タガネの研ぎ方作業編。

Pocket

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

さて最近ますます絶好調でちょっと肩こりが半端ないです。

ガンガン彫金してるとあっという間にタガネがヘタッてくるので毎日のようにタガネを研いでいます。

前回はタガネを研ぐ時の考え方について書いたんで今回は作業編です。

前回↓

タガネの研ぎ方

はい、作業編です。

ただこれは単純作業なので大事なのは考え方です。

↑マジでこれが肝

後は自分が必要なタガネの形にしていくだけです。

マジで秘訣とかない。

必要な道具

あくまで筆者流

・ダイヤモンド研磨機

研磨機

研磨機

・砥石
天然砥石、私のは「アサギ」って砥石。
「浅草橋 森平」って検索して出てくるお店で買えます。
というか森平ってお店です。店構えがスゲー歴史を感じるいいお店です。
大体7000円ぐらい、大きさとかで値段変わってくると思いますけど一個買っておけば多分一生使えます。
天然砥石「アサギ」

天然砥石「アサギ」

天然砥石は泥が研磨剤になるんでいちいち拭わないように。
保管の時は乾燥させないといけないので使い終わったらしっかり拭きましょう。
目が粗いとか細かいはお店の人と相談しましょう。
こないだインスタで
「何番ぐらいまで研げばいいですか?」と聞かれたんですが私は「何番」という感じでやってないんでわからなかったんで調べました。
大体#15000までやれば大丈夫です。
上の写真の砥石だと2時間ぐらいかければいけます。(超硬タガネ)
超硬タガネは研ぐの疲れるし研げてるかやり始めの頃はわかんないんで
ハイス鋼か
焼き戻した炭素鋼でやりましょう。

研ぎ方

まずはとりあえず研磨機のスイッチを入れてタガネを当てて削ってみましょう。

これもやんないで「どうやるんですか?」と言われてもwwwって感じなんでとりあえずやってください。

で写真の研磨機の真ん中のホイールが「中目」のやつなんで一回かけたら真ん中のホイールを細かいやつに交換して順繰り#1200の「極細」までかけます。一応このホイールは乾式なんで水とかいらないってことになってますが砥粒の損耗を抑えるために軽く油を垂らしておくと無駄な発熱もないのでオススメです。

そこまでかけ終わったらあとは天然砥石で延々と研いでいきます。
初めてやる人だったら8時間ぐらいで使えるレベルにできれば上々。(超硬タガネ)
タガネの動かし方は作りたい刃の形通りに動かします。
動かし方でなんか都合のいい秘訣を聞きたがる人がいますけど私が知る限りではないです。見つけた方は教えてください。
自己流の方法としては研ぐ向きを変えたりはします。
研ぎ始めの頃は絶対に手元がぶれてます、一部の天才は違うと思うけど。
ぶれている前提で真っすぐにするというのをいちいち意識して動かさないと関係ないところを擦り付けて、結果刃先が研げてないってことになるので気をつけましょう。
あとタガネ研ぎの補助輪みたいのが売ってますけどアレを使ってる人はうまくならないし研げない。
あれを使うとどんなに意識しても補助輪の方に重心がかかってしまうので使わないことをお勧めします。
研いでる途中に多少引っかかって刃がかけてもいいので刃先にガッツリ体重をかけて研いだ方がスゲー勢いで上達します。
砥石に刃先をぶっ刺すぐらいの感覚でやった方がいいですよ、どうせ初めはビビッてぶっ刺さらないし刺さっても刃が欠けるだけなんで。どうしても刺さるのが嫌な人は押して研ぐんじゃなくて引いて研ぎましょう。

模様に引っかからない刃先の作り方

山彫りとか波彫りとか捻る系の彫り方をした時にタガネが引っかかって跡が残ってしまう時があります。

引っかかってるのはタガネの角張っている部分なんで引っ掛けたくない人はタガネの角張っている部分を全部丸くしましょう。

10分20分だけシャカシャカやって「出来な~い、コツ教えて~」って人は向いてないんで素直に市販品を買いましょうね^^

では今日はここまでです。

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

Or

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください