ゴルフクラブ彫金

こんにちはIMULTA彫金師の上谷です。

独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。

 

以前イベントでお客さんと話していて

「あれ?これブログのネタとしていいんじゃない?」って思ったことがあったんで書きます。

愚痴とかネガティブな内容ではありません。

 

彫金を独学でやることについて。

私は私自身が独学で彫金をやっているので独学賛成派ですし

「みんなどんどんやったらいいのに^^」と思っていますが、今回は独学で学ぶことに関して色々と書いていきます。

 

まずは初めに

最近はイベントで彫金の実演をしている時に

「彫金を教えてほしい。」

「独学でできますか?」

と言われることが多いです。

 

「彫金を教えてほしい。」に関して

これはブログで練習方法を書いていますので

そちらの投稿を参考に練習してみてください^^

関連記事

こんにちはIMULTA(イムルタ)彫金師の上谷です。 独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTAという自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。 お仕事の依頼などは下のアドレスからお問い合わせください。コメントか[…]

彫りサンプル

残念ながら彫金教室を開く予定はありません。

ただ模様を彫る彫金に関していえば

【ただただ地味な反復練習と、どう彫ったらどう光るかの検証】

これを延々と繰り返せばうまくなります。

よく秘訣を教えろと連呼してくる人がいますが、彫りに関しては基本が出来ていることが大前提になるので知識があるからといって出来るようになるものではありません。

練習方法はブログに書いている通りです。

彫金タガネ4種と彫り方の紹介

関連記事

こんにちはIMULTA(イムルタ)彫金師の上谷です。 独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTAという自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。 お仕事の依頼などは下のアドレスからお問い合わせください。コメントか[…]

彫りサンプル

 

「独学でできますか?」に関して色々含めた難易度

独学でできるかどうかで言うと「できます。」

実際に独学で勉強してきた私が仕事として彫金をやっているので「出来る」と言うのは断言できます。

 

私は実演中にお客さんとしゃべりながら彫る事もあるので簡単そうに見えているようなんですが

初めはまともに線を彫ることもできませんし、せっかく買ったタガネの刃がパキパキ欠けます。。

ゴルフクラブ彫金
ゴルフクラブ彫金

現在の私はタガネが欠けさせる事はまずありませんが、最初はみんなタガネの刃が頻繁に欠けます。

今の私が彫っていてタガネの刃が欠けないのは、どの素材の彫金タガネをどのように整えて(金属の素材、焼き入れ、研ぎなど)、彫る対象の金属をどのように処理(熱処理、固定など)するかわかっているからであって、彫金を始めたころはパキパキ欠けさせていました。

しかも始めた頃はタガネを満足に研げなかったのでいちいち新しい彫金タガネを買ってました。

しかし当時の私はお金がなかったので途中から自分でタガネを研ぐことに強制的にシフトするしかありませんでした。

そのおかげで今では自分でタガネを研ぐ事ができるようになりました。

それも満足に研げるようになるまで100本以上は市販のタガネを買っているので、独学でやる方はそれぐらい自分で買う可能性があるという事を覚悟した方がいいです。

 

工房の写真
工房の写真

 

独学で彫金をやる時のハードル。

独学で彫金をやるにはいくつかハードルがあります。

最初のハードルとして、彫金は始めるにあたって用意するものがたくさん必要です。

 

彫金教室に行けば月謝が必要な代わりに必要な道具が大体そろってますが、独学の場合は必要な道具を全部買いそろえる必要があります。

模様を彫る彫金だけをやるにしても彫金台とか値段的に高いものが必要になるので、金銭的にハードルが高いです。

 

さらに言うと技術面・知識面・金銭面で難易度が高いです。

昨今のハンドメイドブームで始める方が多いようなんですが普通に学問なので、

自分の好きなように物を作れるようになるには結構勉強が必要です。

 

あわせて読みたい

彫金で使用する工具の中で基本的なものを紹介しています。

彫金で使う基本から専門的なものまで道具・工具を紹介。

関連記事

こんにちはIMULTA(イムルタ)彫金師の上谷です。 独学で彫金を始めて15年たちまして現在はIMULTA(イムルタ)という自分のブランドを立ち上げて彫金師をやっています。 「ハンドメイド」を卒業して「彫金」をやってみたい方向け[…]

リングを叩く様子。

 

最近の独学の追い風と向かい風

たまにTwitterとかでつぶやいているんですが

最近はネットの発達でググったりYoutube見たりと彫金に関する調べ物が気軽にできるようになりました。

これは本当にすごいことで、本を読み漁ってた頃に比べたら本当に「時代が変わったな~。」って感じです。

ただ本にはお金を出す分ネットでは拾えない情報・知識が載っているので本を基本にして、YoutubeやInstagramで作業の動きを補完するのがいいと思います。

あわせて読みたい

彫金の独学を始めたばかりの頃、「何が役に立つ情報かわからない…。」状態の私がどのように情報を集めていったかを紹介した記事です。

彫金だけではなく、未知のジャンルを勉強する時にも役に立つ内容になっています。

彫金の独学するための情報収集方法を段階的に紹介。

彫金を独学する中で本当に役に立った、今現在も役に立つと断言できる技術書を紹介しています。

彫金を独学するためにオススメの本4選

実際に参考になる映像もありました。これが追い風。

 

ただ残念ながら逆にトンチンカンなことを広めている人もいます。

 

例えば「ロウ付け」という彫金をやるなら超重要な基本工程がありますが

ロウ付けの基本

・ロウ付けする面をちゃんと合わせる。

ロウ付けするモノ同士の面があっていないとロウが流れない、または流れてもちゃんと付きません。

フラックスという薬剤をちゃんと使う

このフラックスという薬剤はロウ材の酸化を防ぎ流れやすさを高めてくれます。これは全てロウ材(アルミロウ、銅ロウ、真鍮ロウ、銀ロウ、金ロウ、プラチナロウ)でも火を当てる前に使うものなのでちゃんとトロトロの状態で保管するなどかなり重要です。ちなみに私がメインで使っているのは銀ロウ。ロウ付けする者同士の隙間に銀ロウが流れてロウ付けできるのでこの薬剤を使わないのはあり得ない。

フラックス
フラックス

↑これは保管用。粉末状のやつを一回水に溶かしてから煮込んで、下にたまってるみたいにドロドロの状態にしてからもう一回水を足します。勝手に分離するので、使う分だけ小さい入れ物にドロドロを取って上澄みの溶液を足して濃さを調整して使います。

このフラックスのトロトロ具合をちゃんと管理できないとロウ付けできないです。

ちなみに最初からペースト状になっているフラックスもあります。

十分な量のロウを使う。

ケチるぐらいなら大目に使った方がいいです。少なめにするのは最低限出来るようになってから。

・ガスバーナーの空気量を調整する。

空気とガスでシュゴーっと火が出るブローバーナーとガスでぼわーっと火が出るブンゼンバーナーの使い分けが大事です。

・ロウ付けする金属の温まりやすさを把握する。

私がメインで使っている銀ロウは異素材(真鍮と銀など)をロウ付けできます。火を当てた時の温度の上がり方と融点が真鍮と銀で違うので火の当て方が重要になります。

ロウ付けした後の金属は熱い状態ですぐに希硫酸の溶液に入れてフラックスを取ります。

これは「酸洗い」というちゃんと名前がついた工程です。

熱してこびりついているフラックスはガラスのような状態になっているのでお湯につけた程度ではなかなか取れません。

ちなみに水溶性のフラックスと言うのは「はんだ付け用」のもので存在しますが、耐久温度が違うのでロウ付けでは使えません。

上で紹介した希硫酸の溶液の代わりに、

安全性の高いディクセル(商品名:ピックリングコンパウンド)と言うものを溶かした溶液を使うんですけど、


フラックスがお湯とか水で溶けるならみんな希硫酸やらディクセル買わないでしょ。

 

上記のようにロウ付けに関して簡単に書きましたが、初めて知る方には何のことやらと言った感じだと思います。

今から始める方にはネット記事の真贋を見分けるのが難しいのが向かい風です。

私が書いてるこの記事も嘘なんじゃねーか?とか疑ってかかった方がいいです。

シルバーネックレス
彫金銀商品
彫金銀商品

 

加工関係の記事

金属の加工方法は色々あるので案内が難しいですが、
一つ加工という事でこういった記事があります。
レティキュレーションという加熱によって金属面をシワのように荒らす加工方法を紹介しています。

関連記事

こんにちはIMULTAの上谷です。 以前レティキュレーション加工をした真鍮ピアスの作り方を紹介した時に 真鍮のアクセサリーの作り方をピアス作りで学ぶ 「シルバーのレティキュレーションはまた別記事で。」と書いていたので […]

レティキュレーションでシワシワになった厚さ0.4mmの銀板

こういった加工の仕方もあります。

 

私は模様を彫る彫金以外の作業も楽しいと思えたので続けてきましたが、周りのハンドメイドブームと同じ感覚で彫金を独学でやるのは難しいと思います。

こういう時に彫金教室やってたら「ウチにどうぞ^^!」と言えるんですが、彫金教室をやるつもりはありません。

関連記事

こんにちは毎度おなじみIMULTA(イムルタ)の上谷です。 このブログで彫金のハウツー・やり方について書いてます。 今回は彫金をやってて躓いた、初め出来なかったポイントと解決のコツについて書いていきます。 では始まり始まり[…]

ティアラ製作過程、ロウ付け前

 

ちょっと嫌な内容になってしまった部分もありますが特にロウ付けは簡単に火事になる程度の火力のガスバーナーを使います。

なんとなくでやると本当に火事になって最悪自分以外の人の命も危険にさらします。

どんどんやったらいいのにとは思いますが安全には気を付けてくださいね^^

 

まとめ

彫金を独学でやるのは知識面・金銭面でハードルがとても高いです。

ちゃんと防火対策をしないでやると火事になる可能性があります。

気軽に始めたいのであれば彫金教室を探していきましょう。

IMULTAでは現在は彫金教室を開く予定はありません^^

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

 

IMULTAオンラインショップ

オンラインショップで伝統の彫金技術で模様を彫り上げたジュエリーを販売していますので、是非一度ご覧ください。

IMULTAのオンラインショップはこちら

 

彫金を施したスターリングシルバーのzippo
彫金を施したスターリングシルバーのzippo

↑私は普段このように金属に模様を彫り入れるオーダーも承っています。

オーダーをご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

彫金のオーダーについて問い合わせる

 

 

彫金の工具、道具を買うにはAmazonプライムがお得なので是非登録しておきましょう。

月額500円もかからないので非常にお得です。

 

\Amazonプライムを試してみる/

 

 

 

ゴルフクラブ彫金
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。