結婚指輪、スタイル変わったってよ。~19

Pocket

こんにちは彫金萬代表彫金師の上谷です。

1日サボってブログ更新です、昨日は飲みすぎてしまいました(笑)

皆さんは電車の中ではどのように過ごしてますか??

 

私はネットの記事を読みながら時間をつぶしています。

基本的にくだらないまとめ記事を読みながらニヤニヤしながら過ごしてますが、ビジネス関係の記事も頻繁に読みます。今回は面白い記事を見つけたので紹介したいと思います。

ただここで勝手にURLとか貼ると怒られるかもしれないので簡単に概要だけ

「結婚記念日に毎年結婚指輪を購入する」

というお話。

毎年2人合わせて2万円ぐらいの結婚指輪を購入して60年後には総額120万になる、そんなお話です。

最近のまとめサイトやSNSで紹介されています。

私は嫁(仮)が見つけてきてくれて知りました。

日本では結婚指輪はプラチナで。と言うのが一般的ですが欧米では結婚指輪にシルバーリングを着けている方も珍しくないです。

ただ形式を大事にする日本では今回の記事のようなことは無いだろうと思っていましたので正直かなり驚きました。

指輪などの装身具が結婚という儀礼的・形式的なもの、ファッションにような自己表現のものと幅広い意味で文化的に浸透してきたからだと思います。

まわりの人間に聞いても今回の1年ごとに指輪を購入すると言うのは好評ですので今後は一般的なスタイルとして定着するかもしれませんね^^

私も彫金師として商売してますので今回のことで注文が増えれば万々歳です(笑)

まずは話だけでも問題ありませんのでお問い合わせください。

 

そういえば何でプラチナが結婚指輪に使われるのか?という質問をたまにいただきますので簡単に言います。

プラチナはシルバーと比べて黒ずみが発生しづらく汚れにくいのに合わせてとても頑丈だからです。どこかのブランドでは永遠の愛を象徴するみたいなあおり文句を使っているところもあったような無かったような。

ただシルバーでもしっかり研磨したものはそうそう汚れませんし、チョコチョコ磨いたりするのが愛の証明になると思うのですがf(^^:)

黒くくすんでいくのも年月の象徴なので彫金師としてはいいと思うのですがなかなかご理解いただけない世の中のようですね(汗)

汚れるのが気に入らない場合は磨きなおしますので送ってください、ピッカピカにしますよ♪

彫金萬でご購入いただいたものなら送料負担のみで研磨しなおします。

長く使いたい方はうちで買ったほうがいいですよ^^ ご注文お待ちしています。

 

今回は長くなってしまいますが少しだけ製作風景も紹介します、折角写真撮ったんです。

気分が乗らなくても嫌々見てくださいm(__)m

叩く前と叩いた後

叩く前と叩いた後

上の写真の右のように銀板を切り抜いた後にトンカン叩いて左のように立体的にします。

img_25121

立体的にしたら全体を見ながら中を切り抜き模様をつけていきます、この工程は糸ノコと金槌でやります。

まぁまだ完成していないので完成図はお見せできないですけど(笑)

時間はかかりますが真面目に作っていますのでオーダーご希望の方はご連絡ください。

ラッピングサービスも始めました♪

お酒の飲みすぎにはお気をつけください!!

おやすみなさい^^

私の商品のオンラインストアもありますのでよかったらこちらからご購入ください。

オンラインストアへ

 

そして各有名サイトでも販売しているのでそちらからもぜひどうぞ。

Creemaはこちら

 

iichiはこちら

 

BASEはこちら

それぞれ作りが違うので是非ご覧ください。

IMULTAロゴ

 

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

【twitter】

【Facebook】

【instagram】

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

それではまた次回をお楽しみに!!

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

Or

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください