レディキュレーション加工をしたピアス

真鍮のアクセサリーの作り方をピアス作りで学ぶ

こんにちはIMULTAの上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

今回は真鍮のアクセサリーの中でもピアスの作り方を紹介していきます。

レティキュレーション加工をしたピアス(左)ととも付け加工したピアス(右)
レティキュレーション加工をしたピアス(左)ととも付け加工したピアス(右)

それでは「読む彫金教室」を始めます。

真鍮のアクセサリーの作り方ピアス編。前置き、道具紹介。

まず一般的な彫金に必要な道具はこちらをご覧ください↓

「もう知ってます。」という方は読み飛ばしてください。

彫金で使う基本から専門的なものまで道具・工具を紹介。

あくまでごく一部を紹介しています。作りたいものに必要なものだけ揃えるのをオススメします。

関連記事

こんにちはIMULTA(イムルタ)彫金師の上谷です。 彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。 「ハンドメイド」を卒業して「彫金」をやってみたい方向けにどん[…]

リングを叩く様子。

 

では今回使用する工具です。

 ・使用工具

  • 糸鋸
  • ヤスリ
  • ガスバーナー(今回は特に重要です。)
  • フラックス
  • ディクセル

 

今回はピンを立てるタイプのピアスを作ります。

そして重要なことですが

ゆっくり作ってください。

せかせか作るとケガします。

 ・材料

  • 真鍮板(厚さ1㎜)
  • 銀ロウ
  • 真鍮のピン

 

火を使う道具については後述します。

真鍮ピアス作り本編

はい、ここから本編です。

毎回表面に何か加工したものを紹介しているので

今回はレティキュレーション(溶かし網目模様)を紹介します。

今回紹介する真鍮のレティキュレーションはフラックスを使った私のオリジナルです。
探せば他の人もやってるかもしれませんが、通常レティキュレーションはシルバーとゴールドでのみ使われます。

一応「とも付け」という技術にもつながるので知っておくと便利っちゃ便利です。

レティキュレーションの作業は特に強い火を使うので火事に十分を気を付けてください。

自分で安全管理ができない人はやらないでくださいね^^

火事になっても私(上谷)とIMULTAの関係者は一切の責任を負いません。

 

レディキュレーション加工をしたピアス
レディキュレーション加工をしたピアス
ピアスのピンをロウ付けした状態
ピアスのピンをロウ付けした状態

今回のレティキュレーション(溶かし網目模様)は表面に模様(テクスチャー)をいれる方法です。

やり方を応用すれば好きな形で作れるのでこのブログで紹介してるデザインにこだわる必要はありません。

ご自身のお好きな形・デザインで作ってください。

①真鍮の板の切り出し

まずは真鍮の板を用意して切っていきます。

今回使用する材料は1㎜の真鍮の板です。

真鍮の板
真鍮の板
真鍮の板を切り分ける
真鍮の板を切り分ける

 

彫金で糸鋸を使う時は高さを考える

糸鋸の使い方は過去記事をご覧ください。細々としたコツなんかもまとめてあります。

関連記事

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。 彫金を始めたばかりの時なんかは色々と道具を買いそろえます。 「彫金セット」なんて名前の工具セットを買ってみたものの、使い方がいまいちわからないなんてこともありますよね。 今回は糸鋸[…]

糸鋸

 

基本的に希望の形に一発で切ろうと(一発決め)すると大体失敗するので

大まかに切ってヤスリで目的のラインに近づけていくのが無難です。

糸鋸には大体17種類の太さがあるので色々試してみると面白いと思いますが

アクセサリー作りに向いているのは0番以下の太さです。

今回はレティキューレーション(溶かし網目模様)の説明がメインなのでデザインは簡単な形にしています。

慣れないうちはキレイに表面だけを溶かすのが難しいので、最初のうちは簡単なキッチリしていない形でデザインして試した方がストレスがたまらないと思います。

 

 

レティキュレーション(溶かし網目模様)

金属の表面を強い火力で溶かすことでレティキュレーションを施します。

偶然性の高い装飾になるため安定してデザインとして利用するのはかなりの経験と技術とデータが必要になります。

正直私もメインでこのテクスチャーは使わないのでそこまで狙った加工は出来ませんが、初心者が製作を楽しむという事においては偶然性の高さが面白みにつながると思うので今回紹介します。

簡単に言うと「雑に作ってもなんとなくイケてる風のアクセサリーが作れる」技法です。

ただこの下の注意書きは絶対読んでください。

勘違いしてほしくないので重ねて書きますが、緻密な計算と気の遠くなる程の検証作業の結果安定したレティキュレーション加工を施しているアーティストの方もいらっしゃいます。日本ではあまり見ませんが海外の鎧を作る人とかはテクスチャーだけではなく温度管理で色も変えて装飾したりと研究者レベルです。

しかし技法としてはやりやすいです。

前置きが長くなったので簡単にやり方を書いていきます。

シルバーでやる方法に関しては後日また別の記事で上げます。

 

②フラックスを塗って火を当てる。

真鍮の場合、火を当てるだけだと上手い事出来ないので、フラックスを塗ります。

別にフラックスを塗らなくても出来るっちゃ出来ますが、フラックスを使った方が簡単なので使いましょう。

 

 

「出来るっちゃ出来る」とは書いてますが、

ガスは無駄に使うし、神経は使うし、安定はしないしとフラックスなしでやるべき要素が1個もないので、

「どうしてもやりたい。」という人は止めませんが、フラックスなしはオススメはしません。

ハニカム台に乗せた真鍮
ハニカム台に乗せた真鍮

普通は平らな台の上でやりますが時間短縮のためハニカム台に乗せてます。

多分慣れないうちは溶かし切ってしまうのでハニカム台ではなくロウ付け台の上でやりましょう。

 

 

・レティキュレーションで火を当てる手順

フラックスを火を当てる方の表面にしっかり塗ります。

小口のガスバーナーで全体的に温めたら火を一番細くして表面の真ん中を狙います。

その時少し火を引いて火の先端が真ん中に当たって縁には当たらないようなイメージが一番いいです。

ある程度熱して全体が赤くなって表面が溶け始めたら火力をちょっと落として保温するイメージで溶かします。

火の当て方は人それぞれなんで「何秒できます。」とかは書きませんが、時間かかろうが適切に火を当てられていればちゃんとできます。

 

 

レティキュレーション加工をした真鍮
レティキュレーション加工をした真鍮

ちなみに金属が薄い方が簡単です。

こんな感じで溶かした感じのテクスチャー(模様)が入ります。

これを見て「全然網目じゃないじゃん!!」って人もいると思いますが

私がネーミングを決めたわけじゃないので決めた人のところに連絡してください。

 

レティキュレーションの使い方の順番

真鍮でやろうとシルバーでやろうと強い火を当てるという点では共通なので

色々と組みあがったものにこの加工をすると溶かしたり、ロウ付け面がずれたりとトラブルのもとになります。

まずは使う分のパーツにやるなりデカい金属板にレティキュレーションをして切り出すなりしてください。

 

今回はガス節約のため小さい金属板を使っています。

実は薄くてでかい金属板でやった方が簡単です。

 

③ピン立てロウ付け

ロウ付けのやり方は過去の記事をご覧ください。

彫金のロウ付けのやり方、安全対策と道具の紹介

彫金のロウ付けのやり方、実践・作業のコツ編

特に安全対策の方は絶対読んでください。家燃えてから後悔しても遅いですよ。

 

今回はピン(スタッズ)の部分をロウ付けするので本体部分をひっくり返して第三の手でピンを固定してロウ付けします。

 

ピンと真鍮板のロウ付けする部分にはしっかりとフラックスを塗っておきます。(※超重要)

今回はササッとロウ付けしないとピンが溶けたりするので、銀ロウは小さいサイズに切って使用します。

第三の手で固定
第三の手で固定

 

ロウ付けは適切にやれば10秒から30秒で作業が終わるなんて言います。

しかし慣れないうちに強い火力でやろうとすると確実にピンを溶かすのでのんびりと熱していきましょう。

※火力が弱すぎるとロウ付けできないのですが、強い火力で当ててばかりだとはっきり言って「感じ」がつかめないんで弱い火力からだんだん強くしていって「あぁ、これぐらいが適正な火力なんだな。」と理解を深めた方がいいと思います。

 

どっかの工房で弱い火力でやってたら「チンタラやんないでくれるwww??」とか言われると思うんですけど、

これ読んでる人は今周りにそんな人いないと思うんでチンタラやってください。

ちなみに「チンタラ」って鹿児島の言葉なんですって。どうでもいいけど。

ピンのロウ付完了
ピンのロウ付完了
ピアスのピンをロウ付けした状態
ピアスのピンをロウ付けした状態

ロウ付けが終わったらディクセル(商品名ピックリングコンパウンド)溶液に放り込んでフラックスを取りましょう。

 

真鍮の場合長時間水中に沈めておくと銅色に変色してしまうので長くても10分ぐらいでディクセル溶液から取り出して、さらに水でゆすいでしっかりと拭きます。

 

ピンがしっかりとロウ付けされたら尖っている部分を落として適度に磨いて完成です。

彫金で使うリューターの先端工具

磨く道具は道具紹介のカテゴリーを参考にしてください。

お疲れさまでした^^

 

ここから下はやりたい人だけやってください。

難易度が上がるので、作ったものが溶けて台無しになる可能性があります。

 

真鍮をちょっと溶かすパターン

タイトルの通りですが作ったものの縁をちょっと溶かします。

ピンを立てた後だとピンが溶けるので、ピンをロウ付けする前に行う加工です。

 

やり方によっては面白い形にできるのでガスボンベとフラックスに余裕があればぜひどうぞ。

金属は溶かすと球体になる特性があるので、縁だけ溶かすとちょっと丸まったフォルムになるのと

今回のレティキュレーションの風合いと合わさって市販品ではまず見ない真鍮のアクセサリーになります。

とも付けするためにハニカム台に乗せた真鍮
とも付けするためにハニカム台に乗せた真鍮

上に乗っかってる丸っこいのが縁を溶かしたものですね。

ただやり過ぎると全部溶けて台無しになるので気をつけましょう。

 

 

溶かすのを利用してとも付け

金属を溶かすのを利用して「とも付け」という溶接方法もあります。
ただ火力全開でやる方法なのであんまりオススメしません。

簡単に言うと今まで紹介していたロウ付けは溶けやすい金属を接着剤にしますが、とも付けはくっつけたい金属同士自体を溶かしてくっつけます。

これだけで強い火力が必要になるというのがお分かりになると思うのでやる場合はケガをする可能性が高まるという事と

ケガとは切っても切れない彫金作業での痛かったエピソードまとめ

普段ロウ付けをやる時よりもロウ付け場(ロウ付けをする場所)が高温になるので防炎スプレーをかけ直してから行うなどの対策が必要です。

 

この方法は一気に金属全体の温度を上げないとやりにくいので強い火力で熱します。

とも付後のピアス本体
とも付後のピアス本体

↑ちょっとわかりにくいですが「ちゃんと付いてるから真横にしても落ちませんよ。」の図です。

今回紹介した真鍮のレティキュレーションの方法はほとんど「とも付け」をやる時の工程と一緒です。

それもあって今回一緒に紹介しています。

とも付で製作したピアス
とも付で製作したピアス

まとめ

今回の加工は表面を溶かしたり荒らしたりがメインになるので強い火を使います。

火事にはくれぐれも気を付けてください。

表面を磨くことについてはそこまで重要ではなくなる作り方なので、人によってはリューターの使用は不要に感じると思います。

しかし表面が荒れている分、真鍮自体が汚れやすくなるのでこま目にお手入れするようにしましょう。

お酢だけじゃない!?真鍮アクセサリーの簡単お手入れ方法

 

さて今回の「読む彫金教室」はいかがでしたでしょうか?

独学で情報を知りたい、他の技術も見てみたいという方は情報をまとめてあるのでそちらの記事もご覧ください。

彫金を独学するためにオススメの本4選

彫金を独学でやって躓いたポイントと解決のコツ

彫金の独学するための情報収集方法を段階的に紹介。

真鍮アクセサリー系の記事の一覧はこちらからご覧ください。↓

真鍮アクセサリー系の記事

 

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

IMULTAショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAの公式ストアで見る >

 

彫金を施したスターリングシルバーのzippo
彫金を施したスターリングシルバーのzippo

↑私は普段このように金属に模様を彫り入れるオーダーも承っています。

オーダーをご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

彫金のオーダーについて問い合わせる >

 

彫金関係の工具はAmazonプライムに入っておくとポイントや配送の面で非常に便利なので入っておきましょう。

Amazonプライム無料体験を申し込む >

 

 

SNSのフォローはこちらからお願いします。

Twitterをフォローする

Instagramをフォローしに行く

IMULTAのYoutubeを観る

レディキュレーション加工をしたピアス
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。