リューターの先端工具について書く、磨く編~132

研磨用先端工具タンポポ
Pocket

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

寒い寒いと思っていたら雪が降ってきて大雪警報が出てて

「大雪警報って言ってたのにあんまり雪降らなかったじゃないですか。」

なんて気象予報士の人がいじられていたけど、

「積もったら不便なんだから別にいいじゃねーか。」と思った昼下がりいかがお過ごしですか?

今回は彫金で使うリューターの先端工具、磨く編。

多分途中で色々脱線するんですけど、興味のある少数派はどうぞお読みください。

アクセサリー作り・ジュエリー製作に役立てば幸いです。

始まり始まり~

リューターの先端工具、磨く編

はい、初回は削る、前回は穴を開ける、今回は磨くです。

研磨用先端工具タンポポ

研磨用先端工具タンポポ

↑いきなりですがこのタンポポポイントはマジで使える。正式名称は綿糸バフ・または用途一緒でソフトフェルトバフだったはず。

 

とりあえず前回までの先端工具系のブログを読んでみたい方は下のリンクからどうぞ。

リューターで磨くのは一般の方が思うよりもピカピカになるので

「ハンドメイドだったらここまでは必要ないわ^^;」

という方もいると思うのでなんとなく読んでください。

ちなみに今回はリューターの研磨系の先端工具について書く投稿なので

グラインダーに関しては触れません、気になる方はご自身でググってくださいね^^

 

シリコンポイントで磨く

削る編のブログでも登場したシリコンポイントですが磨くのにも使えます。

荒仕上から最終仕上げまで粗さが分かれているのでなんやかんやピッカピカにすることができます。

荒仕上のシリコンポイント

荒仕上のシリコンポイント

シリコンポインター

シリコンポイント

 

荒仕上げは削るためのものなので磨くことはできません。

写真二枚目の中仕上げのシリコンポイントでもかなりピカピカになります。

シリコンポイントは磨く系の先端工具の中でも研磨剤なしで磨けるのが特徴なので

なんとなくハンドメイドで磨いてみたいという方にはオススメかもしれません。

今研磨剤のお値段が上がっているのでいろいろ揃えると高くなりすぎるし、、、

ほとんどのシリコンポイントは先端のシリコンの部分だけ付け替えができるタイプです。

練習のうちは難しく考えずに使いつぶすぐらいの感覚でガンガン使った方がうまくなります。

これはあくまで私の考え方なのでご自身の感覚でどうぞ。

EVEシリコンポリッシュ

EVEシリコンポリッシュ

私はほぼネットで買わないので御徒町に用事があった時についでに寄って1回に10個ぐらい買ってます。

10個買っても500円ぐらいなんで、いざ必要になってネットで買って送料かかるor御徒町までの交通費がかかるのを考えたら用事ついでに買っておいた方が安上がりだし結局スゲー勢いで使うし。

目の粗いシリコンポイントほど減りが早く、最終仕上げのやつとかは全然減らないです。

なのでシリコンポイントをうまく使えると研磨剤の節約にもなります。

 

ミゼットバフ

タンポポの綿毛のような形をした先端工具で、タンポポポイントと書いておいてある工具屋さんもあります。

結構お店によって名前違うんですよね~、正直どれが正式名称なのかはわからない。

なので写真で「あ~、こういうのね。」って感じで

ミゼットバフ

ミゼットバフ

触るとわかるのですが色によって毛の硬さが違います。

軽く当てることで光沢を抑えた梨地仕上げなども可能です、ただちょっと大き目なんで小さいアクセサリーには向いてないです。「この部分だけ荒らしたい。」は無理。

スゲー慎重にやればできますけどね、ただそんな事に神経使うぐらいなら細かいところに使える先端工具そろえた方がいいですよ、絶対に。

写真の灰色のものが結構目の細かいミゼットバフなんですが、ある程度傷も消せるし研磨剤なしでもそれなりにきれいに磨けるので全体的にざっとかけるのに便利です。

あとミゼットバフは結構荒く使ってもそこまで減らない、これ重要。

写真のものはまだ使い始めなのでもっさりしてますが使っているうちに毛が抜けて小さくなっていきます。

使用後のミゼットバフと使用前のミゼットバフ

使用後のミゼットバフと使用前のミゼットバフ

右と左は同じ種類のものです、使い続けるとこのぐらい小さくなります。

この後書く研磨ディスクは毛の減り具合が半端ではないので正直用途は微妙に違っても、アクセサリー・ジュエリーの表面にかけるならミゼットバフの方がおすすめです、なんせコスパがいい。

ただ毛の硬いミゼットバフは回転数を上げすぎて当てた時に飛んだ毛が刺さることもあるので作業中は肌を出さない方がおすすめです。

ちなみに私はリューターを使う作業中は絶対に眼鏡とマスクをします。注意一秒ケガ一生。

軍手はその時々によりますが。

 

研磨ディスク

研磨ディスク

研磨ディスク

はい、コスパの悪い研磨ディスクですね。

例によってお店によって呼び方違うので

スパイラルホイール

って書いてありますね、かっけー。

まぁこれはメーカーが研磨ディスクって言ってんだから研磨ディスクが正式名称でしょう。

この3Mっていうメーカーさんは研磨フィルムとかも出していてめちゃくちゃ便利なのでチェックしてみてください。研磨フィルムはホームセンターにも置いてます、ない場合は取り寄せを頼めばいいと思いますよ。

変な話ですが彫金の工具屋さんで研磨フィルムを探すと小さいサイズのものしかないのでホームセンターで買うのをお勧めします。

脱線しましたね、

研磨ディスクですが使う場面がよくわかっていないで使うとスゲーコスパ悪い。

作業の場面場面で使い分ける必要のある人用、はっきり言ってプロ、またはハンドメイド上級者向けです。

基本的に研磨ディスクは5種類ぐらいあって。

黄色→青→ピンク→緑の順に使って仕上げていきます、研磨剤は使いません。

あと茶色があるけど私は茶色は端折ってます。

一個前に書いたミゼットバフが細かい部分に使えないのと反対に細かい部分にも入り込んで磨くことができます。

基本的にマンドレールに1~3個ぐらい挟んで使います、画像の感じだとストックがどっさりある感じになってますが映っている程度の量だと結構すぐ無くなります。

細かいところに入れる時はちゃんと一個に着けなおしたりします。

研磨ディスクはリューターの回転数を調整しながら使わないとあっという間に毛の部分がなくなってただのゴムになります。毛の部分に砥粒が付着しているので小さく毛がなくなった状態だと全く使い物になりません。

アクセサリー・ジュエリー製作の場面で言うとリングの内側だったり凹凸の多いモチーフのくぼみの部分を磨くのに向いています。

一番荒い黄色い研磨ディスクは金属の角を落とすのに向いてると言われますが、しっかりとヤスリなどで仕上げた金属の角は油断すると人間の指が切れる程度には鋭いのでそのまま回転数を上げた研磨ディスクをリングなどの角に当てると一瞬で毛がなくなります。

またリューターの回転方向もちゃんと確認してから使ってください。

毛の流れに逆らった回転のまま当てるとこれも一瞬で毛がなくなります。

飛んできた毛が顔に当たると結構痛いです、メガネとマスク必須。

もうやばい、わざわざ御徒町まで買いに行って帰ってきて作業したら一瞬で500円分ぐらいの研磨ディスクが吹っ飛ぶの…崩れ落ちるわ^^;

便利な工具ではあるのですが使う場面と使い方を知らない状態で使うとただただコスパが悪いものに感じるので、自分の中で使うポイントを確認するためにちょっと使い込む必要があります。

