ドリルなどの先端工具

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

最近は彫金の彫り方と合わせてリューターの先端工具についても紹介するブログを書いてます。

露店にいらしたお客さんとちょいちょい雑談していて「今年は彫金を始めたいんだよねー。」という方が結構います。

彫金をやってみたい

と言っても道具は何があったらいいかわからないって人向けにリューターの先端工具を紹介します。

今回は先端工具の紹介なので「机」とか「糸鋸」は紹介しません。

そこらへんはこちらをご覧下さい。

IMULTAの彫金製作ハウツーラボ

彫金で使用する工具について書いています。基本的なすり板や糸鋸、ヤスリやタガネなどの専門的な道具一通り紹介しています。貴金…

 

あくまで私が使った中のものを紹介するので

使った事が無いものについて質問頂いてもわからないのでご了承下さい。

今日は取り敢えずこれあればいけるんじゃない?リューター編です。

取り敢えずこれあればいけるんじゃない?リューター編

金属加工の彫金だろうとロストワックス製法だろうと

リューター(機械工具)は間違いなくあったほうがいいので普通にオススメしてます。

ミシンみたいにフットペダルを踏むと先端工具が回転する工具です。

別にフットペダルがなくても動きますが、セットで付いてくるので大体みんな使ってます。

やりたい事で必要な道具が変わってくるのでまずは自分で何をやりたいかですよね。

それこそまさに彫金(模様を彫る事)のみをやりたい方はこちらへどうぞ↓

IMULTAの彫金製作ハウツーラボ

このページは彫金における「彫り」についてタガネの紹介などをしています。このページを起点に彫り方の練習方法を載せたページに…

 

リューターを使って何をやりたいか

今回はリューター編なので

リューターを使う中でもなにをやりたいか。にカテゴリー分けします。

先端工具は膨大な数があるわりにネットショップで商品説明がなんも書いてなかったり専門用語だらけで何に使うか分からなかったりします。

いきなり「ハツリに最適‼︎」なんて書いてあってもわからないですよね^_^;

「Ha・tsu・ri……??」ですよね!?

そしてよくあるのが

「色々な用途に使えます‼︎」^^ニッコリ

……

いや、そうなんだろうけど‼︎

 

そんなわけで「これって何に使うんだろう?」状態になります。

というわけで用途別にご案内

 

その前に前提として先端工具のポイントから

【前提】先端工具をアレコレ使ってると分かってくるポイント

  1. 用途が1つしかないモノと工夫次第であれこれ使えるものがある。(売る側でも用途を絞れない絞る意味がないから書いてない)
  2. メインの用途を分かって使わないとあっという間に傷んで使えなくなる物もある。
  3. お手入れが可能なものとそうでないものがある。
  4. 取り敢えずグリグリ当てればいいってもんじゃない。
  5. あれ?これって安いの何本も買うより高いの1本買っておいたほうが良くない?

先端工具を裏ぶときに気を付けるのはこんなところです。

例:丸型(ラウンド)のスチールバー

まず代表的なのが丸型(ラウンド)のスチールバー↓

単純に

  • 皿もみをする(宝石を留める穴を作る)
  • 全体的な形を削る造形に使える
  • 削って模様を入れられる
  • 切れ味が落ち切ったものは窪みを磨ける

これだけ用途があります。

メインは「皿もみをする」、宝石を留める時に使います。

ただ金属造形にガシガシ使っている人もたくさんいるので「皿もみがメインだよ。」っていうのは私の個人的な意見です。

石留めしない人は「皿もみ」自体行わないですからね。

まさに「用途が1つしかないモノと工夫次第であれこれ使えるものがある。(売る側でも用途を絞れない絞る意味がないから書いてない)」ですね.

一般的なスチールバーはガンガン使っているとすぐに切れ味が落ちます。

皿揉みに使っているだけであればそれほどですが、金属造形に使うとなるとあっという間に切れ味がなくなるのと大きさ自体がちょっと小さくなります。

これが「メインの用途を分かって使わないとあっという間に傷んで使えなくなる。」です。

金属をガシガシ削りたいのであれば超硬のロータリーバーかカーバイトバーを使った方が作業効率もいいし摩耗しません。

スチールバーと比べてお値段はしますが、超硬のロータリーバー・カーバイトバーは削るのに特化した先端工具なので切削面もスチールバーで削るよりキレイで仕上げが簡単です。

スチールバーをはじめ刃がたくさんついているような先端工具は研ぎなおせないので基本的に買い替えで使い捨てになります。
結果、安いものよりちょっと高価なものを買った方が長持ちするし作業効率も上がるという事になります。
以上が先端工具の考え方です^^
例を読んでいただくと何をやりたいかを考えてから先端工具を購入した方が良い理由がわかると思います。
ドリルなどの先端工具
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。