MENU

メンズシルバーアクセサリーの人気モチーフの意味「フェザー(羽)」

こんにちは彫金師の上谷です。

今回の読む彫金教室はメンズのシルバーアクセサリーの人気モチーフ「フェザー(羽)」について紹介します。

フェザーの場合はそこまで「メンズ」という感じはしないかもしれませんが、最近では色んなタイプのフェザーがあるものの、大元のフェザーは大きめのシルバーアクセサリーなのでどちらかというとメンズのアイテムといえます。

鳥や鳥の羽というのは東西共に吉兆の印、ラッキーアイテムとして扱われているので非常に縁起のいいものです。

人にプレゼントするにもいいかもしれませんね。

それではアクセサリーについて紹介していきましょう

 

※今回はモチーフについての紹介なので技術的な内容は含みません。

シルバーアクセサリーの作り方を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 ・火を使うシルバーアクセサリーの作り方↓

簡単なシルバーアクセサリーの作り方・彫金で指輪を作る。

 

・火を使わないシルバーアクセサリーの作り方↓

初心者向けシルバーアクセサリーの作り方。透かし模様を切り出す。

 

目次

メンズシルバーアクセサリーの人気モチーフの意味「フェザー(羽)」

今回紹介するのはシルバーアクセサリーの定番「フェザー(羽根)」。

元々はインディアンジュエリーの人気モチーフですが現在は色々なところで作られていてそこまで発祥や意味について気にする人は少ないと思います。

レディースでも着けやすいような小さくて可愛らしいフェザーも出てきてますね。

 

ではシルバーアクセサリとしてのフェザーの発祥や西洋・日本などにおける羽根の意味を紹介します。

 

シルバーアクセサリーのフェザーの発祥

シルバーアクセサリーのフェザーはインディアンジュエリーのモチーフの一つです。

フェザーはインディアンの中で「友情」「平和」を意味します。

インディアンは正装で羽飾りをつけるようにインディアンにとってフェザーは象徴的なモチーフになっています。

インディアンジュエリーで作られる羽がなんの羽かというとイーグル(鷲)です。

インディアンには独自の精霊信仰があり鷲はその中でも神の使いとして崇められており、鷲の羽というのはその力を宿したものなので非常に神聖なものです。

そのため元々のフェザーは大きな鷲の羽を模しているので大きなものが多いです。

 

見た目が美しい事とインディアンジュエリーの美しさから日本でも普及してますね。

 

確か「流行ったのは」クロムハーツより後だったはず…(ちょっとうろ覚え。)

クロムハーツとかの影響でシルバーアクセサリーがブワーッと流行る前は「カルチャーとして日本に入ってきてるけど、ごく一部の人にめっちゃ人気!!」みたいなカテゴリーだったはず。

 

では日本ではフェザーはどのような意味を持つものでしょう。

 

日本での羽根モチーフの意味

有名なところで言うと日本ではヤマタノオロチの生贄を決める時のエピソードから生まれた「白羽の矢が立つ」という言葉があるので、ちょっとネガティブなイメージもあります。

最近では「抜擢する」という意味でも使われているので一概にネガティブな意味とは言えませんが発祥はネガティブ。

 

日本で羽根のポジティブなイメージで言うと日本の模様の一つに「矢絣(やがすり)」というのがあります。

矢羽根絣(やばねがすり)ともいう伝統的な柄で「はいからさんが通る」の主人公:花村 紅緒が来ている着物の柄ですね。宝塚好きな人とかご存じかと思います。

矢は一度放たれたら真っすぐ進んで戻ってこない事から結婚する女性が出戻らないように送る模様で自分の道を真っすぐ進むという意味での願掛けでもあります。

 

鳥はだいたい幸運の象徴

羽とはちょっと離れますがインディアンにとって鷲が神の使いであるように日本でも鳥が神様だったりします。

サッカー日本代表のマークにも使われている八咫烏(ヤタガラス)は太陽の神様なので縁起がいいですし、梟は「不苦労(ふくろう)」とひっかけて縁起物です。

中国では燕(つばめ)が幸運の鳥として人気があります。

 

西洋における羽根の意味合い

西洋での羽根の意味合い的には鳥というよりも「天使の羽」が幸運の象徴になっています。

この場合は羽というよりも翼に近いです。

他には羽ペンなどがあるように富の象徴になっている場合があります。(羽ペンをメインで使っていた時代は文房具は高級品なので、使用人に盗まれないように机の引き出しには鍵がついていたそうです。)

神話などにもいろいろなエピソードがありますが西洋では羽というよりも鳥の自体の方がモチーフとして人気があります。

日本と同じように梟はモチーフとして人気があるようです。

 

フェザーは初心者にオススメのモチーフ

フェザーはそこそこの主張がありますが、スカルほど尖った印象がないので幅広いファッションに合わせることが出来ます。

宝石が多く留まっているタイプはジュエリー然とした存在感もあるので大きさを考慮すればレディースとしても着けることが出来るので使いやすいモチーフの一つです。

 

始めてシルバーを買う時にライトに楽しみたい方はフェザーから入ってみるのがいいと思います。

 

 

まとめ

今回はメンズシルバーアクセサリーの人気モチーフの意味「フェザー(羽)」を紹介しました。

インディアンジュエリーの人気モチーフの一つとしてメンズ・レディース問わず人気があるので入門編として楽しみやすいモチーフです。

最近は特に大きさと共に異素材のコンビネーションや、ダイヤなどを留めた宝石と組み合わせたものなど本当に色んなタイプのものがあります。

一昔前の「インディアンジュエリー」としての印象は薄れていると思うので一度挑戦してほしいアイテムです。

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

他のモチーフに関しての記事はこちら

 

 

普段のお手入れに関してはこちらの記事をご覧ください。

 ・シルバーアクセサリーをしっかり磨く方法と簡単なお手入れの知識

シルバーアクセサリーのお手入れの簡単な方法

IMULTAショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAの公式ストアで見る >

 

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

彫金を施したスターリングシルバーのzippo

↑私は普段このように金属に模様を彫り入れるオーダーも承っています。

オーダーをご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

オーダーを問い合わせる >

 

彫金関係の工具はAmazonプライムに入っておくとポイントや配送の面で非常に便利なので入っておきましょう。

Amazonプライム無料体験を申し込む >

 

 

 

各種ソーシャルリンク

SNSのフォローはこちらからお願いします。

\FOLLOW ME/

Twitterをフォローする

Instagramをフォローする

IMULTAのYoutubeを観る

 

この記事を書いた人

こんにちは彫金のやり方などを紹介するニッチなブログを書いています。

古くは奈良時代からある伝統技法ですが今では「彫金」という言葉を知っている方も減ってきているので少しでも普及に役立ちたいと思い情報を発信しています。

独学で始めたころは本当に手探りでどんな道具を使っていいかも勘で購入していましたが、現在では仕事にするまでになり自分なりに知識とノウハウの蓄積があります。

このブログを通して少しでも彫金を身近に感じれたり、これから彫金を始める方の参考になれば幸いです。

【上谷について】
8年間の彫金の下積みを経て2016年3月15日に独立しました。
屋号は「彫金萬」、「ちょうきんよろず」と読みます。
個人や企業からのオーダーを受けてお手元の金属製品に彫金を施すお仕事も受け付けています。

現在はジュエリーブランド「IMULTA(イムルタ)」で製作したオリジナルのジュエリーの販売しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる