MENU

vapeアトマイザーへの彫金、エングレービングオーダー実例。

アトマイザー彫金墨入れ

こんにちは彫金師の上谷です。

今回はvapeのアトマイザーへの彫金オーダーをいただきましたので紹介します。

オーダーを検討されている方の参考になれば幸いです。

目次

vapeアトマイザーへの彫金、エングレービングオーダー実例。

アトマイザー彫金墨入れ
アトマイザー彫金墨入れ

アトマイザー全体を彫って墨入れしております。

デザインはアカンサス柄。

模様以外の部分は魚子打ちという粒粒を打っています。

墨入れする前の状態はこちら↓

メーカーロゴの周りを覆うようにデザインを配置しています。

アトマイザーオーダー時の注意点。

アトマイザーは非常に薄いものが多いので彫金できる模様が限られています。

厚みによってはご希望の模様を承ることができない場合がありますのでご了承ください。

彫金加工時に変形しないように細心の注意を払って固定し彫金いたしますが、ステンレスの金属の特性上変形する可能性がありますので加工後液漏れを起こす可能性があります。

オーダーされる際は変形の可能性があるということをご理解ください。

オーダーする時はどんな感じになるの?

オーダーの流れなどに関してはこちらの記事をご覧ください。

アトマイザー彫金墨入れ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

上谷 俊介のアバター 上谷 俊介 彫金師

彫金萬代表、彫金ブランド「IMULTA」を運営しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる