NO IMAGE

スノーピークのチタンマグカップに彫金。

こんにちは彫金師の上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

自分でシルバーアクセサリーを製作して販売するのと並行して、お客様の持ち物の金属製品に彫金模様を施すオーダーを受けています。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

彫金と言うのは金属に様々な模様を彫り入れる技術の事を言いまして、IMULTAではお客様の手持ちの金属製品にオーダーを受けて模様を彫り入れています。

今回はスノーピークにチタンマグカップに彫金させていただいたので紹介します。

近年は彫金を施す金属の種類も増えてきていますので、中には「この金属(高硬度)の彫金は出来ますか?」というお問い合わせをいただきます。

展示会などでもよく聞かれる内容なのでこのブログで少しずつサンプルとして紹介させていただいています。

(※当ブログで紹介されている彫金の金属製品は所有者の許可を頂いて掲載しています。)

彫金の依頼をしてみたいという方は是非ご覧ください。

また企業関係者の方で高硬度の金属への彫金が可能か確認したいという方の参考になれば幸いです。

スノーピークのチタンマグカップに彫金。

 

 


一般的に使用されているチタンのアイテムという事で、スノーピーク社製のキャンプ用チタンマグカップへの彫金です。

まず結論から言うとチタンへの彫金は可能です。

ただ今回のチタンカップのように比較的薄いもの(厚み約0.4mm)は彫金後の使用に関して強度を保証することが出来ません。

当然壊すつもりはありませんが、物理的に表面を彫っているので強度は落ちます。

ただ実際の使用には問題がないようです。

 

チタンへの彫金、深さや表面の装飾について

チタンだけではなくすべての金属への彫金で言えることですが、薄い金属への彫金の場合深く力強い彫金と言うのは難しくなってきます。

 

このスノーピークのマグカップの場合は厚みが0.4mmなので実用性を考えるとこのぐらいの深さが無難です。

実際の金属の厚みが0.8mmあれば深い彫金は可能です。

しかしチタンの場合はどのように加工されているかによって彫った時の金属の取れ具合が変わるので一概には言えません。

 

彫り進む模様のまま彫った部分が捲れる様に取れる場合もありますが、鋳造で作られている場合はポロポロと金属が粉のように取れる事があります。

この場合は深く力強く彫ると破損の可能性が高くなるため浅く繊細な彫りをオススメしています。※希望があれば深く彫りますが破損した場合の責任は負いかねます。

 

今回のスノーピーク社製のチタンマグカップは鋳造ではありませんが、厚みがないので深く彫ることはできませんでした。

しかし強度的には十分なので、厚み的に多少の変形はするものの強く打ち込むなどの装飾は問題なく行えます。

スノーピークのマグカップにはホットドリンクを持ちやすいように中空になっている二重構造のマグカップがあります。

このように中空になっている製品の場合は強く打ち込むような装飾はやめた方がいいですね…、打ち込む度合いにもよりますが破損の可能性が高くなります。

zippoなどの日用品の場合「使えるならちょっと歪むぐらい全然いいよ^^!!」と仰る方もいらっしゃるので、どうするかはオーダーされる方の希望次第です。

 

まとめ

金属製品への興味がありの方はお気軽にお問い合わせください。

彫金はデザインや彫る面積によって料金が変わってきますので希望に合わせてお見積もりをお出しします。

 

IMULTAオンラインショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAの公式ストアで見る >

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。