MENU

カルカッタコンクエスト100DCへの彫金カスタム。

こんにちは彫金師の上谷です。

1.5倍彫りますキャンペーンをやり始めたおかげかキャンペーンの対象のご依頼・キャンペーン対象ではない彫金のご依頼どちらも多く頂いております。

ありがとうございます<(_ _)>

今回はカルカッタコンクエスト100DCの彫金オーダーの紹介です。

今までのバンタムなどとの違いはかなりガッツリ彫っているという点です。

ビッシリ彫っているのがいいかどうかは好み次第ですがかなりゴージャス感があるのでどうぞご覧ください。

 

他のカルカッタコンクエストの彫金例もありますのでご覧ください。

本記事の装飾よりもあっさりとした仕上がりの彫金カスタムを紹介しています。

14カルカッタコンクエストへの彫金カスタム。

カルカッタコンクエスト200DCを彫金カスタム

目次

カルカッタコンクエスト100DCへの彫金カスタム。

カルカッタコンクエスト100DC画像1

カルカッタコンクエスト100DC画像1

こちらが今回彫金したカルカッタコンクエスト100DCです。

ご予算よりも「このぐらいの範囲で彫ってほしいから見積もりを。」という事で彫る範囲の希望を教えていただいて彫る面積を決めました。

その後お見積もりをお伝えしてご了承頂けたのでデザインは完全なお任せで彫り始めました。

 

リールハンドル側の彫金

冒頭に記載した画像はリールのハンドル側の彫金の様子です。

オーダーの際にハンドルを外さなくても彫金することは可能ですが彫れる模様に少し制限が出てきます。

彫る面積にもよりますがかなりゴージャスな雰囲気を出すことが可能です。

彫る面積が2段階になっているなどあると緻密で美しい印象のある仕上がりにしやすくなります。

 

オーダーした後の郵送などの流れはこちらの記事をご覧ください。

彫金オーダー1.5倍彫りますよキャンペーン実施!!

 

\今ならデザイン料3万円無料/

オーダーを問い合わせる >

 

カルカッタコンクエスト、パーミングカップ側の彫金

カルカッタコンクエスト100DC画像3

カルカッタコンクエスト100DC画像3

ハンドルの反対側、パーミングカップ側の彫金です。

※細心の注意を払って彫金いたしますが分解無しの場合破損する可能性があることをご了承ください。

今回も分解無しでしたが無事彫金することが出来ました。

今回彫ったカルカッタコンクエストの彫金方法の場合、彫った模様の周りを荒らし為に少し強めの衝撃を与えるため少し緊張しましたが全体的にデザインを含めていい仕上がりになっています。

このカルカッタコンクエスト100DCへの彫金の投稿で初めてTwitterで「1000いいね」をいただきました。ありがとうございます。

 

ブランドロゴは基本的に残します。

たまにお問合せの中でご質問いただく内容として「リールのロゴを消さないように彫ってほしい」というご希望があります。

基本的にロゴは残して彫っております。

ロゴを消すように彫ってほしいという希望がない限りは絶対にロゴは残します。

もし彫金オーダーを検討されている方でご懸念されている方がいらっしゃいましたらご安心ください。

カルカッタコンクエスト100DC彫金過程1

カルカッタコンクエスト100DC彫金過程1

このように最初に枠を彫った時にロゴはしっかりと残すようにしています。

1.5倍彫りますキャンペーンをご利用の際は「デザインは完全にお任せ」ですが、彫る範囲のご希望などは柔軟に承っております。

カルカッタコンクエスト100DC彫金過程3

カルカッタコンクエスト100DC彫金過程3

本来はこのように装飾がなかった表面を上記のようにゴージャスな仕上がりにすることが可能です。

 

\今ならデザイン料3万円無料/

オーダーを問い合わせる >

 

ロッドに取り付けた際の正面部分への彫金

カルカッタコンクエスト100DC画像2

カルカッタコンクエスト100DC画像2

正面に見える部分を彫り入れた様子がこちら。

オーバーホールした場合を考えてパーツのつなぎ目を無視して彫るようなことはしません。

狭い範囲でも交差したデザインを混ぜて複雑な装飾模様にしています。

 

今回の装飾は模様周りに枠を彫って荒らすという工数の多い作業となっていますが、

枠などを彫らずシンプルにすることでご予算を抑えることも可能です。

 

以前彫金したカルカッタコンクエスト200DCのカスタムが一番シンプルな彫金に該当しますのでよろしければご覧ください。

カルカッタコンクエスト200DCを彫金カスタム

 

カルカッタコンクエスト100DC彫金過程2

カルカッタコンクエスト100DC彫金過程2

ちなみに枠を彫るとゴージャスな印象になるかは人それぞれなのでどっちが良いかはお客様次第です。

これらの工数が多い彫り方にもキャンペーンのご利用は可能ですが重ねてのお値段の交渉はお控えください。

 

本記事で紹介しているカルカッタコンクエスト100DCの場合は表面のほとんどの面積に彫金を施しているためそれなりに工賃がかかります。

もし今回紹介した彫り方で工賃を抑えたい方は「どの部分にだけ彫ってほしい。」と彫る面積を減らす形でご相談ください。

 

\今ならデザイン料3万円無料/

オーダーを問い合わせる >

 

カルカッタコンクエスト100DCへの彫金カスタム。まとめ

さて今回はカルカッタコンクエスト100DCの彫金カスタムを紹介しました。

シマノ社のカルカッタコンクエストはそのリール自体が強い人気を有しているため数多くのお問合せをいただいております。

彫る面積も広く、彫金後の墨入れで模様を黒くすることも可能なのであらゆる表現の自由があります。

 

もしお手持ちのリールへの彫金カスタムを検討されている方は「1.5倍彫りますよキャンペーン」の実施中にご利用ください。

「龍を彫ってほしい。」のように「モチーフ」や仕上げの指定がなければキャンペーンのご利用対象となりますのでお気軽にご相談ください。

オーダーを問い合わせる >

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

 

1.5倍彫りますよキャンペーンの内容についてはこちらの記事をご覧ください。

彫金オーダー1.5倍彫りますよキャンペーン実施!!

 

他のリールの彫金記事はこちら

 

 

リール以外も含めた彫金の記事の一覧はこちらからご覧ください。

彫金オーダーサンプル記事一覧

 

各種ソーシャルリンク

SNSのフォローはこちらからお願いします。

\FOLLOW ME/

Twitterをフォローする

Instagramをフォローする

IMULTAのYoutubeを観る

 

 

この記事を書いた人

こんにちは彫金のやり方などを紹介するニッチなブログを書いています。

古くは奈良時代からある伝統技法ですが今では「彫金」という言葉を知っている方も減ってきているので少しでも普及に役立ちたいと思い情報を発信しています。

独学で始めたころは本当に手探りでどんな道具を使っていいかも勘で購入していましたが、現在では仕事にするまでになり自分なりに知識とノウハウの蓄積があります。

このブログを通して少しでも彫金を身近に感じれたり、これから彫金を始める方の参考になれば幸いです。

【上谷について】
8年間の彫金の下積みを経て2016年3月15日に独立しました。
屋号は「彫金萬」、「ちょうきんよろず」と読みます。
個人や企業からのオーダーを受けてお手元の金属製品に彫金を施すお仕事も受け付けています。

現在はジュエリーブランド「IMULTA(イムルタ)」で製作したオリジナルのジュエリーの販売しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる