彫金のロウ付けのやり方、実践・作業のコツ編

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

暑くなってきましたね。2019-05-16

私は真冬に脱水症状を起こしてひっくり返った事があるので水分補給は怠りません。

水分足りなくなると血液がドロドロになって体に悪いそうなんで皆さんも気をつけて下さい。

そんな暑い中、今日は前回に引き続きロウ付けの後編、作業編です。

何度も言いますが雑にやったら火事になりますからね。自己責任でお願いしますね^^

前編で書いた準備はちゃんとしましょう。

IMULTAの彫金製作ハウツーラボ

彫金のロウ付け作業の防火・防炎について書いています。彫金をやるなら必須の作業工程ですが適当にやると火事になるのでその前段…

YouTubeで家の外のコンクリのところで適当にやってる動画とかありますけど、せめて火が無駄に伸びないように防火レンガの壁は用意しましょう。思ったより火が伸びてて向こう側の草とかに燃え移るなんてこともあります。

彫金は想像力が足りないと事故が起きます。取り返しがつく範囲の失敗ならいいんですけどね。

そのうち「彫金をやってて起こった迂闊な出来事」をまとめて記事にしようと思います^ ^

さて、前置きが長いので早速本編。

はじまりはじまり〜

ロウ付け実践編。

母材はシルバー・真鍮・銅の場合、ロウ材は銀ロウとします。

※母材=くっつけたいもの
※ロウ材=くっつける接着剤的なもの

粉末状のロウの場合は使用方法が全く違うのでお気を付けください。

写真とか動画は順次追加します。

道具

・ガスバーナー

↑私もこれを使っています。これが一般的、大きいものでなければこのガスバーナーで充分ロウ付けできます。

↑ガスがなくなってきたらこれで補充します。

↑これが大きくて火力が強いやつ、もっと強いのもありますがシルバーとか真鍮だったらこれで充分。これ以上は過剰戦力・オーバーキルです。初心者のうちはこの大き目のガスバーナーの方がいいかもしれません。

↑これが補充用です。

東急ハンズにも売ってたような気がします。

私は普通に工具屋とか通販で買ってます。いつも書いてますが工具はちゃんと見てから買った方がいいですよ。

・ピンセット

アツアツの金属を摘まめれば何でもいいです。ただロウ付け後の金属をつかみ損ねて床に落としたりしたら一瞬で火がつくのでちゃんとピンセットを使うことをオススメします。

でかくて重みのあるものをつかむ時はヤットコ(ペンチみたいなやつ)を使いましょう。

 

・第三の手

ロウ付けするものを立てておきたい時とかに大活躍します。私は使ってますがなくてもできます。

・フラックス

↑フラックスはロウ材を流れやすくする補助剤なので絶対必要です。

この商品は元々ペースト状になっているのでこのまま使えますが少なくなってきたりしたら粉末状のものを足して調節します。

私は粉末状のやつを買ってきて一回煮込んで粘度を調節してから瓶に保存してます。

フラックス
フラックス

↑こんな感じ。

煮込むやり方は「彫金のロウ付けのやり方、安全対策と道具の紹介」に書いてます。

 

・銀ロウ材

ロウ付けするのでロウ材は必須です。小さく切って使います。

今回は板材状のもので説明します。

ロウ材は3分ロウ・5分ロウ・7分ロウ・早ロウなど色々ありますが今回は5分ロウを使います。

一番練習に向いています。

 

・ロウ切りハサミ

↑ロウを切るのにロウ切りはさみは便利です。

ただ私は100均のハサミで切ってます。慣れればイケますが100均のハサミに慣れる必要はないと思うので

素直にロウ切りハサミを使った方がいいと思います^^

 

・周りの防火レンガとかロウ付けした後に入れるディクセルとか

これも前回の「彫金のロウ付けのやり方、安全対策と道具の紹介」に書いてあるのでご覧ください。

 

簡単な作業工程。

・ロウ付けしたい金属を用意します(母材とか言います、今回はシルバー)。

・小さく切ったロウを用意します。

・ロウ付けしたい部分にフラックスを塗ります。

★次は人によって前後したり端折ったりします。

・フラックスを塗った部分にロウを載せます。

・火を当ててロウ付けします。

★または

・ガスバーナーをブンゼンの火の出方(ユラユラ~って火が出る状態)にしてフラックスを軽く熱してブクブクしないようにします。

・フラックスのブクブクが鎮まるぐらいにのんびり銀ロウを乗せます。

・ガスバーナーをブロー(シュゴーッと火が出る状態)にして一気に熱してロウ付けを完了させます。

ロウ付けをする状態によって使い分けするのでどっちが上手とかはないので、知識として両方知ってた方がうまいことできます。

では順を追って一個ずつ書いていきます。




・ロウ付けしたい金属を用意します

ロウ付けしたい金属を揃えて、ロウ付けできるようにキレイにしておきます。

私の過去の投稿で糸鋸を使う時はドリルオイルやラスペネ、切削油を使うと作業が早くなると書いてますが、

そのままロウ付けしようとするとオイルが邪魔をしてロウ付けできません。

※火の色見ながら臭いのを我慢してやろうと思えばできますが今回は割愛します。

要するにロウ付けしたいものになんか余計なものがついてるとロウ付けできないですよってことです。

↑ちなみにラスペネはこれDIYとかでも大活躍する錆止めとかにも使える便利アイテムです。

ただロウ付け前は取らないといけないので除光液とかで拭きとっておきます。

たまにこういった油分を取る作業の時はアセトンや酢酸アミール、シンナー(ホームセンターで売ってるラッカー薄め液)でやるようにと言った情報を見ますがラスペネとか油性インク程度のものをふき取るなら100均の除光液で大丈夫^^

除光液で拭きとった後すぐにやるとそれもまたやりにくいので少し放置して除光液の残りが気化したらもう一回ティッシュで拭きます。

これでキレイにするのは完了。

母材の準備としてロウ付け面をピタリと合わせる必要がありますのでヤスリとかで面を合わせておくとやりやすいです。

ただ面はピタピタに合わせなくてもロウ付けは出来る事は出来るので、とりあえずロウ付けをやってみて

どのくらいの合わせ具合で出来てどのぐらいで出来ないというのを確認した方がいいと思います。

これを見てる人は、別に完璧なロウ付けをしたいんじゃなくてちょっと彫金のやり方知りたい→アクセサリーとか作りたい人だと思うんで、そこまでロウ付けのクオリティにこだわる必要はないですよね^^

ロウ付けの強度

強度に関してですがロウ付けはかなり強度があります、ちゃんとできていればよほどグネグネ曲げない限り取れません。私は強度にこだわる場合は建築の「接ぎ」みたいにした後でロウ付けします。

 

・小さく切ったロウを用意します。

準備した板のロウ材をロウ切りハサミで小さく切ります。

この隙間だったらこのぐらいかな~って感じで大体でいいです。

「多いかもwww?」ぐらいがオススメ。

多すぎると隙間からあふれてこんもりするんですが初めはそんなのわからないし、適正量だと出来ないと思うんですよね~^^;

こんもりしたのは後でヤスリで削ったりすればいいんだよ♪

大きすぎると溶けにくいんで

「デカくねwww?」って思ったら半分に切って両方使えば大丈夫。

どんなふうにロウ付けするかに依りますが2㎜四方のサイズのを二個ぐらい用意すればよほど大きいものをロウ付けしたい場合を除いてイケると思いますよ。

別に正方形である必要はないけど。大体で。




・ロウ付けしたい部分にフラックスを塗ります。

ロウ付けしたい所にフラックスを塗ります。

塗る時はピンセットでサーっと塗ったりします。

私は自作の爪楊枝ブラシを使います。

IMULTAの彫金製作ハウツーラボ

自作の工具を紹介しています。ちょっとした道具を作るだけで驚くほど作業が効率的になります。…

↑作り方は前の投稿を読んでね。

簡単に言うと濡らした爪楊枝の先端をコスコスするだけで作る工具です。

爪楊枝ブラシが一番塗りやすい。

多めに塗ると火を当てた時にかなりブクブクするのでメンドクサイです。

シャバシャバめやつをほどほどに、軽く撫でるぐらい。

あと小さく切ったロウを一回フラックスの溶液にくぐらせたりもします。

火を当ててロウが黒いまま残っちゃうよって方は一回フラックスの溶液にくぐらせるといいと思いますよ^^

 

