彫金アクセサリーの作り方、ミルを打ったシルバーリングを作りましょう。

こんにちはIMULTA(イムルタ)彫金師の上谷です。

独学で彫金を始めてなんやかんや15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

 

今回は「読む彫金教室」です。

早速本題に行きましょう。

今回は彫金でミルを打ったシルバーリングを作っていきます。

今回作るシルバーリングがこちら。

<ボタニカル・ミルグレイン・リング>

ミルを打ってジルコニアを留めたシルバーリング
ミルを打ってジルコニアを留めたシルバーリング
ミルを打ってジルコニアを留めたシルバーリング着用写真
ミルを打ってジルコニアを留めたシルバーリング着用写真

 

ーミルグレインー

今回の指輪に限らず、アクセサリーのふちにポツポツをたくさん打った装飾一つ一つの玉を「ミル」と言います。

日本語で言うと「ミル打ち」という工程を、欧米では「ミルグレイン」と言います。

総じてポツポツが入った装飾自体をミルグレインと呼ぶようになっています。

 

【用意する道具】

  • 糸鋸
  • サイズ棒
  • ガスバーナー(大口、小口でも大丈夫)
  • フラックス(ホウ砂)
  • ディクセル(希硫酸)
  • 木槌
  • おたふく鎚
  • リューター
  • ラウンドビット
  • ヤスリ
  • バフ(磨くための道具です)
  • ミルタガネ
  • 毛彫りタガネ

大まかにこれらの道具が必要になります。

道具に関して詳しく知りたい方は別記事にまとめてあるのでご覧ください。

彫金で使う基本から専門的なものまで道具・工具を紹介。

彫金で使うリューターの先端工具

 

【材料】

  • 銀板
  • 銀ロウ(5分)
  • CZ(キュービックジルコニア各サイズ適量)

 

材料はシンプルにこれだけです。

彫金のアクセサリーを作り方をご案内

作り方を紹介するための一例としてこのリングを題材にしているだけなので、

絶対にこのデザインじゃないといけないなんて事はありません。

 

今回の作り方を応用して自分の好きなデザインのシルバーアクセサリーを作ってみてください。

多分できます。

 

切り出し

まずは銀板を用意します。

シルバーの板
シルバーの板

ご家庭のある一般的な銀板で問題ありません、厚さ2mmのものをご用意ください。

 

用意した銀板を切っていきますが、まずは大体のデザインを油性ペンで書き込みます。

今回はボタニカルなので植物系、葉っぱのデザインにしました^^

切り出す部分を書き出した銀板
切り出す部分を書き出した銀板

ここは本当に大体で大丈夫です。

作業中に消える前提なのでこだわらないようにしましょう、鉛筆で書き込む方もいますね。

糸鋸を使って気長に切っていきましょう。

彫金で糸鋸を使う時は高さを考える

 

イライラしてグイグイやるとすぐに糸鋸が折れます。

あまりギリギリを攻める(最終のデザインの形に切る)と

最初から作り直しになるので後で調整する余裕を持って切りましょう。

 

ちなみに最近はバローべというメーカーの刃をメインで使っています。

切り出した銀板
切り出した銀板

はい、切り出したのがこちらになりまーす、

ここから切った銀板を曲げていきます。

銀はそのままだと加工するにはそこそこ硬いので一度柔らかくします。

 

なまし

バーナーで熱してから水に入れて急冷すると柔らかくなります、

これを「なまし」と言います。

 

とはいえそこまでフニャフニャになるわけではありませんが加工しやすい状態になります^^

切り出したシルバーをガスバーナーで熱してなます
切り出したシルバーをガスバーナーで熱してなます
なました後にリングの形に成形する
なました後にリングの形に成形する

柔らかくした後にサイズ棒に沿わせて木槌でトンカン叩いてリングの形に丸めていきます。

彫金に使うハンマーについて書く

油断すると指を強打しますので気をつけましょう。^^;

「いやいや、そんなの見るからに叩きそうだから気をつけるでしょ??(笑)」

と思った方、その通りです。。。

ただこれが想像してる何倍も叩いちゃう…^^;

「アレ??指叩こうとしてたっけ??!!」

っていうぐらい叩いちゃう(泣)

もしやる方は気をつけてください、めちゃ痛いです。。

彫金にケガは付き物ですができるだけケガをしないように気をつけましょう。

工程によっては結構深刻なケガになります。

ケガとは切っても切れない彫金作業での痛かったエピソードまとめ

ロウ付け

 

成形後ロウ付けしたシルバーリング
成形後ロウ付けしたシルバーリング
ロウ付け後石を留める穴の位置の印を付けたシルバーリング
ロウ付け後石を留める穴の位置の印を付けたシルバーリング

 

ロウ付けという火を使って金属を接着する技法を使います。

当然火を使うので火事の危険性があるので、行う時は自己責任でお願いします。

万が一火事を起こしても筆者(上谷)とIMULTAとその関係者は一切の責任を負いません。

彫金のロウ付けのやり方、安全対策と道具の紹介

彫金のロウ付けのやり方、実践・作業のコツ編

ロウ付けの工程を紹介する時は毎回書いているのでいつも見ていただいている方は「またか…。」って感じかもしれませんが

雑にやると本当に火事になります。

皿もみ

写真の時点で多少磨いてます、この後CZ(キュービックジルコニア)を留めていくので油性ペンでおおまかに印をつけてます。

ここもザックリ当たりを付けます、

デザインによってはきっちりと測って当たりを付けていくこともありますが今回は大体です。

印を付けた部分に穴を開け始めたシルバーリング
印を付けた部分に穴を開け始めたシルバーリング

先端の丸いドリルを使って軽く印を付けてからゴリゴリと穴を空けていきます。

これを「皿もみ」と言います。

宝石を入れる穴をあける作業です。

深さを確認しながらジルコニアを入れたり出したりするのでかなり慎重で時間のかかる工程です。

ここは時間をかける前提で作業します、ルーペ覗いて宝石の向きを確認したり、

同じ作業を何回も何回も繰り返します。

仕上がりに大きな差が出ますのでここはしっかりと確認してください^^

ひとつひとつ穴を確認して「皿もみ」が完了したら

いよいよジルコニアを入れていきます。

「石留め」

ジルコニアを穴に入れたらしっかりと留めていきます。

石の留め方は色々ありますが今回はミルグレインをしますので簡単な留め方をしました。

IMULTA彫金師の毛彫タガネ彫り方練習その3、爪を立てる〜109

 

石を留めたら最後にミル(魚子)を全体に敷き詰めるように打っていきます。

 

ミルを打つ

石を留める時も使うのですが「魚子タガネ」という道具でポツポツをひとつひとつ打っていきます。

機械でやっていると思っている方が多いですが全て手作業です^^;

玉と玉が重ならないように丁寧に打っていきましょう。

IMULTA彫金師の魚子タガネ打ち方指南その1〜101

 

写真だとちょっとわかりづらいですかね…f^^;

以上で完成です。

まとめ

今回のシルバーリングは基本的な作り方に加えて

石留やミルグレインなどのちょっと応用編の作り方がプラスされています。

それに伴い必要な工具が増えていますが興味のある方の参考になれば幸いです。

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

 

彫金を施したスターリングシルバーのzippo
彫金を施したスターリングシルバーのzippo

彫金のお仕事のオーダーもお待ちしております。

IMULTAへのお問い合わせ

ショップはこちら

彫金のお問い合わせはこちら

 

工房の写真

こんにちはIMULTAの上谷です。 デザフェスからしばらく経ちましてどうにか腰痛も治まってきてくれました^ ^。シンドカッタ… 腰痛を筋トレと低周波治療器でごまかしつつ働く彫金師の継戦能力の源 今回は彫金をやっててやらかした失敗エピソードです。基本 […]

NO IMAGE

こんにちはIMULTAの彫金師上谷です。   イベントで質問を受けたので今回は金槌とか木槌などのハンマーについて書きます。 あくまで私のが個人的に経験した内容になりますので参考程度にお読みください。 それでは始まり始まり~

透かし彫りシルバーピアス

こんにちはIMULTAの上谷です。 屋号は彫金萬(ちょうきんよろず)です。 彫りのお仕事を受ける時は屋号でお仕事しております。 最近テレビで暖かくなりますよーなんて言って最低気温が大体5度以下なんで全然暖かくならないですね。 今回のブログはちょっとし […]

ティアラ製作過程、ロウ付け前

こんにちは毎度おなじみIMULTA(イムルタ)の上谷です。 このブログで彫金のハウツー・やり方について書いてます。 今回は彫金をやってて躓いた、初め出来なかったポイントと解決のコツについて書いていきます。 では始まり始まり~

腰痛改善グッズ

こんにちはIMULTA(イムルタ)の上谷です。 独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。 今回は腰痛持ちの私が仕事をしていくうえで欠かすことのできない回復アイテムを紹介しま […]

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。