MENU

【彫金師のお仕事】ステンレス製メジャーカップへの彫金

こんにちは彫金師の上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

自分でシルバーアクセサリーを製作して販売するのと並行して、お客様の持ち物の金属製品に彫金模様を施すオーダーを受けています。

今回はメジャーカップに彫金したので紹介します。

素材はステンレス、彫った感じはそこまで高硬度然とした硬さはありませんでしたが製品の金属の厚さによるものだと考えています。

お手持ちの金属製品へのカスタムオーダーを検討されている方の参考になれば幸いです。

それではご覧ください。

目次

【彫金師のお仕事】ステンレス製メジャーカップへの彫金

冒頭で紹介した通りに今回彫金したのはメジャーカップ、ステンレス製です。

バーでバーテンダーの方がお酒の分量を計るのに使用する道具で、趣味でカクテルを作る方なんかにはなじみがあるかもしれません。

ロゴの周りを囲むようにリーフ模様を彫金しています。

元々はこのようにツルツルのメジャーカップです。

彫った後の雰囲気が全く違うのがよく出ていると思いますがいかがでしょうか?

彫金は彫った跡がキラキラと輝くのが魅力ではありますが、彫金のの彫り跡を黒く染める技法もあります。

どちらが上という事はなく好みなのでオーダーの際はご希望をお伝えください。

彫金のキラキラの彫り跡と黒染めの違い

彫金の彫り跡のキラキラした断面が好きか、黒染めが好きかは完全に好みです。

ただ黒染めの方が保管が簡単です。

彫りの断面の輝きをキープするためには定期的なメンテナンスが必要になります。

ステンレスメジャーカップ彫金
ステンレスメジャーカップ彫金

彫金の輝きを考えた彫り方の場合は模様が立体的に見えるので個人的には黒染めをしない方が好みです。

上で紹介したTwitterの投稿でも書いている通り、黒染めをしない彫金の模様はパッと見で模様を認識しづらいです。

ただその漫然とした輝きが模様を主張しない上品な輝きになるので慎ましくフォーマルの場にも相応しい品格を持たせると考えます。

黒染めをした模様は「その模様自体をハッキリ見せる」ことに特化するので、タガネでどのように彫ったか・輝きの向きをどのように調整しているかのような細かい表情はすべて消えます。

一長一短ですね。

口元に触れるような部分には黒染めは使い難いですが、模様を認識しやすく楽しむためにはピッタリの仕上げです。

【彫金師のお仕事】ステンレス製メジャーカップへの彫金まとめ

近年フリーマーケットアプリの普及に伴い破損した製品を送り付けて弁償を迫る詐欺が急増しております。

ご依頼いただいた製品の破損に関してIMULTAとその関係者は責任を負いません。

不快かもしれませんが自衛のためこう申し上げるしかない状況ですので、ご理解いただければと存じます。

オーダーを問い合わせる >

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

上谷 俊介のアバター 上谷 俊介 彫金師

彫金萬代表、彫金ブランド「IMULTA」を運営しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる