彫金銀箸置き

こんにちはIMULTAの上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

 

オリジナルの方法でガンガン色んな道具を作ったり日用品を使いまわしたりしていますが

今回はタガネを自分に作る時の考え方です。

簡単に言うと「どうしても作らないといけない人以外は作らなくていいんじゃない?」的な内容にもなっているので

タガネを作る

さて今回はタガネの自作について書いてみます。

なんとなく彫金を始めた方でも自分で作ってみたい人もいると思います。

過去の彫金ハウツー、彫金タガネの彫り方では

「研げるようになるのは時間がかかるから買っちゃいましょう。」

と書いてました。

正直なところ、見ないとわからないのでちゃんとやりたい人は彫金教室で習った方がいいです。

ちゃんと研げる人が先生をやってればうやむやにされずに教えてくれるはずで、うやむやにする人は、そういう事です。

私は独学ですが先達にはちゃんと教えを請いますし、

たまにいる「私は独学!!」みたいな意味のないプライドは持ってないのである部分は人に教えてもらいましたし、

専門書も読み漁っています。

要するに研ぎに関しては本当に単純で秘訣とかありません。

研磨機と砥石で黙々と研いでいくだけなので

 

彫金を独学するためにオススメの本4選

↑ここで紹介してる本以上の事はやってませんwww

 

これを踏まえて今回はタガネを作るうえでの考え方などです。

ではタガネを自分で作るメリットなどについても書いていきましょう。

 

タガネを自作する理由

さてタガネを作るメリットですがまずは単純に

・自分の望んだ用途に合った刃先のタガネが手に入る。

これに尽きます。

まずタガネ作りで躓く要因としては

  • 研ぎ方がわからない
  • 時間がかかる
  • 道具がわからない

でもこれらが解決、時間がかかることに納得してもできないと思います。

というのも何のために作るの?ってなります。

「自分でタガネを作れて一人前。」なんてことを言われますがこれは逆です、逆というか言葉が足りない。

 

「仕事をするようになると仕事に合わせたタガネが必要になるので自分で作れないと仕事ができない。だから自分でタガネを作れるようになって初めて一人前。」

 

要するに「タガネを作れるから一人前」じゃなくて「仕事する人はタガネを自分で作る必要がある」ってことです。

タガネを研げる研げないの前にどんなタガネが必要になっているかを考えないとそもそもタガネを研ぐ・作る意味がないです。

頑張って市販品と同じものを作っても「市販品でいいじゃんwww」ってなります。

↑これ実際私が言われたことです^^;

そら研ぎに特化した人が作ったタガネが売ってますからね、ちょこっとかじった人間じゃかなわない。

要は「どうしても必要」レベルで必要でなければ自分で作らなくていいと思うんですよね正直…。

私はお金がなかったんでどうしても必要だったんです。

 

タガネを作る時の方向性

これは単純に2つ考えておけばいいと思います。

  • 刃の幅
  • 刃の形

刃の幅は「細い線を彫りたいから」という理由もありますけど、基本的に作業するスペースに合わせるためです。

例えば広い面積を彫って平面に合わせたり高さを下げたりするときに細いタガネでやってたら時間もかかるし面を合わせるのに無駄な技術がいるし多分汚くなるし、となるので、そもそも幅のめっちゃ広いタガネを作ります。

逆に小さい石枠の縁を彫り落す必要な時はその幅に合わせた細いタガネを作ります。

 

刃の形は片切、毛彫り、丸彫りなどありますがそういう事ではなくて

  • 直線用
  • 曲線用
  • 捻る、お掃除用

この三つです。

これこれこういう風に彫ったらここに傷ができるからできないようになる刃先にしよう。

この幅と刃先の毛彫りだと幅は足りてるけど深さが足りないから幅は同じでもっと深く彫れる刃先にしよう。

幅と刃先を考えてから作り始めると一気にできるようになると思います。

 

これを説明するのはめちゃめちゃ書かなきゃいけないので本当に知りたい人はこの本を読んでください。

上のリンクで紹介している4冊の本のうちの1冊です。

例になるタガネがたくさん載ってます。

初心者向けではありません。

人間国宝が技術の継承を願って作った本なので基礎知識があれば本当に役に立ちます。

 

オリジナル道具製作

リューターの先端工具をはじめ手作り工具なんかもいろいろ紹介しています。

それと合わせて「私は買わずにこんなん作って使ってます。」みたいなことをちょこちょこ書いてます。

例えば過去に紹介した研磨ボックス

研磨ボックス
研磨ボックス

↑これね。

Amazonのダンボールであっという間にできるのでオススメです。

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

 

 

IMULTAへのお問い合わせ

ショップはこちら

彫金のご依頼はこちら

彫金銀箸置き
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。