MENU

【彫金師のお仕事】リールの彫金カスタム、ミリオネアctsvへの彫金

こんにちは彫金師の上谷です。

今回はミリオネアctsvというリールの彫金です。

以前彫らせていただいたカルカッタコンクエストやアンタレスはシマノ社製ですが今回はダイワ社製のリールへの彫金です。

それではご覧ください。

目次

【彫金師のお仕事】リールの彫金カスタム、ミリオネアctsvへの彫金

こちらが今回彫らせていただいたミリオネアctsv、このブログではダイワ社製のリールの登場は初ですね。

今回も1.5倍彫りますよキャンペーンをご利用いただいてのご依頼です。

1.5倍彫りますよキャンペーンの内容についてはこちらの記事をご覧ください。

彫金オーダー1.5倍彫りますよキャンペーン実施!!

1.5倍彫りますよキャンペーンはデザイン完全お任せで基本的に「アラベスク模様(蔦が中心の植物模様)」か「アカンサス模様(葉っぱが中心の植物模様)」を彫らせていただいています。

今回採用したのは「アカンサス模様」、ちょっとバロック装飾っぽく彫ってみました。

繊細さに極振りをして彫っているため写真だとちょっとわかりにくいかもしれませんので動画を用意しました。

最後のパーミングカップの横を彫る前に取ったので一部写っていない模様がありますが、キャンペーン通りお値段に対して1.5倍の面積を彫らせていただきました。

ミリオネアctsvの縁の彫金模様
ミリオネアctsvの縁の彫金模様

\今ならデザイン料3万円無料/

オーダーを問い合わせる >

製品(リール)の強度に合わせた彫金

Twitterの動画を掲載した投稿にも書かせていただきましたが今回はリールの強度がそこまでなかったので深く彫ることが出来ませんでした。

繰り返す薄く彫っていく事で最終的に深い模様にすることも可能ですが工賃的に合わないことはやりません。

さらに言うとリールは彫金の後使用する前提のものなので「深く彫ったら著しく強度が下がってしまう」という事がわかっている以上無理に深く彫るようなことはしません。

リールの色味的にはガッツリ深く彫った方がかっこいいですけどね^^

分解してある状態であればガッチリと固定できるので深く力強い彫金画可能です。

もし他の方でミリオネアctsvを深く力強い模様で彫ってほしいという方がいらっしゃいましたら分解して送ってもらえれば対応させていただきます。

当然ですが他の製品でも強度を前提に彫金をする事はあります。

依頼主本人からの強い希望がない限り彫金後の破損の可能性がある彫り方は致しません。

ただ細心の注意を払って彫金しておりますが破損する可能性があることをご了承ください。

ご依頼の際の注意事項はキャンペーン内容と共に記載した記事を用意しております。

彫金オーダー1.5倍彫りますよキャンペーン実施!!

繊細な印象を持たせるときに少し模様を抜きます。

ミリオネアctsvの葉っぱ彫金模様
ミリオネアctsvの葉っぱ彫金模様

連続する模様をミッシリと彫っていくのが基本になる彫金装飾を行っています。

ただ繊細な印象のものを彫る時は意図的に模様に一部を抜くなどしてすっきりとした印象を持たせます。

他にも対照のモチーフを不ぞろいにすることもあります。

今回はそうする事で密集している模様をすっきりと見せるデザインにしています。

経年変化で模様自体がくっきりと見えるようになってきますが歯ブラシ(柔らかめ)などで模様の溝に詰まった汚れを掻き出していただければ意外と簡単にキレイになります。

彫ったばかりの時は周りの部分もキレイな状態なので「あまり模様が目立たない」と不満に思われる方もいるかもしれませんが使っていくうちに自分のリールとして成長してく様子を見ればそんな不満は掻き消えるのでご安心ください。

ミリオネアctsvの彫金模様
ミリオネアctsvの彫金模様

【彫金師のお仕事】リールの彫金カスタム、ミリオネアctsvへの彫金まとめ

今回はダイワ社製のリールへの彫金という事でミリオネアctsvへの彫金を紹介しました。

強度の関係もあり非常に繊細な彫金になりましたが一部は深く彫っているため日光の下で見ると模様が浮き上がって見えるように彫っています。

本当は全体をそんな感じで彫る予定だったんですが破損が怖かったので無理でしたね^^;

彫金のカスタムオーダーに興味をお持ちの方は下記ボタンからお気軽にお問合せください。

\今ならデザイン料3万円無料/

オーダーを問い合わせる >

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

上谷 俊介のアバター 上谷 俊介 彫金師

彫金萬代表、彫金ブランド「IMULTA」を運営しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる