彫金師の製作現場~67

ヴィクトリアン
Pocket

こんにちは彫金師の上谷です。

もう10月になるのに暑いですね~、夜冷えるかもしれないから暖かくして出かけると汗だくになってしまいます^^;

10月も中盤に差し掛かって色々とイベントが目白押しです、「ハロウィン」・「クリスマス」。

クリスマスに向けて新商品も色々と用意させていただいてます^^

まだ紹介には早いので今後のブログで紹介します、鋭意製作中でございますm(__)m

さてさて今回はオーダーをいただいた中で調整をしているお話です。

オーダーリング製作の準備

毎回のブログで宣伝していますが、直接のリングオーダーも承っています♪♪

今回はリングの表面にご希望の柄を彫るオーダーをいただきました、当たり前ですがいきなり作るわけには行かないので製作にかかる前にせっせと試作、サンプルを作ります。

デザインを練る為にまずは叩き台として、彫るためのタガネの調整のために

ワードプレス 龍 画像

銅板にタガネの調整を兼ねて龍を彫ってます。

上の画像のような龍を彫ります、実は昔からめちゃめちゃ龍を彫っていたので調整をするときは大体龍を彫ってます。彫りながらデザインを考えています(笑)

彫っていく中でタガネの状態を調整します、調整は地味に半日ぐらい砥石でタガネを研いで調整します。

たまに「タガネってどうやって研いでるんですか?」って聞かれますけど時間かければできますよ。

このブログでもバイブルとして紹介している「彫金と宝石の彫り留め技法」という本を持っている人に「え~ホントですか?なんか隠してません?ニヤニヤ」みたいな訳わからん絡み方をされましたが(あれはマジでうざかった)、多分研いでる時間が短い。ちゃちゃっと研げると勘違いしてると思いますよ。タガネ1本研ぐのに最低2時間はかけてます。

つーかそんな秘伝みたいなもんがあったとして教えるわけねーだろっていうね。

タングステン鋼の超硬タガネは研ぐのにめちゃくちゃ時間がかかるので趣味の範囲でやる方は買うのをお勧めします。研いでみたい方はハイツ鋼の彫金タガネをというでみるといいと思いますよ。

 

地金の準備

今回オーダーいいただいた金属は普段抱えておくような金属ではないので地金屋さんに相談、時間はかかるけどちょうど良く手配してもらえるようで一安心。

もし彫金をやる方は地金屋さんを探すと色々と順調に作業できますので、是非探してみてください^^

ワードプレス ヴィクトリアン

ヴィクトリアン調のデザイン

ちなみに彫りの練習は基本的に銅板でやるのでやる方はたくさん買いましょう、別に高くないですよ。

そのうちお許しをいただければオーダー品も紹介したいと思います^^

OKいただけるのかしら??(笑)

 

 

では最後にいつも通り宣伝です。

今後のスケジュール

4/27(土)

ハンドメイドメーカーズ@東京ビッグサイト

 

デザフェス当選しました!!!

2019.5/18~5/19

デザインフェスタ vol.49 @東京ビッグサイト

 

ご来店お待ちしてます(^o^)/

遠方で見に行けないという方は
私の商品のオンラインストアもありますのでよかったらこちらからご購入ください。

オンラインストアへ

 

そして各有名サイトでも販売しているのでそちらからもぜひどうぞ。

Creemaはこちら

 

iichiはこちら

 

BASEはこちら

それぞれ作りが違うので是非ご覧ください。

IMULTAロゴ

 

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

【twitter】

【Facebook】

【instagram】

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

それではまた次回をお楽しみに!!

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

Or

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください