいと思います。

 

今後のスケジュール

デザフェス当選しました!!!

2019.5/18~5/19

デザインフェスタ vol.49 @東京ビッグサイト

 

ご来店お待ちしてます(^o^)/

遠方で見に行けないという方は
私の商品のオンラインストアもありますのでよかったらこちらからご購入ください。

オンラインストアへ

 

そして各有名サイトでも販売しているのでそちらからもぜひどうぞ。

Creemaはこちら

 

iichiはこちら

 

BASEはこちら

それぞれ作りが違うので是非ご覧ください。

IMULTAロゴ

 

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

【twitter】

【Facebook】

【instagram】

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

それではまた次回をお楽しみに!!

次回はちゃんと書くことまとめてから書きますよ!!ゴメンナサイ

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください