MENU

人気のモチーフの意味や由来「ユリ」。

  • URLをコピーしました!

シルバーアクセサリーでド定番のアイテムといえばユリの紋章。

昔々クロムハーツが使ったことでシルバーアクセサリーの定番といった印象を持ちますが実際は中世ヨーロッパの王侯貴族が好んだ紋章のモチーフの一つです。

ユリの紋章が実際にユリであることのご存じなくクロムハーツの完全オリジナルデザインだと考えている方もいらっしゃるでしょう。※筆者の周りにはそういう方が実際にいました。

クロムハーツ凄いですよね。

筆者自身も高校生の時に初めてクロムハーツを知った時は、百合モチーフのその形自体がクロムハーツが生み出したオリジナルのデザインだと思っていました。

当時はシルバーアクセサリーが一般的なファッションとして流行り始めた頃だったので「クロムハーツといえば!!」どころか「シルバーアクセサリーといえば!!」といった存在でした。

\IMULTAのオンラインショップはこちら/

目次

ユリモチーフの発祥

歴史上ユリ(百合)のデザイン・装飾が登場するのは紀元前2600年頃のミノア文明にまでさかのぼります。

とはいえ現在のシルバーアクセサリーでよく使われる紋章型の百合ではなくてしっかりとした百合の花の絵が壁紙や壺の絵として登場します。

クロムハーツと聞いて思い浮かべる形になるのは12世紀後半のルイ7世の時代から使われフランスのブルボン朝が興ってから、そのブルボン王家の紋章が「フルール・ド・リス」です。

元々は王家の紋章だったんですね~。

青地に金で書かれたフルール・ド・リスは中央の花弁を剣に見立てて王権と敬虔な信仰心を象徴しています。

実際は兜の頭に少しアレンジした飾りがついていたりなど「アレンジいいんだ。」って感じです。

ちょっとずつ変化をつけてどこの家の紋章かわかるようにするのは日本の家紋との共通点といえるかもしれません。

百合の花弁はそれぞれ「信仰・知恵・騎士道」の三徳を表しており、紋章はそのまま子孫に引き継がれて使用されます。

現在ではスペインの国旗にも使われていますね。

王侯貴族が好んで使っていた三大モチーフ

今回紹介する「ユリ」を含めてヨーロッパの貴族が好んで使っていた三大モチーフというのがあります。

  • ユリ
  • ライオン
  • 双頭の鷲

ヨーロッパの紋章をイメージした時にいずれかは入ってくるはずです。

この3つは王族が使っていた紋章なのでテレビや雑誌・ネットなど何かしらの媒体で目にする機会が多いと思います。

チェルシーFCのエンブレムにはライオンが採用されているのでスポーツチームのエンブレムとして目にしたという方も少なくないでしょう。(※町の紋章(市章)にも使われているので旅番組とかでも出てきますね。)

元々のユリの意味

ローマ神話では結婚と出産の女神ユノのシンボルで生殖関係の象徴です。

その後キリスト教では純潔さのシンボルになっています。

聖母マリアの受胎告知の絵には処女性と受胎のシンボルになるので百合の花が書かれます。

絵画と紋章で意味が変わってくるのはなかなか珍しいですね。

ただ男女問わずプレゼントしやすい意味合いを持っているモチーフなので非常に送りやすいでしょう。

人気&定番アイテムなのでサイズや石が留まっているかどうか、石の色などバリエーションも豊かであちこち探せば自分のお気に入りが見つかるでしょう。

IMULTAでした。

\IMULTAのオンラインショップはこちら/

IMULTAの読む彫金教室

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

上谷 俊介のアバター 上谷 俊介 彫金師

彫金萬代表、彫金ブランド「IMULTA」を運営しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次