MENU

【彫金師のお仕事】リールの傷を活かしたアンタレスDCMDへの彫金

こんにちは彫金師の上谷です。

前回メタニウムの「傷を活かした彫金」を掲載したところ、同じように彫金してほしいという事でアンタレスDCMDへの彫金のご依頼を承りました。

内容は前回とあまり変わりませんがアンタレスの場合はサムレストの厚みが薄めなので彫り方が変わってきます。

仕上がりの紹介とともにそこらへんも紹介していきますので興味ある方は是非ご覧ください。

あくまでギャラリーを兼ねた記事になっているのでリールへの彫金の方法を説明した記事ではありません。

目次

【彫金師のお仕事】リールの傷を活かしたアンタレスDCMDへの彫金

冒頭で書いた通り今回彫金させていただいたのはアンタレスDCMDです。

ソルトでの使用も視野に入っているリールなので彫金を施した場合腐食の可能性が高まりますが、その可能性を考慮したうえで彫金のオーダーをいただきました。

最近の彫金のご依頼は現在行っている「1.5倍彫りますよキャンペーン」をご利用いただいてオーダーされています。

キャンペーン内容を簡単に説明

  • 彫金した製品の画像をSNS・ブログなど宣伝に使うことをご了承いただける方。
  • デザイン指定なし、IMULTAに完全おまかせ(アラベスク柄・アカンサス柄)
  • 送料を負担していただきます。(彫金完了後ヤマト運輸の着払いで発送いたします。)
  • 納期は2週間半以内(早く仕上がったら早く送ります。逆に込み合ったらもう少し時間がかかります。)

これらがご利用の条件になります。

金属の状態によってはオーダーをお断りする場合がありますが、少々の傷であれば問題ありません。

詳しい注意点はキャンペーンの記事をご覧ください。

彫金オーダー1.5倍彫りますよキャンペーン実施!!

傷や塗装剥がれを活かした彫金

アンタレスDCMDの彫金
アンタレスDCMDの彫金

最近は傷のあるものを活かして彫ってほしいという依頼が増えてきています。

デザインは基本的にアラベスク(蔦)やアカンサス(葉っぱ)を利用したものを完全おまかせで彫っています。

今回のアンタレスDCMDだけではなくアンタレスは他のリールのボディと比べると少々厚みが薄めなため深く彫ることはしません。

※出来ないことはありませんが破損する可能性があります。

アンタレスDCMDの彫金前
アンタレスDCMDの彫金前

彫金前の画像がこちら。

サムレスト部分に傷と塗装剥がれが集中しています。

写真には写っていませんがボディ下部にも細かい傷があります。

アンタレスDCMDボディ下部の彫金
アンタレスDCMDボディ下部の彫金

ボディ下部の細かい傷はワンポイントで彫金模様を入れることで目立たないようにしました。

メインフレーム近くまで傷が入っていましたがメインフレーム自体に彫金を入れることはありません。

\今ならデザイン料3万円無料/

オーダーを問い合わせる >

彫金リールのデザインについて

アンタレスDCMDの彫金デザイン
アンタレスDCMDの彫金デザイン

リールへの彫金のデザインで細かな正対象のデザインで彫ることはありません。

全体的に薄い塗装がなされているようなリールの場合細かな下書きが出来ないため正確なデザインを彫るには少々向いていません。

通常金属には油性ペンで下書きをするのですが下書きを消すためのアセトンが使用できません。

シャーペンで下書きを描き込んだ後に消しゴムで消す場合も塗装の膜が薄い場合は連鎖的に塗装が剥げてしまう場合があるため、リール彫金の場合は彫る前に紙にデザインを念入りに書いてから彫り入れしています。

複雑な模様を彫金する場合はデザインに時間がかかるのでご了承ください。

この動画のように一筋ずつ彫金を施しています。

繊細な模様や力強い模様まで幅広く彫ることが可能です。

お気軽にお問合せください。

彫金の最低依頼料金は2万円(税別)~となっております。

\今ならデザイン料3万円無料/

オーダーを問い合わせる >

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

上谷 俊介のアバター 上谷 俊介 彫金師

彫金萬代表、彫金ブランド「IMULTA」を運営しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる