MENU

スターリングシルバーzippoの彫金で桜と竹を彫り上げる。

こんにちは彫金師の上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

自分でシルバーアクセサリーを製作して販売するのと並行して、お客様の持ち物の金属製品に彫金模様を施すオーダーを受けています。

今回はスターリングシルバーのアーマーzippoへの彫金です。

前回のzippoはアーマータイプではなく通常のzippo、厚みのあるアーマーzippoだと深く彫る子が出来るので思い切った彫金が出来ます。

前回紹介したzippoの彫金はこちら↓

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://choukinyorozu.com/imulta62-530.html]

 

真鍮のzippoでもシルバーのzippoでもアーマーzippoは通常のものよりもちょっとお高めです。

最近の彫金オーダーは商品の流れが今までと変わってきたのでそれも含めてご案内します。

目次

スターリングシルバーzippoの彫金で桜と竹を彫り上げる。

春になると桜や花の彫金のオーダーが増えてきます。(※ちなみに夏が近くなると金魚が多くなります。)

今回はお客さんの希望で「桜」と「竹」をzippoに彫り上げました。

オーダーのご連絡をいただいた時点で「桜と竹を彫ってほしい。」というオーダーだったのでモチーフに関してこちらから提案はしていません。

 

 

オーダーを問い合わせる >

zippoに彫ったデザインについて(構図)

モチーフが桜と竹というのは決まってますがzippoに彫った構図・デザインはIMULTA側で提案させていただきました。

提案したデザインは桜6種・竹6種。

桜デザイン6種

桜デザイン6種

 

竹デザイン6種

竹デザイン6種

提案したデザインの中から選んでいただきました。

※これらのデザインはIMULTAでオリジナルで書きあげているので無断転用はおやめください。

実際彫った後に「こうして欲しかった。」と言われても修正が効かない場合があるので、デザインに関して「こうして欲しい。」という希望があればどんどん仰ってほしいです。

料金は彫り方や彫る面積、仕上げで変わってくるので希望を聞くたびに「じゃあ見積もりはいくらに変更です。」と私も言うので「これぐらいサービスでいいじゃん。」など値切ってくるのはやめてください。

※デザインを描いた後にキャンセルした場合もデザイン料は請求させていただいております。

 

ご提案させていただいたデザインから今回は桜の4番と竹の1番を彫金することになりました。

 

彫り方による変化

彫金は彫り方によって見え方がかなり変わってきます。

最初はシンプルに線だけで彫ってほしいという希望をいただきましたのでシンプルに線だけを彫ったのがこちらの画像です。

 

 

Twitterの投稿にも書いている通り余白が存分に活きて日本的ですよね^^

面積を贅沢な使い方をしているので正直この彫り方(見え方)も私はかなり好きです。

ただもうちょっと線の強弱を入れてほしいというご希望があったので追加料金を頂いて最終仕上げの雰囲気に修正しました。

 

画像だとわからないと工夫で、彫った面の光の受け方を調整することで傾きによって花が浮かび上がって見えるように彫っています。

画像で見ると所々不自然に彫っているように見えるかもしれませんが桜の右下の花も上下逆にして見てみるとなぜこのような彫り方をしているかよくわかると思います。

このzippoの彫り方は厚みのあるアーマータイプだから出来る彫り方です。

通常の厚みのzippoでも出来ないことはありませんが、軽くぶつけた拍子に亀裂が入る可能性があるためオススメは出来ません。

私の私物のzippo(通常の厚み)は試験的にギリギリまで彫っているのでぶつけた時に亀裂が入りました。

 

スターリングシルバーのアーマーzippoは通常のzippoよりも厚みがあると言っても刀身彫刻のような立体感を出すほどの厚みはありませんので、光の受け方と視覚効果を利用した彫り方をして立体的に見えるように彫っています。

オーダーを問い合わせる >

 

最近増えてきた彫金オーダーの新しい流れ

最近増えてきた彫金のオーダーの流れが「楽天やAmazonで注文した商品をそのままIMULTAに送る」という方法です。

最近は希望の住所にそのまま送ることが出来ますからね。

特に私からお願いしたわけでもなく提案もしていないのですが、ここのところほとんどのお客さんがこの方法を選択されます。

お問い合わせでメールを見て「あれ?こちらの方も?」と最近はこの方法が主流なのかなぁと感じています。

自分で一回受け取ってからIMULTAに送るのは手間だしめんどくさいと思うので考えてみれば非常に合理的ですが、お客さんから言われるまでは思いつきもしませんでした。

 

この場合商品がこちらに届いてからデザイン→彫金作業となります。

発送元のお店がこっちに送るのに2週間程度かかる場合があるので一律で納期がどのくらいというのはお答えできません。

商品を受け取り次第破損などの確認をして到着時点で写真におさめ、汚れの状況も含め商品の状態をお客様にも確認していただきます。

楽天やAmazonの場合でも状態が悪い商品が届く可能性はありますのでお含みおきください。

現時点では一度もありませんが製品の状態が悪い場合お断りする事もございます。

メルカリなどフリーマーケットアプリやオークションサイト経由で売買した商品を直接IMULTAに送付するのは絶対におやめください。※破損等絶対に責任を取りません。

 

また当方も破損させるつもりは毛頭ございませんが、 フリーマーケットアプリの普及に伴い、破損した製品を送りつけて弁償を迫る行為が急増しております。

そのため破損に関しての一切の責任を、IMULTAとその関係者は負うことがございません。

ご不快かと存じますが、近年のネット事情の影響で私共も自衛のためこのように申し上げるしかない次第でございます。

何卒ご理解いただきたく存じます。

まとめ

最近のネット事情から新たなオーダーの流れが出来たこともあって時代が変わったことを実感しております。

お客様ご自身の手持ちの金属製品以外でも気軽のオーダーを検討できるようになってきたという事なので非常によろこばしいことで大歓迎です。

ただ製品がこちらに到着した段階で破損していることもあります。

IMULTAとその関係者は破損に関して一切の責任を負いませんのでご了承ください。

 

繰り返しになりますがメルカリなどフリーマーケットアプリやオークションサイト経由で売買した商品を直接IMULTAに送付するのは絶対におやめください。※破損等絶対に責任を取りません。

 

ただ破損の可能性にご了承いただける(壊れても構わない)のであれば彫金のオーダーは承っております。

興味がおありの方はお問い合わせください。

 

 

IMULTAオンラインショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAの公式ストアで見る >

 

 

 

この記事を書いた人

こんにちは彫金のやり方などを紹介するニッチなブログを書いています。

古くは奈良時代からある伝統技法ですが今では「彫金」という言葉を知っている方も減ってきているので少しでも普及に役立ちたいと思い情報を発信しています。

独学で始めたころは本当に手探りでどんな道具を使っていいかも勘で購入していましたが、現在では仕事にするまでになり自分なりに知識とノウハウの蓄積があります。

このブログを通して少しでも彫金を身近に感じれたり、これから彫金を始める方の参考になれば幸いです。

【上谷について】
8年間の彫金の下積みを経て2016年3月15日に独立しました。
屋号は「彫金萬」、「ちょうきんよろず」と読みます。
個人や企業からのオーダーを受けてお手元の金属製品に彫金を施すお仕事も受け付けています。

現在はジュエリーブランド「IMULTA(イムルタ)」で製作したオリジナルのジュエリーの販売しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる