MENU

ハンドメイド・彫金の目の疲れ対策に使っているヘッドルーペ3選

彫金で使用しているルーペ

細かい作業をしていると目が疲れやすくなります。

パソコンを使った仕事もあるのでもはや現代病とも言えますが、特に筆者は彫金という金属に模様を彫りこむ細かい作業を毎日しているので非常に目が疲れやすい環境にあります。

パソコンに関してはブルーライト用の眼鏡で対策していますが、今回は彫金の作業中に使っているヘッドルーペを紹介します。

使っていると使っていないでは目の疲れ具合が全く違うのでハンドメイドの作業中に目の疲れが気になる方はぜひご覧ください。

目次

細かい作業での視力低下対策にヘッドルーペは必須

細かい作業にヘッドルーペは必須です。

作業にいちいちルーペをするのはめんどくさいかもしれませんが筆者はルーペをめんどくさがった結果、視力がかなり低下してしまいました。(もともと両目とも視力2.0)

めんどくさがってルーペをしなかった結果20代後半ぐらいまではルーペがなくても問題ありませんでしたが、30代も後半のアラフォーになってくるとルーペなしだとあっという間に目が疲れます。

筆者は最近では緊張性頭痛まで出るようになったので、これまでルーペの使用をめんどくさがっている方は使用をオススメします。マジで。

ハンドメイドにオススメのヘッドルーペ3選

実際に色々とお使ってきた中でよかったものを紹介します。

ルーペによって焦点距離が違うので、どんな作業をするかによって使いやすい使いにくいは変わってきます。

焦点距離が近くても使いやすい眼鏡に装着するタイプのルーペ

お値段と使いやすさ的にお勧めなのがこちらのクリップ式のルーペ(拡大鏡)、ホームセンターなんかでも売ってます。

画像のものは5倍のルーペですが10倍のものもあるので作業によって使い分けてください。

作業する部分にかなり近づいても見やすい事と必要な時に眼鏡にサッとつけられるのでエプロンのポケットに常に入れていて、今回紹介する中では一番安くて気軽に使えます。

見た目はしょぼく感じるかもしれませんが、丸カンとパーツをつなげて製作するハンドメイドアクセサリーからしっかりとした彫金作業まで幅広く使えます。

セットのレンズによって倍率が変えられてライトもつくヘッドルーペ

倍率を自由に変えて細かい作業にも使えるヘッドルーペがこちら。

購入するとセットで倍率の違うレンズが何個かついてきます。

赤い部分に差し込んでレンズの組み合わせで倍率を変えて使用します。

非常に細かい作業にも使えるのでオススメですが、慣れないうちに一番倍率が高い組み合わせで使うとちょっと酔います。

また視界を照らすライトも付いているので「細かく見えるけどちょっと暗い。」という時も便利。

ワックスモデリングの場合ブルーワックスを使うと作業対象は当然青一色なので、細かい部分を造形していくと見えにくくなる時があるので作業面を照らせるライトがついていると非常に作業しやすくなります。

レンズのつけ直しや頭のサイズに合わせたベルトのサイズ変更が煩わしい方には向かないかもしれませんが、本当に細かい作業を長時間やるのであれば、最初の慣らす期間(酔ったり使いにくいと感じる期間)を覚悟してでも使ったほうがいいです。

高額で高性能な眼鏡型ルーペ ホークアイ

これは一般の方では絶対に使わないと思いますが、高性能なので紹介するのがホークアイシリーズのルーペです。

筆者が持っているのはもうちょっと安価なものですが、趣味のハンドメイドでここまでのルーペは必要ありません。

Amazonでは「医療従事者しか購入できません」などの表示が出ますが、彫金の工具屋に行くと普通に売っています。

値段もピンキリで1万円程度のものおあり、先に紹介した2種類のルーペに比べると非常に高価です。

どう違うかというと、細かいところまで見えるというのは当然ですが長時間使用しても目が疲れにくいというところが一番のポイントです。

理屈はよくわかりませんがホークアイを使用して酔ったことはありませんし、着けていて目が疲れる・頭が重いといった感覚になったことはありません。

やはり手術用の道具を作っているところは違いますね。

まとめ

ハンドメイドと言ってもどの程度細かい作業をするかはジャンルによってまちまちです。

筆者が行っているような彫金の作業の場合は、非常に細かい作業箇所を見つめ続けることになるのでルーペの使用をオススメします。

冒頭に書いた通り若いころに無頓着にしていたせいで現在視力が下がってしまったので、今現在ルーペを使用していない方は絶対に使いましょう。

目の疲れが云々の前に視力が低下してしまいますからね。

IMULTAでした。

彫金で使用しているルーペ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

上谷 俊介のアバター 上谷 俊介 彫金師

彫金萬代表、彫金ブランド「IMULTA」を運営しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる