アイロンとクッキングシート

彫金ってガスばっか使ってるとコスパ悪いですよね。

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

今日は愛知県に来ています。2019-05-02

近況報告もそうですが、彫金のハウツーを最近は書いてなかったので久しぶりに書き進めます。

余談ですが過去のハウツーの中で、「彫金に爪楊枝を使う」の回が結構人気があります。

彫金ハウツーでも技術が必要とならないノウハウだからかもしれませんね^^

では今回はガスを使うものと使わないものについて書きます。

コスト削減的な内容になるので興味のある方だけお読みください。

彫金のガスと電気

彫金でロウ付けしたり松脂を温めたりは基本的にガスバーナーを使って作業する内容になっています。

ところが作業の途中でガスが足りなくなると

「え、嘘、このタイミングで無くなんのwww」

となってしまうので私は出来るだけガスを使わなくていい作業はガスを使わないようにしています。

あと電気の方が温度が一定に保てる場合もあるのでそんなに神経を使いたくない時は電気を使ってます。

 

温める作業

松脂とかの固定アイテムに関しては温める系の作業まみれなので大体電気で温めます。

以前の松脂とかの使い方回の時もサラッと書いてますが「アイロン」が最高に便利です。

クッキングシートを間にかませて成形していきます。

アイロンとクッキングシート
アイロンとクッキングシート

極端なことを言えばアイロンでヤニ台を一回溶かし切ってもいいので使わない手はないです、あくまで私が思い付いてやっているので「伝統的じゃない!!プンスコッ」って人はガスバーナーでやったらいいと思います。

 

ヤニ台を作り直したい時

松脂を一気に破壊したい時は、

一回冷凍して粘度をなくしてから100均のゴミ袋に入れて(飛び散るから)

ホームセンターで売ってるレンガ破壊用のハンマーでぶっ叩けば砕け散るので

そのあとのんびり火にかけて松脂を溶かして再利用しましょう。

 

ガスコンロを使いたくない?

じゃあ電気プレートを使いましょう。

 

電気プレートを使うのはもったいない?

クッキングシートを折り紙の要領でボックス型に折ったものに松脂を入れて、

ひっくり返したアイロンに乗っけておいても溶けますよ。うっすい銅板を皿状にした物でもいいし。

これは削りカス状態になったワックスの再利用にも使えます。

 

クッキングシートについたヤニがとりずらい?

シート側に機械油を軽く塗っておくと取りやすいですよ、銅皿にくっついてるヤニを取る時も同様。

時間があるなら冷凍庫に入れとけば簡単にパキパキ取れます。

急ぎでヤニを取るってことはそもそもないと思いますけど^^;

 

ガスバーナーと違う利点

単純に接している部分しか温まらないので火と違って無駄に酸化するようなことがないし温度管理もしやすいです。

特に100均で売っているようなはんだごての先端を太めの銅線に取り換えてナイフ状に加工すると

さらに狙ったところだけを加熱できるので楽です。

私はボンベ式のガスバーナーを使って火は使ってますが、金属を溶かすような工程を含んだ作業になると一気にガスの消費量が増えてしまいます。工程の合間に電気の道具を使用するとコスパが良くなるのでオススメです。

 

IMULTAロゴ

 

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

【twitter】

【Facebook】

IMULTA by彫金萬 - 「いいね!」279件 - 彫金技術で構築した世界観を提供します。 ロココ調、モノとモノと…

【instagram】

506 Followers, 835 Following, 440 Posts - See Instagram phot…

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

ではまた次回。

アイロンとクッキングシート
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。