ドリルなどの先端工具

「彫金をやってみたい。」

と言っても道具は何があったらいいかわからないという人向けにリューターの先端工具を紹介します。

そもそも先端工具ってなに??って人もいると思うので順繰り説明していきます。

ちなみに今回は先端工具の紹介なので「机」とか「糸鋸」は紹介しません。

基本的な工具はまた別の記事で紹介しています。

基本的な工具はこちらから

彫金で使う基本から専門的なものまで道具・工具を紹介。

関連記事

こんにちはIMULTA(イムルタ)彫金師の上谷です。 彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。 「ハンドメイド」を卒業して「彫金」をやってみたい方向けにどん[…]

リングを叩く様子。

あくまで私が使った中からの紹介のため、使った事が無いものについて質問頂いてもわからないのでご了承下さい。

今回の記事は「取り敢えずこれだけ覚えておけばいけるんじゃない?リューターの先端工具編」です。

リューターの先端工具を選ぶときのポイント。

脱皮バナナ
先端工具を買いに工具屋さんに来たけど何を買っていいか分からないや…
ヅドーン
リューターも高いし、こんなに説明がないんじゃ買うの迷うよね…

「工具屋に行ったもののどれを買っていいか分からない。」は結構あるあるです。

しかし彫金の方法は色々とありまして金属加工の彫金だろうやロストワックス製法(鋳金)、どちらの場合でもリューターはあった方がいいです。

アートクレイシルバーの作業にも便利なので、ハンドメイドでアクセサリー作りをしている人は全員持っていると言っても過言ではないと思います。

 

私が使用しているリューターはこちら↓

リューターはミシンのようにフットペダルを踏むと先端工具が回転する工具です。

フットペダルがなくても動きますが、回転数を踏み込む具合で変えられるのでみんなフットペダルを使います。

リューターに取り付ける先端工具は「どんな作業をしたいか?」によって必要な道具が変わってきます。

・リューターで出来ること

  • 削る
  • 磨く
  • 穴を開ける 

まずは自分で何をやりたいかを確認しましょう。

 

彫金(模様を彫る事)のみをやりたい方は先端工具はあまり関係ないので彫金に関して紹介した記事をご覧ください。

彫金で使用するタガネや彫りについての紹介をしています。

関連記事

こんにちはIMULTA(イムルタ)彫金師の上谷です。 15年ほど彫金師として勉強して現在IMULTAという自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。   さて今日のブログのテーマは「彫り」です。 あま[…]

彫りサンプル

 

リューターを使って何をやりたいか??

先端工具は膨大な数があるわりに、ネットショップで商品説明がなんも書いてなかったり専門用語だらけで何に使うか分からなかったりします。

いきなり「ハツリに最適‼︎」なんて書いてあってもわからないですよね^_^;

 

そしてよくあるのが

「色々な用途に使えます‼︎」^^ニッコリ

……

いや、そうなんだろうけど‼︎

 

そんなわけで「これって何に使うんだろう?」状態になります。

というわけで用途別にご案内しますが

 

その前に前提として先端工具のポイントから

【前提】先端工具をアレコレ使ってると分かってくるポイント

  1. 用途が1つしかないモノと工夫次第であれこれ使えるものがある。(売る側でも用途を絞れない、絞る意味がないから書いてない)
  2. メインの用途を分かって使わないとあっという間に傷んで使えなくなる物もある。
  3. お手入れが可能なものとそうでないものがある。
  4. 取り敢えずグリグリ当てればいいってもんじゃない。
  5. あれ?これって安いの何本も買うより高いの1本買っておいたほうが良くない?

これを知っているだけで、かなり無駄遣いが減らせますし、最も自分の希望に合った先端工具を買うことが出来ます。

 

例:丸型(ラウンド)のスチールバー

まず代表的なのが丸型(ラウンド)のスチールバー↓

 

  • 皿もみをする(宝石を留める穴を作る)
  • 全体的な形を削る造形に使える
  • 削って模様を入れられる
  • 切れ味が落ち切ったものは窪みを磨ける

 

これだけ用途があります。

メインは「皿もみをする」、宝石を留める時に使います。

ただ金属造形&装飾にガシガシ使っている人もたくさんいるので「皿もみがメインだよ。」っていうのは私の個人的な意見です。

石留めしない人は「皿もみ」自体行わないですからね。

まさに「用途が1つしかないモノと工夫次第であれこれ使えるものがある。(売る側でも用途を絞れない絞る意味がないから書いてない)」ですね.

ただ一般的なスチールバーはガンガン使っているとすぐに切れ味が落ちます。

 

皿揉みに使っているだけであればそれほどですが、金属造形に使うとなるとあっという間に切れ味がなくなるのと大きさ自体がちょっと小さくなります。

これが「メインの用途を分かって使わないとあっという間に傷んで使えなくなる。」です。

金属をガシガシ削りたいのであれば「超硬のロータリーバー、またはカーバイトバー」を使った方が作業効率もいいし摩耗しません。

スチールバーと比べてお値段はしますが、超硬のロータリーバー・カーバイトバーは削るのに特化した先端工具なので切削面もスチールバーで削るよりキレイで仕上げが簡単です。

ラウンドカットのスチールバーをはじめ、刃がたくさんついているような先端工具は研ぎなおせないので基本的に買い替えで使い捨てになります。
結果、安いものよりちょっと高価なものを買った方が長持ちするし作業効率も上がるという事になります。
ワックスモデリングの場合は金属製の先端工具で削っていくと工具が熱を持ってしまい目詰まりを起こすので、ジルコニアで出来た先端工具を使います。
このように「削る」という工程だけでも選び方が色々と変わってきます。
最初から全部理解するのは難しいので、あとは使いながら覚えていって必要なものを買いそろえるという流れになります。

リューターのパワー

今回私が紹介したリューターはプロも使用している強力なパワーを持ったものです。
お値段がそこそこするので敬遠する人もいますが、安価なリューターは頻繁にオーバーヒートを起こすので私はお勧めしていません。
またそれなりのパワーがないといい先端工具を使っても使いこなせないので結局損をします。
作業する量にもよりますが、オーバーヒートが多いとストレスが溜まって作業自体が億劫になってくるのでケチらないことをオススメします。

まとめ

今回はリューターの先端工具を選ぶときのポイント「こういう考え方で選びましょう」という考え方を紹介しました。
普段作業工程を紹介する記事の場合「作業の仕方は人それぞれ。」と書きますが、先端工具の選び方、選ぶときの考え方は今回紹介した方法以外ありません。
彫金教室に通っている方は講師の方に勧められたものを唯々諾々と買っていると思います。
ただ工具もドンドン新しいものが出ているので自分で試してみるのをオススメします。
特に今回例に挙げた「スチールバー」「カーバイトバー」の性能が桁違いであるような例はいくらでもあるので、自分に合った工具はちゃんと自分で探しましょう。
なんでも「スチールバーでなんとかなる、応用すれば何とかなるよ^^」と言うのは完全にウソです。
私の記事ではAmazonや楽天で工具を買えるように紹介しているのでAmazonプライムに入っておくのをオススメします。

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

スターリングシルバーzippo
スターリングシルバーzippo

IMULTAではオンラインショップでのオリジナル彫金ジュエリーの販売、

お手持ちのzippoなどへの個別の彫金のオーダーも承っております。

料金など気軽にお問合せください。

IMULTAへのお問い合わせ

ショップはこちら

彫金のご依頼はこちら

 

 

ドリルなどの先端工具
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。