swirlアイキャッチ

こんにちはIMULTAの上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTAという自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

日本伝統の「彫金」の技術を使ってシルバーアクセサリーを作っています。

1点ずつの手作業で製作しているのであまり効率は良くありませんが、

曲線の美しさにこだわってデザインしてます。

彫金のシルバーリング

ハワイアンジュエリーが有名ですが日本にも金属に模様を彫りこんでいく技術はあるので

「彫金ジュエリー」と名付けて製作しています。

日本の「彫金」の技術は大体1300年前の奈良時代から存在していて

鎌倉・室町時代の侍の鎧兜・刀の装飾で一気に発展しました。

明治時代に施行された「廃刀令」から色々あって今はジュエリーや寺社仏閣の錺(かざり)に使われています。

 

今回は彫金の技術の中でも

「彫り」と「透かし」を使ったシルバーリングを紹介します。

swirl(スワール)彫金シルバーリング 

swirlシルバーリング

正面に来る部分に彫金の模様を彫りこんでいます。

ある程度幅を持たせてボリュームを出していますが、

「透かし」でフォルムを細く仕上げているので繊細な印象になっています。

「透かし」というのは糸鋸を使って金属に模様を切り抜いていく技法です。

 

シルバーを素材に使用したジュエリーは使用していると段々と「硫化(黒ずみ)」していきますが、

それが味となって楽しめるアイテムです。

全体を磨きすぎると硫化した時、「黒ずみやすい部分」「黒ずみにくい部分」の差が大きくなると汚い印象になるため、

長く使っても一様に「味」として感じられるように研磨をかけてあります。

 

名前に由来

「swirl」は英語で「渦巻く」という意味です。

彫金の模様は基本として「リーフ模様」を彫っています。

リーフ模様はそのまま葉っぱの模様、唐草模様です。

大元は中東の「アラベスク模様」が発祥で、

日本に伝わってきて変化したのが「唐草模様」、欧米では「リーフ模様」に変化しました。

 

と、言うのが過去に読んだ本に書いてありました。

ただ各文明でアラベスクも唐草もリーフもかなり古くからあるので正直どれが発祥かはあまりわかりません。

 

今回のリングはリーフ模様を渦巻くように彫り上げた仕上がりになるので名前も「渦巻く」という意味で

「swirl」という名前になっています。

 

着用した雰囲気

swirl着用写真

 

最初の商品写真だと少し大きめに感じるかと思いますが、実際は非常に繊細な作りになっています。

デザイン場ほかの指輪との重ね付けには向いていませんが、

リングの厚みと幅を工夫しているので着けた時に指が細く見える視覚効果もあります。

厚着していても存在感があるので1年を通してコーディネートしやすいアイテムになっています。

swirl着用写真,手元のみ

モチーフの彫られた正面部分以外(ウデの部分)はつけているときにストレスにならないように

極力細く仕上げています。

仕上げる時に叩いて鍛造で作っているので見た目は華奢ですが頑丈です。

サイズは7号~15号でお作りしています。

まとめ

シルバーは特に着けやすいアイテムとして親しまれています。

その中で伝統工芸の「彫金」がもっと一般に浸透していくように色々なモチーフで製作していますので。

お時間のある方はオンラインショップをご覧ください。

 

swirlシルバーリング

 

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

スターリングシルバーzippo
スターリングシルバーzippo

IMULTAではオンラインショップでのオリジナル彫金ジュエリーの販売のほか、

お手持ちのzippoなどへの個別の彫金のオーダーも承っております。

興味がおありの方は料金など気軽にお問合せください。

 

IMULTAへのお問い合わせ

ショップはこちら

彫金のご依頼はこちら

シルバーアクセサリーのお手入れに関して

関連記事

こんにちはIMULTAの上谷です。 独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。   今回はシルバーアクセサリー・ジュエリーをしっかりと磨[…]

 

swirlアイキャッチ
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。