NO IMAGE

こんにちはIMULTAの上谷です。

暑いですね、水分補給はこまめに行いましょう。

今日からビッグサイト(青海展示場)ではコミケが始まっているようですね。

そのうち言ってみたいなぁと思いながら未だに行けていません。

楽しいお祭りですから事故なく終わるといいですね^^

さて今回は天然石を使ったジュエリーについて書いていきます。

天然石を使ったジュエリー

最近お邪魔した展示で影響を受けて天然石を使うようになりました。

やっぱりデカい天然石はいいですよね、カボションタイプのやつ。

天然石をドーム型に研磨して底を平らにしたカット法、つるんとした形をしています。透明感のない石は大体このカットがされてます。

 

基本的に彫金では彫り留めと言われる留め方が売りなのであまりカボションのものは使わないのですが、

元々アクセサリー作りを独学で始めた当初はカボションタイプの石が好きだった為

最初の頃はカボションタイプのものを覆輪留めにしていました。

今回紹介するジュエリーはいわゆるダイヤのようなカット石ではなく

色味が濃くて透明感のあまりないカボションタイプのものを使用しています。

どっちも天然石ですけどね。

左がサードニクスで、右の天然石はクリソプレーズ。

サードニクスは「色と柄」、クリソプレーズは「色と多様な透明感」が気に入っています。昔から好きで結構頻繁に使ってます。

ゴールドもそうですがシルバーともメチャ相性がいいので使いやすいです。

個人的にはジェダイト(翡翠)、アベンチュリン(透明感の高いタイプ)なんかはゴールドとの相性が良くてクリソプレーズはシルバーと相性がいいと考えてます。基本的に全部緑色。

どちらもかなり昔から人類の装飾品として使われているので好む人が多いのも当たり前かもしれません。

個人的には硬さがモース硬度6~7あるので一般の方でも管理しやすくていいと思います。(※割ろうと思えば割れます。)

天然石なのでモノによってはクラック(ヒビ)が走っているものもあり緑の半透明の層と茶色い層が混在しているタイプのものもあります。

 

クリソプレーズ

クリソプレーズはポワンとした輝きの優しい緑色の天然石です。

当然天然石なので透明感の違いとか色味の違いがあります。

写真の二つは同じクリソプレーズでどちらもシルバーに留めていますがこれぐらい雰囲気が変わってきます。

「海の中に灯る明かりを覗き込んでいるような輝き。」

なんて私は表現していますが、石業者の方に「こんな風に勧めてるんやで~。」とこの説明を聞かせた時は何だが詩人扱いされました^^;

天然石の「キレイさ」とか「色味の説明」はそれぞれが感じたままに好きに説明すればいいんじゃないかと思っているので、たまに表現が詩的になります。

 

ちなみにクリソプレーズは思いっきり山の中で撮れるので海は関係ないです。

あくまでイメージ。

他にオーストラリアとかの荒野で取れるけど海を絡めてお勧めするのは「マトリックスオパール」、オレンジ色の方ね。

石灰質とオパール部分が2層になってカットされている石なので

「夕焼けに輝く波打ち際を覗き込んだような風景」っていってオススメしたことがあります。

基本覗き込みます。

最近はいい感じのマトリックスオパールが手に入らないので作ってません。

 

クリソプレーズ種類・産出地

種類としてはカルセドニー(玉髄)の仲間、他に私が好んで使う石でカーネリアンってのがありますがカーネリアンの和名が【紅玉髄(こうぎょくずい)】クリソプレーズは【緑玉髄(りょくぎょくずい)】。

和名かっこいい^^

そのうち宝石由来の戦隊モノとか始まるんじゃない?って期待してます。

産出地としてはオーストラリアが多いなんて聞きましたが、

こないだトルコマルシェにお邪魔した時に

akikoさん(トルコ在住)が「たまに山にみんなで取りに行く。」って言ってたんでトルコでも取れるみたいです。

一応劈開性(ある一定の方向に力が加わるとパカッと割れる性質)があるって聞いたんですが今のところ加工中にパカッといった事がないので加工しやすい石として認識してます。

 

日本よりも海外の方が人気があるのかわかりませんが日本だと知らない人多いですよね?

元々高級石なので、ある程度のサイズを超えると値段が跳ね上がります。

サードニクスについては次回書きます。

 

まとめ

今回紹介したのはクリプレーズ。

和名は(緑玉髄)、硬度も高くて基本的には水に浸けても大丈夫なので管理しやすいです。(※当然モノによってはダメ)

天然石なのでモノによってはクラック(ヒビ)が走っているものもあり緑の半透明の層と茶色い層が混在しているタイプのものもあります。それもまた味があっていいです^^

 

天然石と彫金模様を組み合わせた商品を増やしていくのでショップをチェックしてみてください。

人造石ですが茶金石とか紫金石とかも使っていくのもいいですね。

 

ショップはこちら

彫金のご依頼はこちら

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。