MENU

リューターを使ってシルバーアクセサリーをしっかり磨く方法

こんにちはIMULTAの上谷です。

彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

 

今回はシルバーアクセサリー・ジュエリーをしっかりと磨きたい人向けのお話です。

シルバーアクセサリーをお手入れするうえでの簡単な知識も紹介しますが、機械工具(リューター)を使ったかなり本格的な内容で、私が行っている彫金の作業を例に説明していきます。

ハンドメイドで製作したものを本格的に磨きたい方などに非常に役に立つ内容になっています。

後半は手作業で磨く際に使用する道具などを紹介しています。

 

目次

シルバーアクセサリーをしっかり磨く方法と簡単なお手入れの知識

簡単な概要として前半は本格的な貴金属の磨き(研磨)について、後半がシルバーアクセサリーを気軽に磨く時に使う道具などの紹介です。

【研磨】

文字の通りですが商品を仕上げる時、

または商品の工程ごとに研磨(研ぎ上げる・磨き上げる工程)が入ります。

 

彫金の工程は

  1. 板状の金属から糸鋸で切り出す。
  2. 切り出した複数のパーツをロウ付けする。
  3. ヤスリなどで形を整える。
  4. 研磨する。(磨く)

宝石を留めたり彫ったりとなるとこれ以外にもいろいろ入りますが、シンプルに言うと大体こんな感じ^^

今回は④「研磨(磨き)」について書きます。

 

シルバーなど貴金属を研磨するとなると結構な圧力と熱を加えます。

磨き具合はデザインによってまちまち。

仕事は何でも一生懸命やることは大事ですが、宝飾品に関しては何でもかんでもピッカピカに磨けばいいというわけではなく程々に磨いて整えることも多々あります。

というか無駄に頑張ると磨く時の熱で歪みます。

 

※特に新品の工具(バフ)を使うとまだ表面に研磨剤が馴染んでいないので磨く工程なのに表面が目に見えて荒れたり削れたりします。

 

適した研磨剤とバフを選んで手早く磨くのがオススメです。

長時間シルバーアクセサリーがカンカンに熱を持つまで磨くのは適切な作業が出来ていないという事になります。

 

基本的に鏡面磨きに関しては適切な研磨剤を使って、しっかりと圧をかけて磨くことで表面の凹凸がなくなり

鏡のような美しさが備わります。

 

シルバーアクセサリーの磨き(研磨)で使う工具

では研磨に使う工具を紹介していきます。

先端工具とリューター

研磨用先端工具タンポポ

研磨用先端工具タンポポ

↑画像の先端工具が研磨するときに使う先端工具です。

 

写真2枚目の左が新品の状態、右が研磨剤を使って結構使った後です。

 

正式名称はソフトフェルトだったと思いますが、誰かが「タンポポ」と呼んでたのが気に入ったので私も「タンポポ」と呼んでいます。

最終仕上げで使う先端工具です。工具屋でも「タンポポポイント」と商品名に表記しているところもありますよ^^

 

ちなみに磨くための先端工具は山ほどあるので別の記事も参考にしてください。

アクセサリー作りに便利!!彫金のシリコンポイント

先端工具はどれもリューターの先に付け替えて使います

 

↑リューターというのはこの電動工具です.

仕事で彫金をやる人は絶対にリューター持ってます。

 

これは大体4万円ぐらいです。

ちゃんと磨くとなったらこのレベルのリューターが最低ラインになります。

 

研磨剤

続いては磨く時に使う研磨剤についてです^^

先に紹介したタンポポポイントが「歯ブラシ」だとしたら研磨剤は「歯磨き粉」です。

ちなみに歯磨き粉にも研磨剤入ってます。歯磨き粉の裏面とか見たら書いてありますよ。(※清掃剤と書かれている場合もあります。)

 

 

研磨剤の種類

研磨剤はホームセンターにも売っている青棒とか白棒とか呼ばれる研磨剤を使います。ユニディってホームセンターにはあります、他は知らない。

他にもテリーナ(紫棒)という研磨剤もあって磨く金属によって使い分けます。あくまで個人的な意見ですが赤棒というのもありますが私はあまり使わない。

 

研磨剤の種類で何が違うのか?

答、含まれている油分が違います。油分の少ないものの方が「磨く」より「削る」に近くなります。

 

 

シルバーや真鍮、ゴールドだったら青棒で大丈夫です。

 

ジュエリーなどと違って実用品(zippoとか)は鏡面で磨くと細かい傷が目立つ仕上がりになるのでザックリと白棒で磨いて終わらせたりもします。

 

YouTubeで青棒を使ってグラインダーで包丁をピカピカにしてる人もいますが感覚的には同じです。

包丁と違って華奢なものを磨くのであんまりグリグリ磨けないですけどね。

↑普通にネットでも売ってます。

 

研磨剤は他にもトリポリ(表面を削り落とすように使う研磨剤。鋳造後の湯肌を取るために使用します。)という名称のものなど色んな種類があるので興味のある方は調べてみても面白いかもしれません。

工具屋さんでオススメを聞くと色んな研磨剤を紹介してくれますが基本は青棒or白棒になります。

 

熱を加えて磨く時に出てくる膜

鏡面に磨く際にガッツリ熱を与えて加工したものは表面に曇りのような膜が出てきます。

私が普段製作に使っている素材のシルバー925は合金ですので、研磨していく中で輝きの邪魔となる膜が浮いてきます。

鏡面磨きの際はこれを全てキレイに磨き落とします。

ヤスリとかキサゲで削り落してもOK、ただちょっと形変わっちゃうけど。

製作の途中で火を当てるとどうしても出ちゃうのでしょうがないですね。

 

研磨をする前に表面をロールサンダー(紙やすり)などで大目に削っておくと出ないです。

これを磨き落とした磨きたての銀はプラチナにも劣らない輝きを備えたジュエリーになります。

 

ちょっとした洋服屋さんのレジになんとなく置いてある、手入れをしてないシルバーアクセサリーしか見たことない方はびっくりすると思います。是非一度専門店でご覧ください。

 

仕上げはピカピカに磨き上げるだけではなく、梨地(なしじ)仕上げといったように表面の模様が見やすいように程よく荒らしている仕上げもあり、和柄の模様なんかの彫り込まれた商品に多い仕上げです。

鏨(タガネ、金属用の彫刻刀です)で彫り上げた表面は凹凸がないので基本的にそこまで汚れません。

なので

買ってからしばらくすると、彫ってない表面がくすんでいく中で輝きをキープしているので模様が際立って輝くようになります。買ったら注目してみると面白いですよ^^

 

・あわせて読むと便利

彫金で先端工具と研磨剤を無駄遣いしないために

磨きで表面を軽く落としておくと膜が出ないので研磨剤の無駄遣いをせずに済みます。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

シルバーアクセサリーをお手入れで磨く

自分で軽く磨きたい時は市販の磨き布で軽く磨きましょう^^

それだけでもだいぶ違います。

↑これがオススメ。ホームセンターなどで販売されているものと比べると値段が高いだけあって品質がしっかりしています。

 

↑この商品は沈めるだけで汚れが取れるので手軽く使えますが、宝石がついていると使えない場合もあるので(シルバー用のものは宝石に対して使用不可です。)対応していない宝石などについては商品ページを熟読するなりメーカーに問い合わせるなり東急ハンズなどで実物を凝視するなりしっかり確認してください^^

 

シルバーアクセサリーに使用する場合も「10秒以上は浸けないでください。」と注意書きがされているので気を付けましょう、私も10秒以上浸けたことはないのでどうなるかは知りません。

あとニオイが結構きついので使用する時はしっかりと換気しましょう。

 

 

アクセサリー・ジュエリーの洗浄

研磨とはちょっと違いますが洗浄も大事です。

彫金師が仕事で洗浄に使う物は専用の薬剤と超音波洗浄機、イオン洗浄機などになります。

 

超音波洗浄機はメガネ屋さんの前に置いてあるような機械の強力なタイプですが、宝石(エメラルドなど)によっては割れるので弱いパワーのものも使用します。

 

 

ちょっとこだわってみたい方は、少し手をかけてみると見違えるほどキレイになりますよ。

ぬるま湯で汚れを軽く浮かした後に歯ブラシで軽くこするだけでも結構汚れは落ちます。

※歯磨き粉にも研磨剤は入っているので歯磨き粉もお掃除には使えます。

ジュエリーにつく汚れは基本的に油分なので、油汚れを落とす感覚で洗ってあげるといい感じになります。

 

シルバーアクセサリーの簡単なお手入れに関してはこちらの記事をご覧ください。

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

 

IMULTAショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAの公式ストアで見る >

 

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

↑私は普段このように金属に模様を彫り入れるオーダーも承っています。

オーダーをご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

オーダーを問い合わせる >

 

彫金関係の工具はAmazonプライムに入っておくとポイントや配送の面で非常に便利なので入っておきましょう。

Amazonプライム無料体験を申し込む >

 

各種ソーシャルリンク

SNSのフォローはこちらからお願いします。

\FOLLOW ME/

Twitterをフォローする

Instagramをフォローする

IMULTAのYoutubeを観る

この記事を書いた人

こんにちは彫金のやり方などを紹介するニッチなブログを書いています。

古くは奈良時代からある伝統技法ですが今では「彫金」という言葉を知っている方も減ってきているので少しでも普及に役立ちたいと思い情報を発信しています。

独学で始めたころは本当に手探りでどんな道具を使っていいかも勘で購入していましたが、現在では仕事にするまでになり自分なりに知識とノウハウの蓄積があります。

このブログを通して少しでも彫金を身近に感じれたり、これから彫金を始める方の参考になれば幸いです。

【上谷について】
8年間の彫金の下積みを経て2016年3月15日に独立しました。
屋号は「彫金萬」、「ちょうきんよろず」と読みます。
個人や企業からのオーダーを受けてお手元の金属製品に彫金を施すお仕事も受け付けています。

現在はジュエリーブランド「IMULTA(イムルタ)」で製作したオリジナルのジュエリーの販売しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる