MENU

彫金のオーダーサンプル、スプーンへの彫刻

こんにちは彫金師の上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

自分でシルバーアクセサリーを製作して販売するのと並行して、お客様の持ち物の金属製品に彫金模様を施すオーダーを受けています。

今回の記事はステンレスのスプーンへの彫金の紹介です。

目次

彫金のオーダーサンプル、スプーンへの彫刻

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、彫金は全て手作業、手仕事のため非常に時間がかかります。

基本的に彫金では真鍮やシルバー・ゴールドなどに彫金を施します。

しかし近年はステンレスを使用したものがかなり多くなってきているので、高硬度の金属への彫金が求められています。

最近頂く彫金のオーダーのほとんどはステンレス製品に対してのものです。

一昔前は彫金を頼まれるカトラリー(ナイフ・フォーク・スプーンなどのセット)と言えばスターリングシルバーの物でしたが、シルバー製のものはそのままにしておくと輝きが失われていくためお手入れ無しでも保管しやすいステンレスのカトラリーへの彫金が増えています。

 

スプーンへリーフ模様を彫りこんでいます。

模様部分を黒染めする前の白仕上げの状態です。

好みがわかれますがこの状態でも十分美しく仕上がっており、「彫金」そのものの彫り跡の美しさを楽しむのであればこの状態が一番です。

ただ「模様」をよりはっきりと浮き上がらせるためには模様部分を黒染めする必要があります。

 

好みは人に依りますが、最近ではインテリアとしてより手を掛けずに飾れるように模型用のクリアコートを吹く方法もあります。

 

受けるサイズに関してはまちまちですが今回紹介するものは手の持つと下の画像のようになります。

時間と手間をかける事で仕上げられていく、美しく繊細な彫金模様。

今回紹介するステンレス製のものは特にそうですが、彫金を施す難度が非常に高いため時間と手間がかかります。

 

構図を取りデザインの考案からじっくりと練り上げたうえで、一筋一筋の模様をタガネで彫っていきます。

硬い金属の場合、全体を仕上げるまでにタガネを叩く回数は数万回~十数万回となります。

 

一度失敗すると取り返しがつかないため、何万回という回数を叩く中でも細心の注意を払って彫り進めます。

 

 

彫った後に模様の周りを荒らすかどうかはデザイン次第です。

荒らす場合は周りに魚子タガネをというタガネで、「点」をひとつひとつすべて手作業で打ちこんでいく工程がプラスされます。

 

 

仕上げていく途中では全体を確認しながら幾度となく調整をかけていきます。

スプーン1本にあらゆる技術と十分な時間をかけて仕上げることで他にはない一つだけのオーダーアイテムが完成します。

興味のある方はオーダーをご検討ください。

 

まとめ

今回のスプーンへの彫金もあくまで一例となります。

仕上げの期間や料金は内容によってまちまちなのでお気軽にお問合せください。

 

IMULTAオンラインショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAの公式ストアで見る >

この記事を書いた人

こんにちは彫金のやり方などを紹介するニッチなブログを書いています。

古くは奈良時代からある伝統技法ですが今では「彫金」という言葉を知っている方も減ってきているので少しでも普及に役立ちたいと思い情報を発信しています。

独学で始めたころは本当に手探りでどんな道具を使っていいかも勘で購入していましたが、現在では仕事にするまでになり自分なりに知識とノウハウの蓄積があります。

このブログを通して少しでも彫金を身近に感じれたり、これから彫金を始める方の参考になれば幸いです。

【上谷について】
8年間の彫金の下積みを経て2016年3月15日に独立しました。
屋号は「彫金萬」、「ちょうきんよろず」と読みます。
個人や企業からのオーダーを受けてお手元の金属製品に彫金を施すお仕事も受け付けています。

現在はジュエリーブランド「IMULTA(イムルタ)」で製作したオリジナルのジュエリーの販売しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる