リューターの先端工具

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

今回はリューターの先端工具についての投稿です。

前回の先端工具についての投稿はソロバンポイントについて書きました。

先端工具に関して書いた投稿も増えてきたので使う順番とか書いてみたいと思います。

先端工具を使う順番。

リューターの先端工具を使う順番に関して書いていきます。

彫金で金属造形していく流れとして説明しますが、これはワックスだろうが何だろうが結構物を作るうえで共通する内容になります。

先端工具の基本的な使い方

まず基本として、使ったときに「ガリガリと削れる粗いものから表面をキレイに整える細かいもの」の順番で使っていきます。「荒々しい表現が好きなんだよね。」という方は細かいものは使わなくてもいいと思います。

ソロバンリューター
ソロバンリューター

 

前回の投稿で書いたソロバンはガリガリと溝を作ったりする工具なので造形の最初の場面で使います。

超硬ロータリーバークロスカット
超硬ロータリーバークロスカット

超硬ロータリーバーも金属造形の削る工程の最初の方で使うものなのでかなり粗いです

「いやいや超硬ロータリーバーでも回転数上げて強めに当ててで払うように使えば結構整えられるじゃんwww」というのは今回はなしで、今回は一般的な使う順番について書いているのでスキル的なことは置いておきます。

 

目の粗いものを当てて次に少し目の細かいものに変えます。

例えば120番→1000番のように一気に細かくすると取り切れない傷が出てくるのでつやつやのピカピカにする場合は丁寧に細かいものに変えて傷を取っていきます。

過去に紹介した研磨ディスクやシリコンポイントも考え方は全く一緒です。

※シリコンポイントは細かさによって色分けされているんですが作っている会社によって違うので確認して買わないとちょっとややこしいことになります。

先端工具をかけていく段取り

リューターで使う回転する紙ヤスリ「ロールサンダー」

一番粗いのが120番です。

そこから240番→320番みたいに変えていきます。

ただ120番→240番→320番→400番→600番→800番→1000番ってやるかって言うと

 

やりません。

 

大体私は240番→回転砥石の500番→1000番、硬めの金属だったら1500番の回転砥石をかけて最後に油分の多めの研磨剤ギュンで仕上げてます。

あまり細かくかけすぎると歪みの原因となるので慣れてきたら大まかにやった方がいいです。

ダイヤモンドペーストで圧倒的な時間をかけて綿棒で磨くという手もありますが、

シャレにならないぐらい時間がかかるのでオススメできません。

 

ちなみに表面をちょっと荒らしておいた方が燻しなどの色は乗りやすいです。

興味がありましたらお試しください。

 

最初に買った方がいい先端工具。

まず始めたばかりの頃にどんなものを買い始めたらよいかというと

シリコンポイントがオススメです。

関連記事

ろう付けの安全対策と道具の紹介をする記事です。 ロウ付けに関して詳しく知りたい方は安全の為に読んでください。 私(上谷)は独学で彫金を始めて15年たちまして 現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫[…]

フラックス

削るから磨くまで満遍なくできます。

慣れるには練習が必要になりますが、

効率はいいし4~5本持っておけばある程度の作業は出来ます。

 

分かりやすい例としてロールサンダーを最初に紹介しましたが

「とりあえずお金かけずに色々やりたい」となったら圧倒的にシリコンポイントがオススメです。

その時使用するリューターはしっかりしたものがいいので

コチラのMr.MeisterHP-300をオススメします。

 

慣れてきたら先端工具の使い方を工夫するのがオススメです。

超硬ロータリーバーについて紹介した時に「スキル的に」云々書きましたが、

どの工具も使い慣れてくるとある程度他の工具の代用として使うことが出来るようになります。

 

何がどう使えるというのはそれぞれの先端工具の紹介の記事で付属して

紹介していますが、研磨剤との組み合わせなどにもなるのでちょっとお金がかかります。

趣味で初めても「もうちょっとお金かけてもいいかな」となったらチャレンジしてみてください。

 

まとめ

工具屋に先端工具は山ほどあるのでどれを買っていいかわからなくなると思いますが、

個人的なオススメとしてはシリコンポイントのセットを買っておけばとりあえずは

困らないのではないかと考えています。

もしそのあと必要なものが出てくれば買い足せばいいだけなので

またこのブログの紹介を参考に穴あけのドリルとかを買い足してみてください。

今回の記事が購入前の参考になれば幸いです。

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

彫金を施したスターリングシルバーのzippo
彫金を施したスターリングシルバーのzippo

このように金属に、模様を彫り入れる仕事をしています。
彫金のオーダーもお待ちしております。
IMULTAへのお問い合わせ

ショップはこちら

彫金のご依頼はこちら

 

蹄鉄ネックレス

急に気温が高くなったせいか作業中に汗の量が尋常ではないですね。 脱水症状になると頭痛くなるので気をつけてください。私は真冬に一回やらかしたのでそれ以来スーパー気をつけています。 今日はリューターの先端工具で「削る」ために使う工具について書きます。 削 […]

彫りサンプル

どうもこんにちはIMULTA(イムルタ)彫金師の上谷です。 独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTAという自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。 お仕事の依頼などは下のアドレスからお問い合わせください。コメントからでも結構です。 […]

割り箸ピンセット

目次 1 こんにちはIMULTAの上谷です。 こんにちはIMULTAの上谷です。 昨日は東京ビッグサイトで開催されたいるファッションワールドに行ってきました。 行って来たと言っても出展ではなく遊びに行ってきただけです^^ そんなレポートのようなものは […]

溶けて白熱したシルバー

目次 1 どうもこんにちわ、彫金萬の上谷です。 どうもこんにちわ、彫金萬の上谷です。 いや~寒くなってきましたねぇ、 私は血行が悪くなるとすぐに「目」に影響が出てしまうので 体が冷えないように結構気を使っています。 室内でも厚着してたりネックウォーマ […]

彫金腕時計

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。 独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっている上谷です。 前回の投稿では彫金で使う松脂などについて書きました。 とんでもなくニッチな内容でし […]

リューターの先端工具
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。