NO IMAGE

彫金のシルバージュエリーリング「Swirl」

こんにちは彫金師の上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

今回は彫金で製作したシルバジュエリーを紹介します。

現在は「彫金・鍛金・鋳金」がまとめて「彫金」とまとめて呼称されています。

IMULTAのジュエリーは地金から切り出したうえで模様を彫りこむ彫金で製作しています。

 

彫金のシルバージュエリーリング「Swirl」

swirlシルバーリング
swirlシルバーリング

 

植物をモチーフにしているので曲線が美しく見えるように製作しています。

名前の「swirl」は直訳すると「渦を巻く」と言う意味です。

指の正面に来るモチーフに動きを持たせることで指自体をすっきりと見せる効果があります。

 

swirl着用写真
swirl着用写真

「着けてみると意外と細身だ。」仰る方もいらっしゃいますが、今の所ご購入いただいたお客様は重ね付けして使ってはいないようです。

このリングを製作したころは重ね付けが非常に流行っていたのですが、デザインの段階で重ね付けするようには考えていなかったのでホッとしております。

あくまで好みなのでどのように使っていただいても構いませんが、モチーフ部分に注目が行くようにデザインされているのでI他のリングとはあまり合わないかもしれません。

swirlシルバーリング
swirlシルバーリング

一番厚いところで厚みが2mmあります。

ただ全体的に模様を彫りこんでいて、モチーフ以外の部分はギャップで細く見えるように製作しています。

過去にはサイズ間違えではなくサイズを少しずつ変更して複数本購入された方もいらっしゃいました。

※そういった経験は一度だけですが、初めは注文を間違えたのかと思って何度も確認したのでとても印象的でした。

swirlシルバーリング
swirlシルバーリング

正面から見るとスッキリとした印象のリングです。

デザインに遊びが多いので格調高いフォーマルの席に付けていくのは少し難しいかもしれませんが、普段使いやカジュアルな席、ちょっと遊びを許されたフォーマルな場であればコーディネートのアクセントになるアイテムです。

swirlシルバーリング
swirlシルバーリング

デザイン上どうしても引っかかりやすい部分はありますので、もしニット系の服装などの起毛した生地の服をお召の場合は少し気を付けていただく必要があります。

指にはめている状態であれば引っかかる可能性は限りなく低いものではありますが、ゼロではありませんのお気を付けください。

swirlシルバーリング
swirlシルバーリング

細く繊細に作られたシルバーリングですが強度的には見た目よりもかなり製作しています。

彫金で模様を彫る場合は金属の強度がある程度高い方が良いため、模様を彫り入れる前にシルバーの表面を細かく叩き締めています。

ただ激しい運動をする場面を想定して製作しておりません。

当然ですが踏んづけたりと強い力を加えると変形しますのでお気を付けください。

 

金属アレルギーに関して

金属の種類はシルバー925を使用しています。

真鍮や銅に比べるとアレルギーの症状が出にくい金属です。

 

 

IMULTAオンラインショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAのオンラインショップはこちら

 

彫金を施したスターリングシルバーのzippo
彫金を施したスターリングシルバーのzippo

↑私は普段このように金属に模様を彫り入れるオーダーも承っています。

オーダーをご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

彫金のオーダーについて問い合わせる

 

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

各種SNSもやっておりますのでよろしければフォローをお願いします。

 

関連記事

こんにちは彫金師の上谷です。 彫金には様々な技法がありますがその中でも軽やかな印象を作り出す技法もあります。 今回はそんな技法を使って作り出したシルバーピアスを紹介します。   普段使い出来るピアスをお探し[…]

IMG
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。