・ロウ付けをするために火を当てます。

ちょっと人によって工程が違うので順を追って書きます。

・ロウを乗せるタイミング

A.フラックスを塗ってロウを乗せてから火を当てる。

または

B.火を軽く当ててフラックスがあまりブクブクしない状態にしてからロウを乗せる。

どっちかです。

どっちの方法もやりますがBの方が初心者向けです。

「ロウ付けの時、ロウが動いてロウ付けしにくい。狙ったところに置けない。」って人はBの方法を試してみてください。

Bはガスバーナーの火をユラユラ出る状態にして「熱する」と言うより「温める」イメージです。

なんだったらフラックスを温めてブクブクが収まったら一回火を止めてのんびりロウを置いてもいいです。

フラックスのブクブクが収まる直前は糊のようになるのでBの方法を使う時は私はこのタイミングでロウを置いてます。

Aの方法は一般的でサクサク作業をする時にやりますが丸環を付けるとかロウ付け箇所が少ないといったサクッと作業をするときにやります(慣れと技術が必要)。何か所も同時にやる時はBの方法を応用します。

まず初めはBの後乗せでお試しください。フラックスがちゃんと塗れてれば絶対できます。




・ロウ付け中の「あれ?流れないっぽい…失敗かな?。」そんな時

・フラックスが足りない。または流したい所に塗れてなかった。

フラックスを追加で塗りましょう。その時も爪楊枝ブラシで火を当てながら塗ります。

火を当てた状態でピンセットがシルバーの表面に当たるとガッツリ傷が入るので爪楊枝がオススメ。

爪楊枝ブラシ焦げるけど水に放り込んで後で捨てましょう。どうせ1分ぐらいで作れる工具なんで使い捨てです。

 

・火力が足りてない。

ガスが足りてない時はガスを補充しましょう。

単純にビビッて火力が弱いときは勇気を補充しましょう。

ただ「火力は正義だぜ!!ヒャッハー!!」にならないように気をつけましょう。

火事になる^^

※注意点。

火事に気を付けるのは当然ですが、

大体は

  • フラックスがちゃんと塗れていない事
  • 正しい位置に火を当てていない事

この二つがのがロウ付け失敗の原因です。

火力にばかりこだわるのはシルバーや真鍮などの母材を傷める原因になりますし、

「火力の強さでなんとかなる」という考え方のうちはロウ付けは絶対に上達しません。

 

・ロウ付け面が合わなすぎ(隙間が空きすぎ)だった。

やり直しましょう^^

 

ロウ付けが終わったら

付着しているフラックスを除去するためにディクセル溶液に放り込みましょう。

5分ぐらい漬け置きしたら水洗いして拭いてロウ付け完了です。

 

ロウ付けの酸化について

むやみに熱して酸化膜が張ったらロウ付けできなくなりますが、酸化の度合いに依るのでとりあえず色々試してみるのがいいと思います。

酸化具合に関していうと真鍮のロウ付けをするとわかりやすいです。

真鍮を熱してディクセルに放り込んだ時にジュワッとなって真鍮の黄色が出てくるような状態だと

そのあとまだロウ付けできるレベルの酸化、ジュワッとなっても赤い銅の色とか赤黒い色が残ってたら次のロウ付け前に一回酸化膜を取った方がいいレベルの酸化。まぁあんまやらないですけど^^;

ロウ付けできないレベルの酸化は火を当てた時間とか空気量とか母材の温度が関係してきます。

一回火を当てて外した瞬間に全体が酸化してロウ付けできなくなるという訳ではありません。よっぽど雑なロウ付けしない限りちゃんとフラックスを塗ればロウ付けできます。




まとめ

今回ロウ付けの方法を2種類紹介しました。

初めてやる方は両方試してみてやりやすい方を採用してください。

文中でも書きましたが

「ロウ付けの時、ロウが動いてロウ付けしにくい。狙ったところに置けない。」

という方はのロウ付けを試してみてください。

基本的にロウ付けは火を当てるまでの前準備が全てです。

石を留める爪を立てるロウ付け~182

↑こちらの記事では画像を交えて紹介しています。

 

ショップはこちら

彫金のご依頼はこちら

 

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。