MENU

瓶ビール派もハマるかも、アサヒジョッキ缶が従来の缶ビールと違うポイント

アサヒジョッキ缶

話題のアサヒのジョッキ缶を飲んでみたので久しぶりにお酒の記事を書いてます。

「缶の飲み口が違うだけでなのが違うねん。」という感じがあると思うので今回は今までの本麒麟などの缶との違いと今までよく飲んでいた本麒麟などとの違いについて書いていきます。

目次

今までの缶ビールとの飲み口の違い。

アサヒジョッキ缶
アサヒジョッキ缶

2021年の4月6日からコンビニでの試験販売が始まったアサヒのジョッキ缶。

かなり前にWBSで紹介されていたので「まだ販売開始してなかったんだ。」という感じでした。

話題にもなっていたので今回買ってみました。

とりあえず今までの缶ビールの飲み口と何が違うのか確かめてみました。

香りを感じやすいので実際にジョッキで飲んでいる感じになる。

アサヒジョッキ缶
アサヒジョッキ缶

画像のように缶を開けたら泡が上がってくるアサヒのジョッキ缶。

個人的には泡が盛り上がってくることよりも飲み口が大きいおかげで香りが鼻に入ってきやすいのがポイントです。

居酒屋なんかで生中を頼んでビールを飲むときはジョッキを持ち上げた時に鼻がジョッキの中に入るのでビールの香りをよく感じます。

今回販売されたジョッキ缶は従来の缶ビールと違い飲み口が広く香りが入ってきやすいので同じ感覚で飲みことができます。

おそらく販売元のアサヒが居酒屋感覚で飲めるといっているのはこの感覚のことを言っているのでしょう。

瓶ビール派にもウケるかも?

筆者も普段缶ビールを飲みますが基本的にグラスに移して飲んでいます。

従来の缶ビールの飲み口の場合、缶ビールを持ち上げて飲むとき鼻の近くに缶の上蓋が来るので缶のにおいが少し気になるからです。

飲む量の調整がしやすいなど色々と理由があるかもしれませんが、同じ理由で瓶ビールを選んでいる人であれば、アサヒジョッキ缶を飲んで好感を持つかもしれません。

缶の切り口でケガをしないようになっている設計と吹き上がらないようにする注意。

缶の側面にも書いてありますが12℃以下でちゃんと冷やさないと開けた時に吹き上がります。

缶に口をつける部分が少し深くなっているので缶を開けたフチの部分で口を切るようなことはありません。

ジョッキ缶の味

味は軽め。香りを強く感じる設計になっているからか味自体は軽く感じます。

値段的にもコンビニ(セブンイレブン)で198円だったので本麒麟やアサヒ・ザ・リッチなどのクラスの発泡酒、本麒麟に比べると軽い口当たりなので物足りなく感じる人もいるかもしれません。

重くないので運動後にぐっと飲むようなシチュエーションに合うはずです。

しかし鼻からしっかりとアルコールの香りを感じるので意外と酔いが回ります。

転売されているものを買う必要はない

そもそも免許がない人間が酒の販売しては駄目じゃなかったっけ?(昔こち亀でやってた。)

国税庁のHPで解説されているのでご覧ください。

アサヒは注文が殺到したので出荷を停止したとのことですが「売り切れになっているわけではない」ので転売されているものを買う必要はありません。

近くのコンビニに行けば山ほど売っています。

ゴミが増えないようにマナーを守りましょう。

リサイクルに使ってもらえるように缶にも捨て方が記載されているものの、物理的に缶の上蓋と缶が分かれるので花見などで持ち込まれた場合ポイ捨てのゴミが増えると思います。

家で飲んでいる時は大して気にならないので、屋外で飲む人は気を付けましょう。

今回飲んでみて非常に飲みやすく、値段的にも常飲できるいい商品だと思ったので変なことで販売停止にならないことを祈っています。

IMULTAでした。

アサヒジョッキ缶

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

上谷 俊介のアバター 上谷 俊介 彫金師

彫金萬代表、彫金ブランド「IMULTA」を運営しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる