MENU

着ける指によって変わるリングの意味。それぞれの指輪を付けた時の意味を紹介。

こんにちは彫金師の上谷です。

どのパワーストーンを使うかによって石の力や意味合いが変わってくるように、指輪をどの指にするかによって意味合いが変わってきます。

結婚指輪や婚約指輪を薬指にするように他の指にもそれぞれ意味があるので紹介したいと思います。

今では男性でもファッションとして指輪をする方が多いので女性だけではなく、

これからシルバーやゴールドで指輪を購入しようか検討されている方の参考になれば幸いです。

目次

着ける指によって変わるリングの意味。それぞれの指輪を付けた時の意味を紹介。

指輪をする意味合いというのは右手か左手かによっても意味合いが変わってきます。

・左手に指輪を付けた時の効果

潜在意識を示す右脳と直結している左手は直観力や本能、ストレスの解消に効果があると言われます。

また直観力の向上からインスピレーションを高めます。

・右手に指輪を付けた時の効果

計算や分析力を示す左脳と直結している右手は行動力や活力に効果を示します。

また運気が右手から入って左手に抜けていくので、運気の流出を止めるために左手に指輪をした方が良いという考え方もあります。

ただ「何本つけなくてはいけない。」や「この指にしなくてはいけない。」といった厳密な掟のようなものはありません。

個人的にはあくまでおまじないとして、着ける時の気分の後押しや購入の際の一つの検討要素としてフワッと考えていただくのが一番だと考えています。

ではそれぞれの指にリングをする時の意味合いを紹介していきましょう。

親指にリングをする意味、成功やリーダーシップを後押しする。

親指にリングをするのはあまり一般的ではないかもしれませんが、たまにこだわって着けている男性の方などいらっしゃいますね。

英語で「サムリング」。

古代ローマでは「幸運の指」と言われ、権力者が権威を示すために親指にリングをはめることを好み、婚約指輪以外はこの指にしました。

左手の親指。

本能を高める左手の場合、親指は目標達成のための石を高めると言われおりサクセスチャンスを招きます。

夢を与える後押しになり、行動力を高めてくれます。

右手の親指

リーダーシップを発揮する後押しになり、権威を高めてくれると言います。

人差し指にリングをする意味。意志を高めて人を導く

聖職者が好んで指輪を付ける指とされており、ものを指し示す指である人差し指(インデックスフィンガー)にするのでインデックスリングと呼ばれます。

左手の人差し指

人を導く力を高めます。

また積極性を高めてチャンスを呼び込む指ともいわれおり親指と似たような効果があります。

普段するファッション的に親指にリングをはめるのがためらわれる人は人差し指にするといいでしょう。

右手の人差し指

意志を強めて自立心を養う効果があります。

左手と少し意味合いが一緒になりますが、指導力を高める力があり高まった自立心をもとに決断力がつくとも言われます。

また発信力・アピール力が高まるともいわれるので、何か自己をアピールした方はお守り代わりにしてみると行動の後押しになるかもしれません。

よく動かす人差し指は着け心地を考えてリングをつけましょう。

利き手の人差し指は太くなりやすいので細めのデザインのリングをするのがオススメ。

オーダーする時は自分の骨格に合った形のリングにしてもらえるよう相談しましょう。

自分で仕事や作業を全くしないのであれば問題ありませんが、良く動かす指なので指馴染み(着け心地)で失敗するとストレスを感じやすい指です。

中指にリングをする意味。インスピレーションを高める。

中指はトラブルを防ぎ、向上心を高める力を持っており、中指にするリングは「ミドルリング」と呼ばれます。

また魔除けの指ともいわれいるので邪気払いして悪縁を遠ざけるとも考えられています。

左手の中指

コミュニケーション能力を高めることで周りの人間関係を円滑にする力があると言われます。

右手の中指

インスピレーションとその人の持つ魅力を高めます。

また金運や仕事運の向上に効果を発揮すると考えられています。

大きい宝石を使った指輪や重ねづけなど遊びが効く中指。

中指は手の中心にあることもあり大きな石が留まっているリングをしてもバランスがおかしくならず、よく動かす指の割にはゴツ目のリングをしても手の動きをそれほど妨げません。

細めのデザインを選べば2~4本のリングの重ね付けも出来るので五本の指の中で一番選択の幅が多い指です。

インパクトのある指輪をするのであれば中指がオススメ。

薬指にリングをする意味。愛情を高めて心穏やかに過ごす。

薬指を「リングフィンガー」と呼ぶようにリングをするための指です。

薬指は心臓から血管がつながっているという考えから重要なマリッジリングなどをする指とされています。

また創造を司るともされているので中指と同じようにクリエイティブな一面があります。

エンゲージリングは古代ローマの時代に男性が「財産を任せる」という意味で女性に贈った指輪錠(指輪の形をした鍵)が由来となっています。

左手の薬指

愛情を深める。家族運を高める。

右手の薬指

心を落ち着けて直感や独創性を高める。

親密さを高める指ともいわれます。

小指にリングをする意味。身を守ってチャンスを広げて願いをかなえる。

小指にする指輪はピンキーリングでお馴染み。

お守りとしてピンキーリングをしている方も多いと思います。

チャンスを引き込む力があるので「邪気から身を守るお守り」ではなく「幸運のお守り」ですね。

左手の小指

小指の場合は読む本によって書いてあることが真逆になっていることもあるのですが、

左手の小指はチャンスを広げて願いをかなえる力があると言われています。

右手の小指

自己表現の力を高めると言われ、つけている人の魅力を引き出してくれる指です。

意外とぶつけることが多い指なのでで宝石が出っ張っているリングは注意が必要。

ピンキーリングは着けやすさと華奢なデザインの可愛さから人気の高いリングです。

ただ日常生活の中で壁やテーブルなど周りにぶつけることが多い部分でもあるので、宝石やデザインが出っ張っているリングは注意が必要です。

特に起毛した服に引っ掛けるようなことも少なくないので、細身のものは変形してしまう可能性があります。

着ける指によって変わるリングの意味。まとめ

それぞれの指によってリングの効果が変わってきます。

しかし同じような効果を持っている指もあるので、自分のファッションに合わせて購入する指輪を選ぶのが一番いいと思います。

さらに言うと人差し指と親指のように似た意味を持っている指に着けるとおまじないパワーが増しそうですね。

今後指輪を購入する時の参考になれば幸いです。

IMULTAでした。

購入したシルバーアクセサリーのお手入れはこちらをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

上谷 俊介のアバター 上谷 俊介 彫金師

彫金萬代表、彫金ブランド「IMULTA」を運営しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる