NO IMAGE

彫金オーダー例、THERMOS(サーモス)のタンブラーへの彫金

こんにちは彫金師の上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

自分でシルバーアクセサリーを製作して販売するのと並行して、お客様の持ち物の金属製品に彫金模様を施すオーダーを受けています。

今回はみんな大好きTHERMOSのタンブラーへの彫金です。

私はタンブラーは持ってませんがスープポットを愛用しています。

THERMOS的には「製品への傷にはめちゃ気を付けてください。」というアナウンスをしているので、私としては今回の彫金は正直あまりお勧めしません。

破損の可能性を説明したうえでオーダー主の希望があったので彫っています。

※オーダー主の許可を得て掲載しています

彫金オーダー例、THERMOS(サーモス)のタンブラーへの彫金

今回はTHERMOS(サーモス)のタンブラーへ彫金しました。

 

素材はステンレスです。

叩いた感触としては厚みがそれほどないので深く彫ることが不可能な製品です。多分厚くても0,4mmぐらい。

破損させる気は全くありませんし、破損しませんでしたが非常に気を使う彫金作業でした。

 

今回彫った模様は騎馬武者です。

オーダー主の希望があったので騎馬武者とアラベスク模様のミックスになりました。(※別途デザイン料を頂いています。)

 

武者は織田信長をイメージしてほしいという事だったので織田信長の甲冑を参考にした室町風の甲冑にしました。

南蛮胴の甲冑も個人的には好きですがオーダーは「織田信長っぽい(織田信長にしてとは言ってない)」ということもあり、今回は陰影を彫るイメージで抽象的な模様に仕上げるようにデザインしたのでパーツの多い室町風を採用しました。

どの武将が良いという事でもなかったようなので特別「この武将だッ!!」とならないようにフワッとした印象にしています。

どの武将か限定すると何かに引っかかるかもしれませんし🍣

 

馬は過去の宝塚記念のディープインパクトの写真を参考にして馬の顔周りの馬具などをデザインしました。

少しぶっ飛んだデザインかもしれませんが握っている手綱から広げてアラベスク模様を彫り上げていい感じに派手にできたと思います。

 

普段使いするタンブラーという事をふまえたデザイン

今回彫金するアイテムは普段使いするTHERMOSのタンブラーなのであまり悪目立ちしないようにすっきりとした雰囲気を念頭に置いてデザインしています。

そこまで目を凝らさなくても彫金した模様自体がキラキラと光るのでしっかりと認識できます。

ただ会社などで普段使いしても変に目立つようなことはないように設計にしました。

継続して使用していくと彫り跡とその周りがくすんできて経年変化で模様が浮かび上がってきます。

今までIMULTAで彫ったものとは雰囲気が異なったアイテムになります。

 

まとめ

彫金のオーダー例としてTHERMOS(サーモス)のタンブラーへの彫金を紹介しました。

冒頭でも紹介しましたが今回の彫金は製造元が傷への注意をアナウンスしているのであまりお勧めできないものになっています。

ただ破損の可能性にご了承いただける(壊れても構わない)のであれば彫金のオーダーは承っております。

興味がおありの方はお問い合わせください。

 

 

IMULTAオンラインショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAの公式ストアで見る >

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。