MENU

pico(vape)への彫金エングレービング装飾

こんにちは彫金師の上谷です。

今回は彫金させていただいたvapeのオーダー実例です。

彫らせていただいたvapeはpico。

広い面積への彫金装飾になりかなり目を引く仕上がりになりました。

目次

vapeへのエングレービング

pico彫金
pico彫金

今回彫らせていただいたpicoがこちら、全体的にアラベスク(唐草)模様で彫金しています。

部分的にお客様がご自身でデザインしたオリジナルの模様が彫り込まれおりオンリーワンの仕上がりです。

塗装面への彫金(エングレービング)

以前釣りで使用するリールのバンタムを彫らせていただいた時のように今回も塗装されたアルミへの彫金でした。

塗装されたものに関しての彫金(エングレービング)で特に質問されることの一つに「塗装面のひび割れ、剥離」があります。

これに関して申し上げますと

彫金装飾を施した際に塗装面がひび割れる、剥離する可能性はあります。

今までIMULTAで承ってきた金属製品への彫金装飾で塗装がひび割れたり、デザイン以外の部分が剥離したことは一度もありませんが、製品の性質上100%起きないという事はあり得ません。

彫金する対象の塗装がシッカリとしたものかどうかが重要になってきます。

つまりパッと見て明らかに剝がれそうなもの以外は彫ってみないと剥がれるかひび割れるかはわかりません。

黒い面と彫った面の対比の美しさ。

彫り上げた彫金模様はキラキラと光るので黒い面に彫った場合は特に対比で美しさが際立ちます。

実際に組んだ状態をオーダー主様がTwitter上に掲載されていたので当ブログにも掲載させていただきます。

※ご本人から許可をいただいて掲載しております。

お喜びいただけて良かったです。

シルバー面に彫る時などは彫り筋に墨入れするオーダーをオススメします。

オーダーお待ちしております。

彫金のご注文状況によって納期が変わってまいります。

オーダーの流れなど紹介した記事もございますのでお気軽にお問合せください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

上谷 俊介のアバター 上谷 俊介 彫金師

彫金萬代表、彫金ブランド「IMULTA」を運営しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる