MENU

シルバーアクセサリーの傷消し、傷だらけのアクセサリーをキレイにする。

こんにちはIMULTAの上谷です。

独学で彫金を始めて現在はプロとしてご飯を食べている彫金師です。

今回はシルバーアクセサリーの傷消しの方法を解説します。

普段使っているアクセサリーのお手入れからハンドメイドでアクセサリーを作っている方の研磨作業まで幅広く使う事が出来ます。

目次

シルバーアクセサリーの傷消し、傷だらけのアクセサリーをキレイにする。

シルバーアクセサリーの傷消しの方法は大まかに二つ

  • 手作業で傷を消す。
  • 機械を使って傷を消す。

もしくはその両方を組み合わせた方法で傷を消していきます。

今回は手作業で傷を消す方法に焦点を当てて解説していきます。

リューターを使った傷消しの方法を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

傷を消すにはそれなりの時間と手間がかかります。

どの程度の傷が入っているかにもよりますが、傷を消すにはそれなりの時間と手間がかかります。

また金ヤスリでしっかりと表面を削る場合もあるので、傷の深さとアクセサリーの厚みによっては消し切れない場合があります。

作業用の道具の購入費用を考えると、専門業者に依頼した方が安く済む場合もあるという事をご了承ください。

アクセサリーの傷を消すための道具

傷消しに必要な工具はこちら

あくまで一般的な道具に限定して紹介しています。

キサゲ以外の道具のすべてに共通しているのが目の粗い物から細かいものに変えて行って傷を消していくという事です。

紙やすり・金ヤスリ

一番手に入りやすい紙ヤスリ

紙やすり各種
紙やすり各種

まずは紙やすり。

一番手に入りやすく購入費用がそこまでかかりません。

どこかに強く引っ掛けたなどではなく、日常生活でついた細かい傷であれば紙やすりで充分キレイにとることが出来ます。

1枚80円ぐらいで大きいのが買えるのでコスパも抜群です。

イベントなどでお客さんと話していると「紙やすりで金属を全く磨く(削る)ことが出来ない。」と考えている方が多いのですが、上の画像の#240の紙やすりは金属でもちゃんと磨く(削る)ことが可能です。

少し使い方にコツがいる金ヤスリ

細かい金ヤスリ各種
細かい金ヤスリ各種

アクセサリーの傷消しに使う金ヤスリは、上の画像のような目の細かくて小さいものを使います。

彫金で使える100均アイテムを紹介する記事で100均の金ヤスリを含めて紹介していますが、傷消しに使うとなると100均のヤスリはちょっと厳しいです。

豆兵士のアイコン画像豆兵士

なんで100均のヤスリは傷消しに使えないの??

  • ヤスリがしっかりかからない場合がある。
  • 使ってすぐに削れなくなるものもあるため、安定した作業が出来ない。
  • 目の粗い物から細かいものまで段階的にそろえる事がほぼ出来ない。

以上に理由から100均の金ヤスリは傷消しに不向きです。(全く使えないとは言ってない。)

専門的なものでもそこまで高くないので、ちゃんとした工具屋さんの金ヤスリを買うことをオススメします。

金ヤスリで傷を消す場合は少しだけ技術(慣れ)が必要なのです。

使い始めのうちは逆に傷を増やしてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

豆兵士のアイコン画像豆兵士

やすりの使い方にコツはあるの?

ありまぁす。

ヤスリを使った傷消しのコツ

一気に、または一発で傷を消そうとしない。

一発で傷を消そうとすると失敗します。

力いっぱい削ると傷が増えるだけで傷を消すことできません。

軽くこするように傷が消えているか確認しながら少しずつ削っていくのがコツです。

スポンジ研磨材

スポンジヤスリ
スポンジヤスリ

これも非常に使いやすいアイテムのスポンジ研磨材。

ホームセンターでも買うことが出来て大き目のサイズで売っているので、全部使うことを考えたらコスパがいいです。

ワックスモデリングにも使う道具なので、お手入れとアクセサリー作りの両面で使用可能な優れもの。

スポンジ状でクニャクニャ曲がるため立体的なアクセサリーの傷消しに有効です。

画像一番手前の細目のスポンジ研磨材は「細目」と書いてありますが、#240で結構粗いので油断すると傷だらけになります。

豆兵士のアイコン画像豆兵士

これもなにか使い方にコツがあるの?

スポンジ研磨材の傷消しのコツ

アクセサリーにスポンジ研磨材を押し付けて磨こうとすると一定の力で磨くのが難しいので、スポンジ研磨材にアクセサリーを押し付けて磨くと一定の力で磨きやすくなります。

またデザインの入り組んだ部分を磨く場合は小さく切ったものを爪楊枝で刺して使うと細かい作業にも対応できます。

ラッピングフィルム・研磨フィルム

研磨ラッピングフィルム
研磨ラッピングフィルム

ちょっとお高めのラッピングフィルムと研磨フィルム。

一枚500円以上しますが非常に効果的で、使い方は紙やすりと一緒ですが完全に上位互換のアイテムです。

一番目の細かい#15000まで使って仕上げればほぼ鏡面仕上げになるので、もし手作業だけで仕上げたいのであればシルバーアクセサリーのお手入れ・磨きには欠かせないアイテムになります。

紙やすり、ラッピングフィルム、研磨フィルム共通の使い方

・割りばしと爪楊枝と組み合わせて使う

ひと手間かけて両面テープを使って紙やすりやラッピングフィルムを割りばしに巻き付けると簡易的なヤスリになります。

先端の砥粒が無くなってきたらカッターナイフなどで砥粒の無くなった先端部分を斜めに切り落せば繰り返し細かい部分を磨いていく事ができます。

趣味レベルでは必要ないと思いますが爪楊枝でも同じことができるのでマイクロヤスリ代わりになります。

・金属板に貼り付ける

次に磨きたい対象自体を紙やすり・研磨フィルムにこすりつける方法。

金属板にスプレー糊で紙やすりなどを貼り付けて使うので、砥石で包丁を研ぐのをイメージしてみるとわかりやすいです。

金属はアルミでもなんでもいいですが、力を入れた時に変形するとマズいので私は念のためステンレス板を使ってます。(金属板の厚みは1㎜以上推奨。)

力を入れた時に曲がらなければ木の板でもいいんですが強く擦り付けた時にへこむような柔らかい木材だとせっかく付けた紙やすりが剥がれてしまうので金属板の方がオススメです。

めっちゃ使いやすい液体コンパウンド

液体コンパウンド
液体コンパウンド

車を持っていて洗車したことがある人であれば、絶対に使ったことがある液体コンパウンド

細かい傷であればあっという間に消すことが出来ます。

ガッツリと傷が入っているのでなければ液体コンパウンドだけで充分にキレイになります。

液体コンパウンドは「○○用」という表記をされているものがほとんどですが、色んな金属に使いまわせるのでそういった意味でも使いやすいアイテムです。

この記事で紹介している金属であれば全部使えます。↓

磨く前にキサゲで表面を削って傷を消す。

ヤスリとキサゲ
ヤスリとキサゲ

画像の一番右の道具がキサゲです。

これはプラモデルとかでもよく使われるのでスクレーパーと言った方がわかりやすいかもしれません。

私は粘りのある炭素鋼で出来たものを使用していますが、使うのにかなり慣れがいるので超硬(タングステン鋼)の方がいいと思います。

どちらにしても丁寧に傷を取る時に使用するものなので使用には技術が必要になります。

頻繁に使っていると研ぐ必要が出てくるので、気軽に使いたいという方にはちょっと不向きな道具です。

ただキサゲを使って時間をかけて仕上げると雰囲気の全く違うアクセサリーになるので、一度使ってみてほしい工具です。

一段階高いアクセサリーを作りたい方は使ってみるのをオススメします。

シルバーアクセサリーの傷消し、傷だらけのアクセサリーをキレイにする。まとめ

アクセサリーは色々な道具を使って傷消しをすることが出来ます。

使うにあたって使用の難易度が変わってくるので自分が一番使いやすいものを選んで試してみてください。

この中で技術が必要なくて一番使いやすいものだと液体コンパウンドがオススメです。

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

上谷 俊介のアバター 上谷 俊介 彫金師

彫金萬代表、彫金ブランド「IMULTA」を運営しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる