バフ

保管上手は彫金上手?作業効率を維持するには下準備から

こんにちはIMULTA(イムルタ)の上谷です。

独学で彫金を始めてなんやかんや15年たちまして現在はIMULTAという自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

今日は彫金に関しての道具の保管に関してです。

さくっと書いていきましょう。

彫金工具の保管

まずは結論から

特に金属製の工具は水気を取って、空気の流れを遮断してからしまっておきましょう。

工具は基本的に木製か金属製です。

分かりやすく言うと水に濡れてびしょびしょの状態でしまっておくとあっという間に劣化します。

(わかりやすく極端に言ってるだけです。)

使い終わったらシッカリと水気を取りましょう。

 

さらに「濡れてないからいいや~。」って感じで汚れた状態で置きっぱなしにしていると

酸化して錆びたりもしますので軽く拭くぐらいはした方がいいです^^

このブログでは常々切削油としてラスペネをオススメしていますが、ラスペネは元々錆び取り・防錆油なので

錆びてしまった場合はラスペネで拭くのも効果的です。

工具の手入れだけではなくてドアの錆び取りなど日常生活でも使ってますが

容量がたっぷりあるので使い終わる未来が見えないですね。

 

メンドクサイかもしれませんが工具の細かい隙間の汚れや目詰まりを軽く掃除しておくだけで

作業もやりやすいので細かい部分はブロアーも使ってキレイにしておきましょう。

↑ダイソーでも売ってるのでこんな立派なやつじゃなくて大丈夫です。

とりあえずこの二つを用意して水気と細かな汚れを掃除すればいい感じに保管できます。

興味のある方は続きをご覧ください。

彫金工具の基本的な片付け&お手入れ方法

工具はいつもキレイに片付けておきたいものですが中々そうもいかないので

私の中の優先順位で説明します。

第1位 デカイ工具

1位がでかい工具なので第2位が中ぐらいの工具、第3位が小さい工具です。

ちなみにでかい工具に機械工具の本体は含まないものとします。

 

まずでかい工具は片付けると片付いた実感があるので優先して片付けます。

ハンマー系

木槌金槌ゴムハンマー。

 

これらは引き出しに突っ込むか作業的に関係するものと一緒にまとめておきます。

一時期机の横にフックを付けて引っ掛けていた時期もありましたが、作業中に私自身がフックに引っかかってケガをしたことがあるので基本的に良く使う木槌とゴムハンマーは机の引き出しに入っています。

模様を彫る彫金で使うおたふく槌は使用頻度が非常に高いので片付ける必要もなく基本的に机の上に置いてあります。

とりあえずハンマー系統を片付けると片付いた感じが出るのでまず最初に手をつけます。

 

金槌もほったらかしにすると錆が出たりするのでラスペネや重曹でお手入れしたりもしますが、

私はそこまで本数を持っていないせいか他の彫金師の方が言うほど金槌を錆びさせたことがありません。

それぞれの金槌を結構全部ほどほどに使っているので、錆が出にくいのかもしれませんね。

たまにお手入れでラスペネで軽く拭くぐらいです。

使用頻度が低い場合は先端だけチャック袋に入れて空気の流れを遮断してやるといいと思います。

 

ハンマーと一緒に使う系

サイズ棒とか金床とかハンマー作業に属するものはこの時にまとめて片付けます。

金床とかサイコロ玉台とかは散らかしておくと指をガッとやって痛い目を見るのでちゃんとか付けておきましょう。私は横着したせいで指の爪がはg…、、しばらく超痛かった。

↑サイコロ玉台ってこういうの、矢坊主っていう工具で叩くときに使います。あまり大きくないので適当にそこらへんに転がしておくと痛い目にあいます。角がピンピンに尖ってるのでアンラッキーな踏み方をすると薄いスリッパを貫通してきます。気を付けて。

どのぐらい痛いかというと大人がしばらく立ち上がれなくなるぐらい痛い。

…苦手でなければ油断するとこんなケガをするというのをまとめているのでご覧ください…。

ケガとは切っても切れない彫金作業での痛かったエピソードまとめ

 

 

↑これが矢坊主という工具で平らな板を叩いて湾曲させるための工具です。

先に紹介したサイコロ玉台とセットで使われることが多いです。

あとは当て金代わりにしたりもします。

画像の通りセットで買うので本数が多いうえに結構なスピードで錆びます。

買った時は変な布箱かプラスチックの箱に入ってたりするんですが(私は布箱に入ってるやつを買いました。)、あっという間に錆びます。

油で保護するか防錆紙にを内側に貼った箱(自作)にすぐ移した方がいいです。

この矢坊主は先端を鏡面に磨いて仕上げておくと叩いた金属側を凹ませるだけで傷が入らなくなるので、

仕上げるのに使う矢坊主(決め矢坊主)を何本か決めて鏡面磨きにしておくとめちゃくちゃ便利です。

 

過去にTwitterかなんかで鎚目のリングを作って最後に窪んでるところを磨くのをどうやっているか聞かれた時に

これをお答えしました。

いざ汚れたのを磨いてくれと言われたらバレル研磨機ですね。

もしくは柔らかいブラシポインター。メチャメチャ汚れを浮かせて取ってから磨きます。

 

 

ハンマー系は水気で汚れたりするタイミングがありませんし、使用頻度が高いので錆びたりはしませんが一仕事終えた後は「終わった~。」感を出しながら拭いています。多分意味はない。

ゴリゴリに錆びた場合は重曹とコットンを使って錆を吸い上げて除去した後に、洗車用のカーコンパウンドで磨いて保護膜を作っておけばきれいな状態で保管できます。

さらに長期間使用せずに保管しておきたい人はチャック袋に入れるなり油紙で包んで保管するなりしましょう。

ただ近年では油紙の保管は一般的ではないので防錆紙を使うのがいいと思います。

楽天とかで普通に売ってますよ。

 

第2位 中くらい大きさの工具

続いてヤスリ

ヤスリはマイクロやすりとか様々あります。

作業を一通り終えるとでかいのから細かいのでまで結構満遍なく使うので意外と散らかります。

マイクロヤスリなんて適当に放置しておくと本気で見つからなくなるので一々片付けたほうがいいです。

ヤスリも安くはないですからね。

私が使っているのは100均のDAISOでかったペン立て。

絶妙なサイズ感で片付けられます。

金属工具は基本的にキレイに拭いて使えば片付けておけば大丈夫です。

私は油で拭いたり山羊の毛のブラシで詰まった汚れを掻き出したりもしています。

 

ヤットコ・成形プライヤー

他にも中くらいのものというとヤットコや成形プライヤーなどがありますが基本的に錆びたりしないので(ヤットコ錆びるってどんだけほっといたん?って感じです。)

ただこれは私だけかもしれませんが、使用頻度が結構高いので作業途中どこ行ったか分からなくなる時があるんですよね~^^;

そういったトラブルもあるので定位置になる箱のつめといた方がいいですね。

成形プライヤーは高くて傷が入ると使い物にならなくなるので付属の袋に必ず入れましょう。

第3位 細かい工具

これは小さいものを全般的に指します。

代表的なものはリューターの先端工具全般。

先端工具は整理整頓しておかないと大体どっかいきます。

そんな時に効果的なのがこちら。


発泡スチロールを利用した先端工具スタンドです。これはスーパーオススメです。

市販のものもあるのでキレイなのが欲しい方は市販品でどうぞ。

↑過去のミゼットバフ登場回はこちら。

「いやいや、錆び取りはラスペネちゃうんかーいwww」ってからもいらっしゃると思いますが、

先端工具はキレイにしたマンドレール部分をリューターのハンドピース部分に差し込んで使うので

万が一錆が再発して油と固着するとマズいので先端工具のマンドレール部分は重曹で錆び取りしてお掃除してます。

 

番外編 糸鋸の刃

糸鋸の刃は専用の入れ物があるんですが意外と入らないのと太さで分けたり

バローべだスーパーパイクだと会社別に分けたりすると入れ物代だけで結構出費がかさみます。

基本的にいい感じのサイズ感のものを流用しています。

700円ちょっとして結構いいお値段。

なので私はDAISOで買ったお箸のケースを使ってます。

長さが合わないものもありますが結構ジャストフィットです。
100ダース入れておきたいってなったら無理ですが10ダースぐらいなら普通に入ります。

汚れないように油紙で覆って閉めておけば刃がだめになることはまずありません。

箸入れだけ欲しい時は蚤の市とか探すと結構売ってます。
箸入れだけ並んでいるのを見て「こんなんだれが買うのっ!?」と思っていた時期が私にもありました。

片づけをしておく利点まとめ

冒頭にも書きましたが工具は雑に保管すると、劣化して作業効率が落ちます。

片付けて工房内の見た目が良くなるということもありますが

適切に保管しておくことが作業に直結しているので

お手入れ方法とあわせて保管方法は工夫したほうがいいです^^

 

あとはケガの元になるのでケガをしないようにキレイにしておきましょう。

 

バフ
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。