酸化被膜を作るために少し焼いた真鍮リング

簡単な指輪づくりで学ぶ!!真鍮アクセサリーの作り方!!

こんにちはIMULTAの上谷です。

独学で彫金を始めてなんやかんや15年たちまして現在はIMULTAという自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

さて今回は「読む彫金教室」という事で、真鍮の鎚目(つちめ )リングの作り方を紹介します。

かなり簡単にザックリ作るので多分誰でもできます。

真鍮の鎚目リングの作り方

はい、では始めます^^

最初にすごい大事なポイントを言っておくと

ゆっくり作ってください。

彫金は時間をかければいい感じのものができるので慌てずにゆっくりどうぞzzz。

 

今回作るのはこちらの真鍮製の鎚目リングです。

酸化被膜を作るために少し焼いた真鍮リング
酸化被膜を作るために少し焼いた真鍮リング

画像の下にごちゃごちゃ書いてあるのは今は無視してください。

 

炊飯器にご飯を2合「極旨炊き」でセットしてからゆっくり作っても炊き上がりまでには出来上がります、多分。

私だったら「急速炊飯」にしても炊き上がりまでに出来上がります、絶対。

「炊飯」と「炒飯」似てますよね。

しょうもない事を書きましたが、彫金に使用する工具は過去に紹介した記事をご覧ください。

彫金で使う基本から専門的なものまで道具・工具を紹介。

紹介している道具全てが必要なわけではありませんが、持っておけば大体の作業は出来ます。

ご自身で「これ必要かも」と感じたものをちょっとずつ買って本当に必要であればさらに買い足すのをオススメします。

私のように興味のあるものを「とりあえず買っておくか^^」とやってると工具マニア一直線なので気を付けてください。

 

 




真鍮の板の切り出し。

リング用に切り出した真鍮の板
リング用に切り出した真鍮の板

1㎜の厚さの真鍮板から糸鋸を使って大体で切り出してください。

幅が広すぎると後で真鍮板を曲げる時に大変なので、幅は最大でも3mmぐらいで切り出します。

 

長さは号数によって変わります。

では今回は9号という事で長さは53㎜ぐらいで切った後に両端をちょっと削るといい感じに9号ぐらいです。

彫金で糸鋸を使う時は高さを考える~143

なます

ガスバーナーで赤くなるまで熱してから水に入れて急冷します。

写真撮り忘れました。

 

曲げる、リング状に丸めていく

なました後にサイズ棒に押し付けて真鍮板を曲げる
なました後にサイズ棒に押し付けて真鍮板を曲げる

硬い棒なら何でもいいんですが、なました後に押し付けて曲げます。

写真を見ていただくとこの時まだ板の両端が真っすぐなので木槌で両端を叩いて丸めます。

なました後に丸めていく真鍮板
なました後に丸めていく真鍮板

そうすると画像の感じで真鍮板がリングっぽく丸まっていきます。

 

今回のサイズ棒にグニッと押し付けて曲げる方法は板の厚みが1.2㎜までの場合簡単にできます。

それ以上はちょっと硬くなってくるのでシンドイです。

最初に書きましたが板の幅があるとそれだけ曲げにくくなるので程々にしましょう。

 

サイズ棒と木槌でやってますが、一応「読む彫金教室」なので

こんな工具もあるよーって事で紹介します。

リング曲げ用のヤットコ
リング曲げ用のヤットコ

これは金属板や金属線を挟んで握りこむとリング状に曲がるヤットコです。

 

前に紹介した記事で

彫金を独学でやって躓いたポイントと解決のコツ

「彫金の成形の工程は作業に合った工具を使うといい」と書いたのですが、

真鍮でもシルバーでもリング作りをする時にこのヤットコを持っているととても楽です。

 

すり合わせる

ロウ付け面をすり合わせた真鍮リング
ロウ付け面をすり合わせた真鍮リング

 

真鍮の板をリング状に丸めていったら木槌などで叩いて両端をぴったり合わせます。

このぴったり合わせるのを「すり合わせる」と言います。

 

叩いた結果、真鍮の板が捻じれて合わせる面が傾いているときはヤットコを使ってグニッと捻りましょう。

結構大事な工程で「合わせた隙間から向こう側が見えない」感じになったらいいんですけど大体でいいです。

とりあえずどんな感じがやってみてください。




ロウ付け

すり合わせた真鍮板をロウ付けしてリングにします。

ロウ付けの道具や、やり方はこちらから

彫金のロウ付けのやり方、安全対策と道具の紹介

彫金のロウ付けのやり方、実践・作業のコツ編

ロウ付けは雑にやると火事になるので自己責任で行ってください。

火事になっても私(上谷)とIMULTAの関係者は一切の責任を取りません。

粉末の真鍮ロウでロウ付けした真鍮リング
粉末の真鍮ロウでロウ付けした真鍮リング

 

一応真鍮リングなので粉末の真鍮ロウでのロウ付けの写真も載せておきますが

粉末状のロウはフラックスをいっぱい使ったり扱いにくいので、

板状のロウ材をハサミで切った銀ロウ(5分ロウ)を使用します。

ロウ付け前に銀ロウを乗せた状態の真鍮リング
ロウ付け前に銀ロウを乗せた状態の真鍮リング

リングのすり合わせ面の上に載っているのが銀ロウです。

この写真はすでにフラックスが塗ってある状態なのでガスバーナーで熱していきます。

ロウ付けした真鍮リング
ロウ付けした真鍮リング

ロウ付けが終わると画像のようにくっつきます。

そうしたらフラックスを取らないといけないのでディクセルの溶液に浸けます。

「フラックスとディクセルって何ぞや?」って方は彫金のロウ付けのやり方、実践・作業のコツ編を読んでください。

ロウ付けした真鍮リングをディクセル溶液に浸ける
ロウ付けした真鍮リングをディクセル溶液に浸ける

これ溶液の中でして、普段はこんな白い粒がある状態では使いませんが(普段は全部溶けてるのでパッと見ただの水です。)

写真がわかりづらかったので「追いディクセル」しました。

真鍮は水にずっとつけてると銅色に変色するので、5分ぐらいで取り出して水で軽くゆすぎます。

 

リングの縁をヤスリで削る

真鍮の平打ちリングをヤスリで削る
真鍮の平打ちリングをヤスリで削る

リングを円形に叩いて整えたら縁の部分をヤスリで削っていきます。

個人的な感覚ですが、この場合ヤスリはあまりギュウギュウ押し付けても効果的に削れないので

押し付けるパワーで削ろうとするのではなく行ったり来たりする動きを増やすイメージで軽く押さえて使うと早く削れます。

 

真鍮リングと削って出る金属粉
真鍮リングと削って出る金属粉

 

こんな感じで粉が出ます。

今更ですが作業中はマスクをした方がいいです。

「こんなに粉がでるんだ。」というのを画像で見てからの方が響くと思ったのでここで書いておきます。

 

リングの縁を研磨フィルムで磨く
リングの縁を研磨フィルムで磨く

この写真は3Mという会社が出しているラッピングフィルムで真鍮リングの縁というか側面を削っています。

ちょうどいい紙やすりがなかったので使っているだけなので、皆さんは紙やすりを使いましょう。

目の粗さは#240ぐらいのやつがいい感じに傷を消せます。

 

ラッピングフィルムはホームセンターに売ってるんですが

一枚600円ぐらいするので、一枚100円ぐらいで買える紙やすりの方が断然コスパがいいです。

ちなみにラッピングフィルムは彫金で色んな用途で活躍してくれるので私は常にストックを持ってます。すごくいい商品です。

ただ多分皆さんは(彫金初心者なら)いらないです。




真鍮の平打ちリング完成

真鍮平打ちリング
真鍮平打ちリング

紙やすりで磨いてもこれぐらいはいけます。

こういったリングを「平打ちリング」といいます。

「これでいいじゃん^^!!」

という方はこれで完成です。

お疲れさまでした^^

 

鎚目リングを作りたい方は続きをどうぞ。

 

真鍮リングの表面を叩いて装飾する

真鍮平打ちリングを芋鎚で叩く
真鍮平打ちリングを芋鎚で叩く

芋槌という金槌で叩いていきます。

わざわざ芋槌を買うのもアレなので家にある何かしらの金槌で表面を叩いてください。

あまりパワフルに叩くと指輪のサイズが変わってしまうので気をつけましょう。

逆に言うと「ちょっと小さいかも…。」となったらパワフルに叩きましょう。

金槌も色々あります。

彫金に使うハンマーについて書く

ゴムハンマーが安くてオススメですね。

真鍮の鎚目リングの完成です。

鎚目リング完成
鎚目リング完成

 

これで真鍮の鎚目リングの完成です。

芋槌など金槌の叩く部分の表面をピカピカに磨いておくと鎚目も磨かなくてもいいようピカピカになります。(※真っすぐ打てば)

ピカピカにすると写真を撮りづらいので今回はちょっとマットな鎚目リングに仕上げました。

 

最後にちょっと焼く

真鍮アクセサリーのお手入れの記事「お酢だけじゃない!?真鍮アクセサリーの簡単お手入れ方法」で書いた、

青錆(緑青)を抑止する方法で

真鍮の表面を焼いて酸化膜を作る方法があります。

それが一番最初にお見せした状態の真鍮リングです。

酸化被膜を作るために少し焼いた真鍮リング
酸化被膜を作るために少し焼いた真鍮リング

焼く前の色と比べると変化がわかりやすいと思います。

多分「着けてて育ってくれたらいいな。」って考える人の理想の色かもしれませんね。

 

知らんけど笑笑




まとめ

真鍮の鎚目リングの作り方を紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

出来るだけ簡潔に紹介できたと自負していますので、もし興味のある方は挑戦してみてください。

怪我に気を付けてくださいね^^

 

色んな技法が載った本を探してるよって方は下の記事をごください。

彫金を独学するためにオススメの本4選

 

IMULTAへのお問い合わせ

ショップはこちら

彫金のご依頼はこちら

酸化被膜を作るために少し焼いた真鍮リング
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。