彫金腕時計トミーヒルフィガー

ステンレスの腕時計に彫金のオーダーを検討されているお客様へ。

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げています。

前回の投稿では彫金で使う松脂などについて書きました。

とんでもなくニッチな内容でしたね。

関連記事

こんにちは彫金師の上谷です。 彫金師になって15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。   今回は松脂やヒートクレイ、モデリングコンパウンドなど固定するた[…]

彫金腕時計トミーヒルフィガー

 

今回は彫金装飾を施したステンレス製の時計を紹介します。

腕時計への彫金オーダーを検討されている方の参考になれば幸いです。

 

ステンレスの腕時計に彫金のオーダーを検討されているお客様へ。

シルバーなどと比べてステンレスは非常に硬いので彫るには技術が必要になります。

どの金属を彫るにしても相応の料金はいただいておりますのでご了承ください。

 

腕時計を彫る(サンプル画像など)

彫金腕時計
彫金腕時計

最近時計を彫りました。写真はベゼル回りですね。

まだ彫り終わってはいませんが、サンプルとして彫っている物なのでこれは公開しても大丈夫なやつです。

(※オーダーいただいたものをブログやSNSで掲載する事がありますが、掲載されているものは必ず許可を頂いております。)

 

ご覧いただいた画像の腕時計もそうですが、最近の腕時計は基本的にステンレスで作られています。

ステンレスの合金の具合によって多少の差はありますが、ステンレスは基本的にめちゃくちゃ硬いです。

 

タガネの刃の入れ方を間違えると一発でタガネが欠けるうえに叩いても刃がなかなか進まないので、正しく刃を入れるためには高度な技術が必要になります。

 

また15~20本の模様の線を彫るとタガネの先端が丸まってくるので随時研ぎなおしが必要になります。

感覚で言うと鉛筆でずっと書いてると丸まってきて繊細な細い線が描けなくなるので削りなおすのと一緒ですね^^

さらに彫る模様に対して専用のタガネを自分で作る必要も出てくるため彫る技術と同時にタガネを作る技術も必要になってきます。

腕時計の側面を彫金
腕時計の側面を彫金

 

基本的に私が彫っているのはリーフ模様をアレンジしたものです。下書きをする時もあれば完全にお任せということであれば下書きなしの一発彫りもします。

今のところ9割がお任せです。

腕時計の彫金の依頼の流れについて

腕時計の彫金をご依頼いただく際の流れについてご案内します。

 

 腕時計への彫金を依頼するにあたってご理解いただきたいこと。

たまに海外からもお問い合わせが来ますが、基本的に顔を合わせないで郵送でだけ対応する場合は依頼者の方で時計業者に依頼してもらって分解してから送ってもらいます。さらに「壊れても責任は問わない。」という確認を文面で頂きます。

当たり前ですけど私も壊す気はありません。

 

しかしご依頼いただくのは高級時計が中心です。

壊れた状態で送ってきて「弁償しろ!!」というような詐欺も考えられるので、基本的に対面手渡しか分解してから送っていただいています。

ご希望があれば時計の分解はこちらで手配しますが、時計の分解は外注になるため料金が割増しになります。

 

ご依頼いただく方はお含みおきください。

 

ご依頼の流れ

ご覧いただいているブログのお問い合わせフォームからご連絡ください。

料金などについてご案内させていただきます。

彫金は彫り方や彫る面積によって料金が大きく変わってくるため一概に「いくらです。」というのを回答できかねます。

ご希望のデザインを伺ったうえで料金に関してお見積もりを出させていただきます。

 

・納期

納期については必ず2週間半はお時間を頂いております。

ただ余裕を持った納期として頂いている期間なので早く完成すればすぐに納めさせていただきます。

しかし「早く出来るのであれば急いでやってくれないか。」というご依頼は全てお断りしておりますのでご了承ください。

 

ご納得いただけましたら時計をお送りいただき作業に入ります。

過去にご依頼いただいたお客様の中で「作業の進捗を知りたい。」という方に作業工程・進捗状況を画像でお送りしたこともありますので、ご希望であれば対応させていただきます。

 

 

ステンレスの腕時計に彫る

前にゴルフクラブに彫った時にも触れましたがステンレスを素材に使用したものを彫るのは単純にタガネを叩く回数が多くなるため非常に時間かかります。

またステンレスでできている製品は用途によって、彫る場所でいきなり硬さが変わるので一回丁寧に下彫りしないとタガネが欠けたり彫った模様がいびつになったりします。

腕時計であればどれも一緒という訳ではないので彫りながら硬さを確認し、本体に負荷がなるべくかからないように彫っていきます。

 

 

画像は風防(文字盤のガラスの部分)周りのベゼルを彫っている時の動画です。

枠を彫った中に模様を彫り入れていきます。

 

更にベルトを取り付ける足の部分なども細かく彫り入れることでデザイン性を高めていきます。

ダイヤルの細かいところも彫ることが出来るので、全面に彫金するとなると膨大な時間を要する作業になります。

 

 

まとめ

時計への彫金はかなりお値段の張るものなのであまり見たことがないと思います。

ただ膨大な時間を費やして装飾された腕時計は唯一無二の存在感を持つため所有のアイコンとなるのでお値段相応のものになります。

もし興味をお持ちの方はご連絡ください。

 

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

 

IMULTAオンラインショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAのオンラインショップはこちら

 

彫金を施したスターリングシルバーのzippo
彫金を施したスターリングシルバーのzippo

↑私は普段このように金属に模様を彫り入れるオーダーも承っています。

オーダーをご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

彫金のオーダーについて問い合わせる

 

その他彫金オーダー関係記事

 

 

彫金腕時計トミーヒルフィガー
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。