初心者には正直オススメできません。

色々と工具を買いそろえていて「色々工具あるけどこの作業は研磨ディスクじゃないと厳しいな。」というのがあって使うような工具です。

ミゼットバフと並行して使うと意味が分かります。

ロストワックスで凹凸の激しいスカルとか作ってる方は頻繁に使うでしょうけどね。

ここまで書くと逆に使ってみたくなる人もいると思うのでどうぞ試してみてください。

私は仕事で使うので工具の持ちとか色々考えて使いますが、ハンドメイドのリングとかをたまにササッと軽く磨きたいという事であればおそらく一番便利です。

研磨ディスクを使うポイント

  1. リューターの回転数を上げすぎない。回転数低めがオススメです。
  2. リューターの回転の向きを確認する
  3. 一か所にぐりぐり当てるような使い方は向いていないので毛先でサーっと浚うような感じ。
  4. ピンピンに尖ったところには当てない、一回角に軽くヤスリがけしてからの方がいいです。毛が吹っ飛びます。

 

研磨ブラシ

研磨ブラシ

研磨ブラシ

研磨ブラシは普通に手で持って使うブラシの毛がリューターで使える先端工具についたものです。

真鍮ブラシ・豚毛・山羊毛といったように毛の硬さによって使い分けます。

基本的に汚れを掻き出すようなときは研磨剤はつけません。

私は逆に油分の多い研磨剤を全面に塗布するときに使ったりもします。

細かい部分の汚れの掻き出し、研磨仕上げ、結構広い用途で使えるだけの汎用性があります。

減りもそこまで早くないので結構便利です。

これは単純に便利でリューターの回転数を上げすぎなければ初心者でも使いやすいのでお勧めできます。

普通に便利なのでこれ以上はありません。これは慣れるだけ。

 

バフ

バフ

バフ

コットンを使ったものやセーム革を使ったものなどがあります。

好みによって違ってきますが個人的には冒頭の写真のソフトフェルト・綿糸を使ったものが最終仕上げには向いていると思っています。

硬めのもので磨いて傷消しなどもまとめてする方もいますがバフは研磨剤との兼ね合いで使用するものが変わってくるので一概にどれがいいというのが言えません。使ってみて自分に合うかどうかが重要です。

私はソフトフェルトに研磨剤は青棒を使って磨いています、超一般的。

青棒は油分が多めなので最後の洗浄で洗浄液を大目に使ったりと一長一短です。

セーム革やコットンのバフはロウ付けの後に焼けが起きている部分の膜を撮ったりするのに使っていますが、最近はキサゲで表面を処理した後にコンパウンドで傷を取ってから研磨しているのでほとんどソフトフェルトのみ使用しています。

硬めのバフは強くかけすぎるとアクセサリー・ジュエリー自体を傷つけるのでお気を付けください。

あとバフをかける時は研磨剤がめちゃくちゃ飛び散るのでマスクは必須ですし、もしちゃんとやる方はダンボールなんかを使って研磨ボックスを作った方がいいです。

整理しておくと便利

発泡スチロールを使って整理しておくと使いやすくて便利です。

リューターの先端工具

リューターの先端工具

小さく分けているのはその日の作業で使うものとか種類で分けるためです、

リューターの取り付ける部分がバッターボックスだとしたらベンチやネクストバッターズサークルのような感じです。

はい、長々書きましたが今回はここまでです、読んでいただきありがとうございました。

 

では最後にいつも通り宣伝です。

今後のスケジュール

4/27(土)

ハンドメイドメーカーズ@東京ビッグサイト

 

デザフェス当選しました!!!

2019.5/18~5/19

デザインフェスタ vol.49 @東京ビッグサイト

 

ご来店お待ちしてます(^o^)/

遠方で見に行けないという方は
私の商品のオンラインストアもありますのでよかったらこちらからご購入ください。

オンラインストアへ

 

そして各有名サイトでも販売しているのでそちらからもぜひどうぞ。

Creemaはこちら

 

iichiはこちら

 

BASEはこちら

それぞれ作りが違うので是非ご覧ください。

IMULTAロゴ

 

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

【twitter】

【Facebook】

【instagram】

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

それではまた次回をお楽しみに!!

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください