MENU

アセトンを使ってアクセサリーのお手入れをする。

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

今回はアセトンについて書きます。

豆兵士のアイコン画像豆兵士

アセトンってなに??

アセトンは身近なもので言うと除光液に含まれている薬品です。

工具屋に行って特に何の説明もなくアセトンがデンと置いてありますが、「これ何に使うの??」という方は注意点も一緒に紹介するので参考にしてください。

目次

アセトンを使ってアクセサリーのお手入れをする。

タイトルの通りアセトンはアクセサリーの掃除に使います。

アセトン の裏書き
アセトン の裏書き

こちらが彫金の工具屋さんで売られているアセトン、大体500円ちょっとぐらいで販売されています。

ただ容器の形状的にちょっとずつ使うには向いていません。

created by Rinker
D-UP(ディーアップ)
¥841 (2020/10/02 00:54:47時点 Amazon調べ-詳細)

上の画像で紹介しているのはドラッグストアなどで売っている除光液ですがアセトン100%で小出しにできるので非常に使い勝手がいいモノです。

過去に松脂やモデリングコンパウンド・ヒートクレイなど固定系アイテムについて書いた記事でサラッと紹介しましたが質問が来たので別個に書きます。

 松脂やヒートクレイなど、彫金の固定アイテムの紹介と使用方法

彫金で加工したいものを固定する時に使用するアイテムを紹介している記事です。

彫金だけでなく役に立つのでどんな効能があるかは確認しておいた方がいいと思います。

身近にあるアセトンは除光液

アセトン 100%のリムーバー
アセトン 100%のリムーバー

一番身近にあるアセトンが使用されているものは除光液です。

マニキュアを落とす効果があることからもわかる通り付着した塗料、油分を分解・除去する効果があり、彫金で言うと松脂やモデリングコンパウンドを除去する効果があります。

また金属面にデザインを描く際に油性ペンで下書きを行う場合がありますが、誤って記入した際にインクを除去する時にも使用します。

化学実験などで使用されている方は、容器の使用後に表面をキレイにするためにアセトンを使用することもあるようです。(「乾くのも早くなって便利なんよ。」by大学時代、研究系の事をやっていた友人)

濃度によって使い分けるとお手入れにとても便利

これはアセトン以外の薬品にも言えることですが、濃度によって用途を分けて管理するとアクセサリーのお手入れに非常に便利です。

例えば100均(ダイソー)で販売されていた除光液はアセトンの濃度があまり高くありませんが、冒頭で紹介したアセトンは濃度100%です。

created by Rinker
D-UP(ディーアップ)
¥841 (2020/10/02 00:54:47時点 Amazon調べ-詳細)

当然濃度によって効果が変わってきます。

油性ペンでの下書きを消す場合はそこまで強力な効果が無くてもいいので100均の除光液で充分です。

しかし松脂やモデリングコンパウンドを除去する場合、アセトンで除去する前に出来る限り付着面からこそぎ取っていても残った部分はしっかりとこびりついています。

モデリングコンパウンド
モデリングコンパウンド

その場合はアセトンの濃度の高い除光液を使用した方が作業時間が圧倒的に短縮されます。

アセトンで松脂などを除去する場合の方法はいくつかの方法があります。

続いて使用方法を紹介していきます。

綿棒などに染み込ませたアセトンで付着面を擦る

まずは綿棒などに染み込ませて付着面を擦る方法。

この方法はアセトンの濃度の高い除光液で行います。アセトンの濃度の低い除光液でも出来ないという訳ではありませんが非常に効率が悪くなってしまうので意味がありません。

アセトンの濃度が高い除光液を染み込ませた綿棒で優しくこすります。

擦る強さは効果にほとんど影響がないので、擦る強さよりも何度も往復して擦る回数を増やす方が効果的です。

クッキングペーパーやコットンなどに染み込ませて付着面に当てて放置する

クッキングペーパーやコットンなど染み込ませた後に、付着面に密着させてジワジワと松脂・モデリングコンパウンドを除去する方法です。

この方法はキッチンを掃除する際にマジックリンを効果的に使う方法としても紹介されているのでかなり一般的です。

ただアセトンは揮発性が高い(蒸発しやすい)ので、クッキングペーパーやコットンでお掃除するアクセサリーなどをくるんだ後にその上からさらにサランラップを巻いてアセトンの蒸発を防ぎましょう。

平面的なものであればクッキングペーパー、立体的なものであればコットンを使うのが効果的です。

大量のアセトンに掃除するアクセサリーなどを沈める

気密性の高い瓶などにたっぷりとアセトンを溜めて、その中にアクセサリーなど松脂やモデリングコンパウンドが付着したものを沈めて除去する方法です。

この方法は圧倒的な効果が期待できますが、宝石などがついている場合思わぬ反応が起こる可能性があります。

また、洗浄を依頼されたものがウレタン系の塗料で塗装されていた物の場合、完全に剥がれてしまうので注意が必要です。

使用する量も多いので一般の方がこの方法を行うことはないと思いますが、アセトンは揮発性の高い薬品のため、ちゃんと密閉容器を用意する必要があります。

気密性の低い容器で保管していた場合、いざ使おうと思ったら全部蒸発していたという事もあり得ます。

一般的なお掃除にも便利なアセトン

ここまで散々書いていますが、アセトンは一般的なお掃除にも非常に役に立ちます。

どのぐらいの濃度のものを使用するかにもよりますが、アセトンの濃度の高い除光液であればキッチン周りの油汚れに対してすさまじい効果を発揮します。

アセトンの濃度が低い除光液でも蛍光灯の傘にたまった汚れ(埃をとった後のこびりついた汚れ)程度であれば驚くほどよく取れます。

そこら中をアセトンで掃除するというのは現実的ではありませんが、特にこびりついた汚れをササッと取りたいという時は使ってみるのをオススメします。

created by Rinker
D-UP(ディーアップ)
¥841 (2020/10/02 00:54:47時点 Amazon調べ-詳細)

アセトンの使用上の注意点

毒性がないとされている薬品ですが、最低限の注意は必要になります

アセトン の裏書き
アセトン の裏書き

アセトンの濃度が高いものを使用する場合は換気が必須

彫金で同じような用途で使用するシンナー(ラッカー薄め液)ほどの問題はありませんが、臭いがこもってしまうと気分が悪くなることもあるので、大量に使用する場合は必ず換気をしてください。

火気厳禁

引火する可能性があるので火気厳禁です。常識的な考えれば火のある場所でアセトンを使用することはあり得ませんが、「ちょっとぐらい良いだろう。」という甘い考えでやると思わぬ火事を起こすことになるのでご注意ください。

塗料が剥げてしまう可能性があるので使用する場所に注意

アセトンに沈めて使用する方法の項目でも紹介しましたが、アセトンの濃度が高い除光液を掃除に使用する時は使用箇所に注意が必要です。

壁紙に付着した場合は塗装が剥がれてしまう可能性があるうえ壁紙自体が剥がれてきてしまう可能性があります。

汚れごと下の塗装まで剥がれることもあるので、なんでもかんでも使用できるわけではありません

まとめ

彫金で使用する際、金属に対して使用する際はそこまで神経質になる必要はありませんがインクやウレタン系の塗装が施されているものに対して使用する場合は注意が必要です。

最近は肌荒れ対応のアセトンフリーの除光液も出ているため、除光液であればすべてに入っているわけではありません。

彫金以外のお掃除でも非常に高い効果を発揮するアセトンですが、自分が思っていた以上に効果を発揮することもあるので自己責任で使用してください。

「思ってたよりも剥がれちゃった~。」とか言われても私は知りませんし、私やIMULTAの関係者が責任を負う事はありません。

使う前にちゃんと確認したうえで使用すれば非常に便利な薬品です。

created by Rinker
D-UP(ディーアップ)
¥841 (2020/10/02 00:54:47時点 Amazon調べ-詳細)

IMULTAショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAの公式ストアで見る >

彫金を施したスターリングシルバーのzippo
彫金を施したスターリングシルバーのzippo

↑私は普段このように金属に模様を彫り入れるオーダーも承っています。

オーダーをご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

オーダーを問い合わせる >

彫金関係の工具はAmazonプライムに入っておくとポイントや配送の面で非常に便利なので入っておきましょう。

Amazonプライム無料体験を申し込む >

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

この記事を書いた人

こんにちは彫金のやり方などを紹介するニッチなブログを書いています。

古くは奈良時代からある伝統技法ですが今では「彫金」という言葉を知っている方も減ってきているので少しでも普及に役立ちたいと思い情報を発信しています。

独学で始めたころは本当に手探りでどんな道具を使っていいかも勘で購入していましたが、現在では仕事にするまでになり自分なりに知識とノウハウの蓄積があります。

このブログを通して少しでも彫金を身近に感じれたり、これから彫金を始める方の参考になれば幸いです。

【上谷について】
8年間の彫金の下積みを経て2016年3月15日に独立しました。
屋号は「彫金萬」、「ちょうきんよろず」と読みます。
個人や企業からのオーダーを受けてお手元の金属製品に彫金を施すお仕事も受け付けています。

現在はジュエリーブランド「IMULTA(イムルタ)」で製作したオリジナルのジュエリーの販売しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる