MENU

ファッションワールド東京出展レポート、後片付け編

こんにちはIMULTAの上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

ファッションワールド東京に出展したのでその時のレポートです。

今後出展を検討されている方の参考材料になれば幸いです。

「準備編」から色々書いてきて今回は「後片付け編」です。

目次

ファッションワールド後片付け編

最終日(2019.10/4)の17時を持ってファッションワールドが閉会となりました。

片づけに関してはすべての日に共通して言える内容もあるので

順繰り書いていきます。

※ほかの出展イベントでも合う程度共通です。

ファッションワールドは10時~17時までで17時になったらすぐに撤収が始まります。

基本的に「残業しないようにお願いします。」的な案内が出展要項にあるので

一般的なブースに出してる方などはあっという間にいなくなります。

 

さて一方Designer’s gateエリアはどうか?

あまり変わりませんが細かいもの(アクセサリー・ジュエリー)を扱っている出展者は

商品だけは回収して撤収しています。

おそらくファッションワールドは治安がいい方なので盗難は少ない方だと思いますが、

会期中に隣の方が盗難にあっていたのでゼロではないようです。

 

・盗難トラブル

他のハンドメイドアイテムの販売イベントは盗難が非常に多いので、

連日出展で一旦帰る場合は商品は持って帰ることをオススメします。

あくまで聞いた話ですが大阪のイベントでは什器ごと盗難にあったという事例もあるそうです。

 

最終日の片づけ

最終日は取り付けていた棚から何からすべて取り外して、

初日に受け取った分の荷物とまとめてヤマトの受付カウンターで発送します。

荷物が大きくなりすぎるとめんどくさいので途中でちょいちょい持ち帰ってました。

何だったら全部発送して手ぶらで帰ってもいいですね^^

 

私は車で行ってないので車の搬入搬出に関してはわかりません。

最終日は周りものんびりと片付けているのでそこまで急ぐ必要はありません。

 

棚の取り付け取り外しは電動ドリル必須です。

 

帰り道、混雑を避けるのが吉

急いで片付けて帰りたい所ですが、周りの人と電車がかち合うと

信じられないぐらい混みます。

 

とりあえず近くのサイゼリアで休憩してから帰るのがオススメです。

お祝いをするもよし、反省会をするもよし。

私は長時間の彫金の実演で腰痛が悪化していたので一旦休憩しないと動けませんでした。

彫金作業はあまり長時間作業しないのですがお客さんウケがいいので仕方ないですね^^;

 

サイゼリアでボックス席でしばらく休憩してから帰ればりんかい線の混雑はある程度避けられます。

クタクタで飲むサイゼリアのビールは最高でした^^

帰ってからのケア

ボルタレンやロキソニンの湿布類でなんとかお茶を濁していましたが腰痛が限界なので

いつも通りオムロンの低周波治療器で時間をかけて治療します。

展示会で名刺交換をした後のご挨拶のメールは重要ですが、

まずは疲れを取りましょう。

お疲れさまでした。

 

まとめ

ファッションワールドだからと言って

他のイベントと撤収方法が違うわけではありません。

ただイベントの規模が違うのでタイミングをずらさないでそのまま帰ると

信じられないぐらい混雑するのでサイゼリアを経由するコースがオススメです。

 

頑張った後ぐらいは少しのんびりしましょう。

[sitecard subtitle=関連記事 url=http://choukinyorozu.com/imulta205-2591.html]

疲れをとるアイテムなどを紹介しています。

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

上谷 俊介のアバター 上谷 俊介 彫金師

彫金萬代表、彫金ブランド「IMULTA」を運営しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる