MENU

彫金リューターの先端工具で磨く順番。

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

今回の読む彫金教室はリューターの先端工具をかける順番についての投稿です。

前回の先端工具についての投稿はソロバンポイントについて書きました。

最近はSNSで「磨く時にどんな順番でロールサンダーをかけますか?」「磨く時に使う先端工具の順番を教えてください」といった質問が増えてきたのでそこら辺の質問に関して書きます。

目次

彫金リューターの先端工具で磨く順番。

今回の読む彫金教室はリューターの先端工具を使う(磨く)順番に関して書いていきます。

彫金で金属造形していく流れとして説明しますが、これはワックスだろうが何だろうがアクセサリーを作るうえで共通する内容になります。

先端工具の基本的な使い方

まず基本として先端工具は「ガリガリと削れる粗いものから表面をキレイに整える細かいもの」の順番で使っていきます。

「荒々しい表現が好きなんだよね。」という方は細かいものは使わなくてもいいと思います。

ソロバンリューター
ソロバンリューター

前回の投稿で書いたソロバンはガリガリと溝を作ったりする工具なので造形の最初の場面で使います。

超硬ロータリーバークロスカット
超硬ロータリーバークロスカット

超硬ロータリーバーも金属造形の削る工程の最初の方で使うものなのでかなり粗いです

「いやいや超硬ロータリーバーでも回転数上げて強めに当ててで払うように使えば結構整えられるじゃんwww」というのは今回はなしで、今回は一般的な使う順番について書いているのでスキル的なことは置いておきます。

目の粗いものを当てて次に少し目の細かいものに変えます。

例えばロールサンダーの120番→1000番のように一気に細かくすると取り切れない傷が出てくるのでつやつやのピカピカにする場合は丁寧に細かいものに変えて傷を取っていきます。

過去に紹介した研磨ディスクやシリコンポイントも考え方は全く一緒です。

※シリコンポイントは細かさによって色分けされているんですが作っている会社によって色分けが違うので確認して買わないとちょっとややこしいことになります。

シリコンポイントに関してはこちらの記事をご覧ください。

アクセサリー作りに便利!!彫金のシリコンポイント

先端工具をかけていく段取り

リューターで使う回転する紙ヤスリ「ロールサンダー」

一番粗いのが120番です。

そこから240番→320番みたいに変えていきます。

ただ120番→240番→320番→400番→600番→800番→1000番ってやるかって言うと

やりません。

大体私は240番→回転砥石の500番→1000番、硬めの金属だったら1500番の回転砥石をかけて最後に油分の多めの研磨剤を付けた研磨バフで回転数を上げて一気に仕上げてます。

あまり細かくかけすぎると歪みの原因となるので慣れてきたら大まかにやった方がいいです。

ダイヤモンドペーストで圧倒的な時間をかけて綿棒で磨くという手もありますが、

シャレにならないぐらい時間がかかるのでオススメできません。

研磨剤の使い方になれると手順を省けるので非常にコスパが良くなります。

ちなみに表面をちょっと荒らしておいた方が燻しなどの色は乗りやすいです。

興味がありましたらお試しください。

シルバーアクセサリーを黒くする燻し液の使い方。

最初に買った方がいい先端工具。

まず始めたばかりの頃にどんなものを買い始めたらよいかというとシリコンポイントがオススメです。

削るから磨くまで満遍なくできます。

慣れるには練習が必要になりますが、効率はいいし4~5本持っておけばある程度の作業は出来ます。

分かりやすい例としてロールサンダーを最初に紹介しましたが

「とりあえずお金かけずに色々やりたい」となったら圧倒的にシリコンポイントがオススメです。

その時使用するリューターはしっかりしたものがいいのでコチラのMr.MeisterHP-300。

シリコンポイントに関しての詳しい記事はこちらから。

アクセサリー作りに便利!!彫金のシリコンポイント

慣れてきたら先端工具の使い方を工夫しましょう。

超硬ロータリーバーについて紹介した時に「スキル的に」云々書きましたが、どの工具も使い慣れてくるとある程度、他の工具の代用として使うことが出来るようになります。

何がどう使えるというのはそれぞれの先端工具の紹介の記事で付属して紹介していますが、研磨剤との組み合わせなどにもなるのでちょっとお金がかかります。

趣味で初めても「もうちょっとお金かけてもいいかな」となったらチャレンジしてみてください。

まとめ

工具屋に先端工具は山ほどあるのでどれを買っていいかわからなくなると思いますが、個人的なオススメとしてはシリコンポイントのセットを買っておけばとりあえずは困らないのではないかと考えています。

もしそのあと必要なものが出てくれば買い足せばいいだけなのでまたこのブログの紹介を参考に穴あけのドリルとかを買い足してみてください。

今回の記事が購入前の参考になれば幸いです。

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

上谷 俊介のアバター 上谷 俊介 彫金師

彫金萬代表、彫金ブランド「IMULTA」を運営しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる