メアンドロス柄

ファッションの流行は何年か周期で繰り返すそうですね。

こんにちはIMULTA(イムルタ)代表彫金師の上谷です。

毎日を過ごしていく中でブログのネタが尽きるのではないかと心配をしていましたが、意外とそんなトラブルもなくいい意味で拍子抜けしております。

 

最近のことで言いますと何周年記念というようなイベントが身近でありました。

何か特別なお祝いをするのも大事ですが「○○周年だね~。」と言えるまで月日を重ねられたことにただただ感謝を感じております。

ありがたいことに最近忙しくさせていただいておりますので特別なお祝いというのは日を変えてしたいと思っておりますが、このような事をブログにかけるのもひとえに皆様のおかげでございます。

ありがとうございます、心より感謝申し上げます。

 

さて硬い感じの書き出して始まってしまいましたが今回もお気楽に明日のクラフトビールパーティーで披露する為のワンポイント豆知識を提供します。

今回はファッションの模様、元々は建築の装飾模様

~メアンドロス柄~

このメアンドロス柄ですが、この名前だとピンと来ない方もいると思います。

%e3%83%a1%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ad%e3%82%b9%e6%9f%84

↑この模様です。

最近のファッションでメアンドロス柄を始めとした幾何学模様がトレンドとなっているそうです。

ファッションじゃなくてどこかで見たな~??という方。

そう、ラーメンの丼のふちの模様です^^

元々は古代ギリシャの装飾模様の一つで、名前の由来は現在のトルコの近くにある「メアンデレス川」からきていると言われています。呼び方はメアンドロス・メアンダーと様々です。

日本にも昔からある模様で「雷文」「卍つなぎ」という名前もあります。登場しているの着物の小紋(模様)からなのでどこかで日本に入ってきたのかもしれませんね^^

どうですか?これを聞くとラーメンの丼がどんどんおしゃれに思えてきたでしょう?

…そうですか、まだ所詮はラーメンの丼模様とお思いですか。

ではこれを聞いても心揺れませんか?

ラフォーレ原宿にある〇ィ〇ィアン・〇エ〇トウ〇ド(勝手に名前を載せたら怒られるかもしれないから伏せます)の外観を飾っているのもメアンドロス模様ですよ!!!

そうですか!ラーメンが食べたくなってきましたか!!いってらっしゃい!!

第一線のブランドが取り入れているくらいなのでやはり今のトレンドなんでしょう。2016年11月16日投稿

IMULTAの取り入れている模様

そもそもウチ(IMULTA)が彫金でシルバーなどに彫りこんでいるリーフ模様は

元々古代ギリシャからあるアカンサス(わかりやすく言うとヨモギの葉っぱ)などの模様のアレンジなのでかなり伝統的なものと言えます。

ペイズリー柄なんかも昔から刷新されて使われてますよね。

特に現代では「これはオリジナルの柄だよ!」と言い切れるものはあまりないかもしれません。

10何年前にちょっと流行ったグラフティ風のデザイン以降特に出てないんじゃないんですかね?

とはいえ私は古風な昔ながらの模様に惹かれるので伝統的な和柄も結構彫っています。

和柄でも相変わらず植物模様ばかり彫っています(笑)

 

ゴルフクラブ彫金
ゴルフクラブ彫金

ゴルフクラブの彫金で彫っている模様も極端なことを言えば「唐草模様」の変形なので

デザインの構成はオリジナルですが、昔ながらの模様とも言えます。

 

一時的にトレンドを外れるモチーフは当然ありますが、

神殿装飾や寺社仏閣の装飾はどこの国でも文化の根っこにあるものなので

なんやかんやアレンジされて復活します。

IMULTAではそういったものも率先して用いて伝統柄でもどこか新しいものに感じていただけるように

彫らせていただきます。

メアンドロス柄
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。