MENU

アクセサリーのモチーフ、トカゲなどの爬虫類の意味

シルバーアクセサリーだけでなくジュエリーなどでも爬虫類をモチーフに使用したものがたくさんあります。

そもそもアクセサリーはそれぞれの民族がお守りとして身に着けていたものが装飾品として変化したものなので動物や植物のモチーフには縁起のいい意味だったりちょっとダークな意味合いもあったりします。

今回はその中でも「トカゲ」などの爬虫類について紹介します。

以前の記事で蛇について解説をしているので会う程度意味がかぶってしまいますがインディアンジュエリーやゴールドのジュエリーに使われる人気のモチーフの一つと言えるでしょう。

目次

トカゲは神秘性と知性の象徴で守り神

トカゲは世界中の方々に生息している関係かいろんな国でよいイメージを持たれている生き物です。

彫金のモチーフとしても結構好まれますね。

インディアンジュエリーなどでは知性の象徴になっていますの、「水の場所を知るから」というのをどこかで呼んだことがあるのですがイモリとちょっと混同しているのかな?と感じる部分もあります。

ちなみにトカゲとヤモリは爬虫類でイモリは両生類です。

お肌がぬめぬめしているのがイモリですね。

機敏に動くことから敏捷性、生命力の象徴にもなっており、蛇と同じように金運の象徴とされることも少なくありません。

ヤモリは「守宮」、イモリは「井守」

タイトルの通りヤモリとイモリはそれぞれ感じで「守宮」と「井守」。

今まで読んだ本の中にはヤモリを「家守」と紹介している本もありました。

家に出える虫を食べてくれるので家を守ってくれる存在と見られていたようです。

どれが正しいとかではなくいずれも家を守ってくれている、井戸を守ってくれている。お宮(神社)を守ってくれているありがたい存在として紹介しています。

家の窓にヤモリがペタッと張り付いているのを見たことがある方も少なくないと思います。

おそらくそれが家を守ってくれているように見えたのでしょう。

ちなみに我が家の窓にも頻繁にヤモリが張り付いており、それを見るたびになんだかありがたい気持ちになります。

今度ヤモリのアクセサリーを作る予定です。

ヤモリ自体を神様として祀っている神社はないようですが神社でよく見る事もあって神様の使いである「神使」とされています。

イモリは水場の近くに生息しているので、やはり井戸を守っているように見えたのでしょう。

同じ効果を持つモチーフと天然石を合わせたアクセサリーを着けてみる。

これは完全に筆者の考え方なのでご了承ください。

今回の紹介したトカゲや蛇というのは金運をアップさせると言われているので一緒にタイガーアイやシトリンを留めたものを身に着けると効果がアップしそうですね。

こういった考え方で選ぶ方は少ないと思いますが、指輪にしても金運アップの指というのはあるので同じ効果を持つ指輪を着けてみるといいかもしれません。

ただあくまで天然石や指輪の効果というのは身に着けている人間の行動を「後押しするもの」なので身に着けたらすべてうまくいくというわけではありません。

「うまくいくかも・うまくいきそう」というポジティブな感情が行動を後押ししてくれるというのが筆者の考え方です。

IMULTAでした。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

上谷 俊介のアバター 上谷 俊介 彫金師

彫金萬代表、彫金ブランド「IMULTA」を運営しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる