MENU

彫金に割り箸を使う。

こんにちはIMULTAの上谷です。

独学で彫金を始めてなんやかんや15年たちまして現在はIMULTAという自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

 

昨日は東京ビッグサイトで開催されたいるファッションワールドに行ってきました。

行って来たと言っても出展ではなく遊びに行ってきただけです^^

そんなレポートのようなものは今度書きますが会場内は基本的に撮影禁止だったので全然参考画像とかないです。

外国の人は注意されても「OKOK!!HAHAHAッ!!」で乗り切ってましたけどねwww

 

さて今回は前回の彫金の自作工具として爪楊枝を使う話に続いて彫金に割り箸を使うお話です。

簡単なハンドメイドアクセサリーから本格的なシルバーアクセサリーの作り方を学ぶ上で、必要に応じた工具を身の回りのものから自作できるというのは非常に重要なスキルになります。

「アクセサリー製作のコストを抑える」という点で大活躍するポイントなので是非とも押さえておきたい知識です。

目次

彫金に割り箸を使う。

前回が爪楊枝を使う編でしたね。

彫金に爪楊枝を使う。

今回も過去に投稿した小道具作りの補足です。

 

前回と今回は小道具に関して書いているので基本的なものを確認したいという方は他の投稿で色々と見てみてください。

彫金で使う基本から専門的なものまで道具・工具を紹介。

タイトルどおり今回は割り箸を工具にする方法をお話します。

割り箸ピンセット

割り箸ピンセット

はい、ご覧の通り割り箸ピンセットですね。

割り箸ピンセット

端的に言ってすげー便利です^^

ただ「摘まむ」という動作をするうえではステンレス製のものと違いはありません。

通常のステンレス製のピンセットと違いを説明していきます。

どんなタイミングで使うか?

基本的にロウ付けを行う時に活躍します。

銀ロウを置くときに金属製のピンセットだと静電気でくっついて上手く離れない時があるので、割りばしピンセットを使います。

 

軽くフラックスをつけた爪楊枝の先端にロウをつけて狙った場所に接着する方法がありますが、

ちょっとコツがいるので狭い場所には使えないけど割り箸ピンセットを使ったほうが簡単な場合もあります。

 

写真のピンセットは先端をまだ整えていないので太いですが先端はこのあとカッターで尖らせて紙やすりで仕上げます。とりあえずコンビニでもらった割り箸で2分でココまで出来るよ!!の写真です。

作り方

見たまんま!!

  1. 割り箸を取り出します。
  2. 長さを調節するために折ります。
  3. 外れないように輪ゴムでぐるぐる巻きにします。

完成。

支点の部分をぐるぐる巻きにする前に一回横にかませる部分に引っ掛けておくと絶対外れません。

適当に折ってささくれができてる部分は養生テープでも巻いて刺さらないようにしておけばオッケー。

別にキレイなピンセットを作りたいんじゃなくて使えればいいので、見てくれはどうでもいいです。

きれいな竹のピンセットが欲しかったら市販の竹のピンセットを買いましょう。

 

勘違いしないでほしいのは市販のものを買うなという事ではなく身の回りのものを工具にすることで、「アクセサリー作りのコストを下げられる」という事を言っています。

使ってみるとわかりますが使い捨てが出来るアイテムが増えると作業の効率が飛躍的に向上します。

割り箸やすり

割り箸に両面テープをつけて紙やすりを貼り付けます。

メリットは先端がぶつかったりしてもジュエリーに傷が付かないことです。

割り箸全体に紙やすりを貼り付けて先端がヘタってきたら先端を切り落として新しい面を使います。

紙やすりを手作業で丁寧にかける工程は趣味レベルではないかもしれませんが覚えておくと便利なので、こだわりたい方は試してみてください。

さらに細かくなると金剛砂を使って柳箸で磨くような方法もありますがそこまで行くと完全にプロの工程なのでこれは割愛します。

 

 

竹製の割り箸を使いましょう。

基本的に竹は電気を通しづらいので、静電気が起きて細かい作業がしにくいときに割り箸ピンセットを使います。

普通に手に入る割り箸って竹製なんで便利です。

ちなみに今回はセブンイレブンでもらった割り箸を利用しています。

袋の注意書き

袋の注意書き

なんとなく作ってみたら偶然竹製だったんで超ラッキー。

糸鋸やタガネなどのように代用がきかないものも多いですけど、彫金で使う工具は頭使えばそこらへんのもので結構代用がききます。

単純に竹のピンセットをわざわざ買いに行くとかネットの送料とか考えるくらいならさっさと5分ぐらいで作ったほうが早いし汚れたら捨ててまた作ればいいので圧倒的にコスパがいいです。

シルバーアクセサリーの作り方を独学でやってみたいという人の一番のハードルは工具にお金がかかる事なので身近なもので代用できるものはどんどん利用しましょう。

特に割りばしは色んな工具に利用できます。

紹介したもの以外にも色々と加工できますが、今回紹介したものが特にオススメの手作り工具です♪♪

まとめ

安価で使い捨てしやすい工具を作ってみると思っている以上に作業が効率化されます。

今回は割りばしがテーマになっていましたが、爪楊枝やクッキングシートなど100均にあるものが優秀な工具に化けます。

あくまで私が今まで作ったもので一例として紹介しているのでご自身で思い付いた物を試してみるのをオススメします。

大事なポイントは

「そこら辺のものでも意外と彫金に使える。」

って事です。

オリジナルの工具を作ってどんどん作業を効率化しましょう。

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

各種ソーシャルリンク

SNSのフォローはこちらからお願いします。

\FOLLOW ME/

Twitterをフォローする

Instagramをフォローする

IMULTAのYoutubeを観る

IMULTAショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAの公式ストアで見る >

 

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

↑私は普段このように金属に模様を彫り入れるオーダーも承っています。

オーダーをご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

オーダーを問い合わせる >

 

彫金関係の工具はAmazonプライムに入っておくとポイントや配送の面で非常に便利なので入っておきましょう。

Amazonプライム無料体験を申し込む >

 

この記事を書いた人

こんにちは彫金のやり方などを紹介するニッチなブログを書いています。

古くは奈良時代からある伝統技法ですが今では「彫金」という言葉を知っている方も減ってきているので少しでも普及に役立ちたいと思い情報を発信しています。

独学で始めたころは本当に手探りでどんな道具を使っていいかも勘で購入していましたが、現在では仕事にするまでになり自分なりに知識とノウハウの蓄積があります。

このブログを通して少しでも彫金を身近に感じれたり、これから彫金を始める方の参考になれば幸いです。

【上谷について】
8年間の彫金の下積みを経て2016年3月15日に独立しました。
屋号は「彫金萬」、「ちょうきんよろず」と読みます。
個人や企業からのオーダーを受けてお手元の金属製品に彫金を施すお仕事も受け付けています。

現在はジュエリーブランド「IMULTA(イムルタ)」で製作したオリジナルのジュエリーの販売しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる