MENU

【ハンドメイドアクセサリーの作り方】丸カンを自作してロウ付けする。

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

独学で彫金を始めて現在はプロとしてご飯を食べています。

今回は丸カンの自作方法の紹介です。

 ・記事的の内容

丸環の作り方をメインにして紹介しますが、「真鍮線や銀線を自分の思い通りに造形する入り口として丸カンを作れるようになると便利ですよ」的な内容なので、工具&技術的なお話になります。

※専門の工具があるとなおのこと便利。

読んでおくとモノづくりの作業のどっかで役に立つことがあると思います。

丸カンは作るよりも買った方が楽ではあるので興味のある方だけご覧ください。

目次

【ハンドメイドアクセサリーの作り方】丸カンを自作してロウ付けする。

丸カンとは?

豆兵士のアイコン画像豆兵士

丸カンってなに??

金属でできた輪っか。

ペンダントトップの上に小さいのが付いていてそこにチェーンを通すなどします。

要するに接続部分に使う輪っかで、小さくても大きくても丸カンです。

ハンドメイド作家さんはこの丸カンをヤットコ(ペンチみたいな工具)でつないで作品にしていきますね

私たち彫金師もヤットコで繋げる事はしますが基本的に繋げるだけではなくてロウ付けもします。

めっちゃごついネックレス(チェーンもゴツイ)をオーダーされた時だけは、万が一ペンダントトップかチェーンが何かに巻き込まれたり引っ掛けた時に、咄嗟に引っ張って外せるように丸カンをロウ付けしませんでした。安全対策。

こういった場合以外はロウ付けして丸カンのつなぎ目をロウ付けして閉じます。

丸カンの用途

  • ペンダントトップのチェーン通し
  • 留め具をつなぐ
  • 丸カンを連続させてチェーンにする

このように丸カンは色々な用途で使用します。

仕事中にパーツ用に買っておいた丸カンが不足する場合があるので、銀線や真鍮線を加工して作る事があります。

(※不足しなければ作りません。)

丸カンなどの加工は作りたい形に適した工具があるとあっという間に終わる。

過去にも同じような内容を書いていますが、工具に知識があるかどうかで成形作業の効率は劇的に変わってきます。

大袈裟ではなく作業時間が10分の1以下になることもあるので、「技術があれば代用できるから大丈夫。」というのはそこまで本気で信じてはいけません。

もちろん技術があれば出来るというのはウソではありませんが、そんな技術を身につけることに時間を割くのなら工具を買った方が遥かに早いです。

極論ですが「技術があれば代用できるから大丈夫。^^」的な発言を技術を習得している途中の人間に言う人は、わざとうまくいかない方に誘導しようとしていると考えていいと思います。

もしくは本当に工具の存在を知らないかですが、どっちのしても人に教えるポジションの人だったらだいぶ問題がありますね。

あくまで私の考えなのでこれを信じるかどうかは読んだ方の自由です。

という訳で今回紹介する丸カンを作る工具はこちらの2つ↓

どちらも持っておくと作業効率が爆発的に上がります。

普通のヤットコに比べると小さい方はちょっとお値段はりますがスッゴイ楽になります。

消耗品と違って1個買っておけばずっと使えるので買っておくことをオススメします。

作業する頻度によっては全く必要ない。

作業する頻度が低いのであれば必要ありません。

趣味レベルでやるのであれば丸カンを切らしたとしてもネットで注文して届くまで待っていればいいので、自分で作る必要が無い人には全く必要のない工具です。

 例えるならカットしてある野菜のセットをいつも買っている人がいるとして(パルシステムとかオイシックスのサービスみたいなやつ)そのセットが無かったら「次のセット届くまでいいや~。」って人は野菜を切ったりしないのと一緒です。

つまり今回紹介した工具は専門性が高いとも言えます。

ここまで読んで「自分で丸カン作る必要ないな~。」と感じた人はこの先の作り方を読む必要はありません。

ではここからは紹介した工具を使った作り方を紹介していきます。

他の一般的な丸カンの作り方はこの本↓に載っているので読んでみてください。

この本は高いけど彫金師に聞けば、みんないい本だという名著なのでオススメです。

今のところ聞いた人はみんないい本だって言ってますね。

今回紹介する工具での丸カンの作り方。

くどいようですが「丸環がない時にササッと作るための方法」なので大量に作るのには向いていませんし、大量に欲しいのであればパーツ屋さんで買ってしまった方が楽です。

その前提で読んでください。

まずは金属を加工するので真鍮線にしろ銀線にしろガスバーナーで加熱した後に急冷します

良く出てくる工程ですがこれを「なまし」と言います。

なますことで金属が柔らかくなるので加工しやすくなります。

金属の線を加熱する場合は、金属板を熱する時と同じ感覚で加熱するとあっという間に溶けてしまうので注意が必要です。※特に真鍮線など真鍮系のものを大きいバーナーで加熱するとすぐ溶けます。

丸カンに成形した後のロウ付けの工程も考えて、液体フラックスに潜らせてからなます方法もあります。

液体フラックスに引火して緑色の炎がボワ〜っとつきますが、慌てずにそのままにしましょう。

なました後は成型用のヤットコ、成型プライヤーで形を作っていきます。

もう一回紹介しますが今回使用するメインの工具はこちら

プライヤーの円柱状になっている部分にそのままグルグルと巻き付けていきます。

1個だけ作るときは1回巻きつけるだけ、ケチってギリギリの長さで巻くと、メチャクチャやりにくいので多少は余分に切り捨てる前提で成型した方が簡単です。

丸カン作りの方法で、よく彫金の本に載っているのはグルグルと巻きつけた後に糸鋸で切って一気にたくさん作る方法ですが、今回は1個だけなのでニッパーで切ります。

芯棒・サイズ棒に巻き付ける

サイズ棒の銀線を巻き付ける
サイズ棒の銀線を巻き付ける

彫金の本で紹介している方法はこのような芯棒に銀線をグルグルと巻き付けて最後に糸鋸でまとめて切るという方法です。

「ニッパーで切ると、その後のロウ付け時のすり合わせがetc…」という人は糸鋸で切りましょう。

はい、これで丸カンの完成です^ ^

丸カンを1個作ったからなんやねん…という人もいると思いますが、今回のように適した工具があるだけですぐに終わる作業があるというのが実感できると思います。

真鍮のアクセサリーの作り方を紹介する記事で指輪用の成型プライヤーを紹介していますが、今回の作業はそれの小さくしたバージョンです。

逆にいうと成型プライヤーを使ったリング作りは今回の丸カン作りを大きくしたバージョンという事です。

そう考えると単純な形状のリングであれば簡単に作れそうな気がしてくるのではないでしょうか。

興味のある方はこちらをご覧ください。

簡単な指輪づくりで学ぶ!!真鍮アクセサリーの作り方!!

丸カンをロウ付けする

丸カンをロウ付けする場合はごく少量の銀ロウを使えばすぐにロウ付けが出来ます。

棒ロウの場合ひとによってはつけすぎてしまう事もあると思うのでこの場合は板材のロウを小さく切って置いてロウ付けするのがオススメ。

アクセアリーの作り方を紹介するサイトの場合、ロウ材は「早ロウ」をすすめているところがほとんどです。

溶けやすいロウ材は本当にサッと溶けて広がってしまうので、ロウ付け面のすり合わせが不十分だった場合違う方向に流れて行ってしまいます。

5分ロウの場合は早ロウと比べるとねっとりと流れるので、すり合わせ面に多少に隙間があってもロウ付けで隙間を埋めることが可能です。

「溶けやすい=簡単」ではありませんので、ロウ付けが上手くいかなくて困っている方はロウ材を変えたら上手くいくかもしれません。知らんけど。

それぞれのロウ材の溶けやすさと用途

先述したようにロウ材は「溶けやすい=簡単」ではなくその溶けやすさ(融点)や流動性(流れやすさ)で使い分けます。

個人的に早ロウは流れやすすぎて逆に汎用性に乏しいと考えているので省きます。

3分ロウ

3分ロウは一番溶けにくいロウ材で、もったりと溶けます。それを利用して隙間が出来た部分の補修も出来ます。

溶ける=流れるではなく置いた部分で溶けて留まるようなイメージ。

5分ロウ

一般的なアクセサリーやジュエリーのロウ付けに使われます。3分ロウのようにある程度の補修にも使えます。

溶けた時のネットリ感がちょうどよいので流しやすく、すり合わせ面に多少すき間があっても大丈夫。

7分ロウ

7分ロウも一般的なアクセアリー・ジュエリーのロウ付けに使われます。

複数個所ロウ付けする時、5分ロウでロウ付けした部分のロウ材が再度溶けださないように、融点の低い7分ロウを使います。

アクセサリーのロウ付けに一番いいのは5分ロウ。

初心者でも7分ロウを使うのがオススメです。

フラックスは液体フラックス推奨

【ハンドメイドアクセサリーの作り方】丸カンを自作してロウ付けする。まとめ

今回は成形プライヤーを使った丸カン作りを紹介しました。

かなりニッチな内容なので必要になる方はかなり限られると思います。

ただ今回の知識があると「へ~、他にも成形の便利な道具ってあるのかな?」といった発想に発展しやすくなるので考え方が柔軟にNなると思います。

一番最後に「単純な形状のリングであれば簡単に作れそうな気がしてくるのではないでしょうか。」と書いたように考え方ひとつでモノの作り方は大きく変わってきます。

もちろんちゃんとしたリングを作るにはキレイに磨く技術なども必要になるので一概には言えませんが、モノづくりの参考になれば幸いです。

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

上谷 俊介のアバター 上谷 俊介 彫金師

彫金萬代表、彫金ブランド「IMULTA」を運営しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる