MENU

彫金の石留めのやり方、特殊な石留めを使用した真鍮リングの作り方

  • URLをコピーしました!

こんにちは彫金師の上谷です。

今回はジルコニアを石留めした真鍮リングの作り方です。

今回使用する石留めの方法はテンションセッティング。

彫金の石留の中では初歩的な留め方ではありませんが、テンションセッティングをきちんと理解しておくと応用的な石留めも習得が早くなります。

目次

彫金の石留めのやり方、テンションセッティングで基本を学ぶ。

▼YOUTUBE動画で公開しているのでこちらからご覧ください。

高評価よろしくお願いします。動画に関する感想や質問は動画のコメント欄へお書きください。

詳しい製作方法と注意点について

動画の高評価数が増えましたら詳しい製作方法と注意点に関して解説動画を製作します。

高評価のタップとチャンネル登録、動画のシェアをよろしくお願いします。

解説動画を製作しましたら文章を追記します。

IMULTAでした。

彫金の技術を利用した本格的なアクセサリーは作り方以外に金属の知識があるかどうかで技術の習熟の速さが変わってきます。

どのような金属を使ってアクセサリー作りに臨むかという事から検討するといいかもしれません。

\IMULTAのオンラインショップはこちら/

\YouTubeチャンネルはこちら/

youtubeメインバナー_QRコードなし_チャンネル名変更版_2080×490

\Twitchチャンネルはこちら/

彫金の疑問・質問にプロの彫金師が回答します 一問一答、ネットで簡単彫金&ハンドメイド教室

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

上谷 俊介のアバター 上谷 俊介 彫金師

彫金萬代表、彫金ブランド「IMULTA」を運営しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次