レティキュレーションでシワシワになった厚さ0.4mmの銀板

シルバーアクセサリーの作り方、レティキュレーション加工

こんにちはIMULTAの上谷です。

以前レティキュレーション加工をした真鍮ピアスの作り方を紹介した時に

真鍮のアクセサリーの作り方をピアス作りで学ぶ

「シルバーのレティキュレーションはまた別記事で。」と書いていたので

今回簡単に紹介します。

「読む彫金教室」です。

シルバーアクセサリーのレティキュレーション

今回はシルバーのレティキュレーションですが基本的には前回と一緒です。

真鍮のアクセサリーの作り方をピアス作りで学ぶ

・まずは絶対に火事に気を付けてください。

彫金のロウ付けのやり方、安全対策と道具の紹介

彫金のロウ付けのやり方、実践・作業のコツ編

火事になっても私(上谷)とIMULTAの関係者は一切の責任を負いません。

 

簡単にやり方を先に書いて、知識系は後に書きます。

 

シルバーのレティキュレーションのやり方

基本的なやり方

  1. 表面を火で強く熱します。
  2. 希硫酸に入れて酸洗いします。ディクセル溶液でも検証しましたが同じようにできました。
  3. 繰り返します。
  4. 銀の表面にしわが入ってくるので好みの具合になったら終了。1回火を当てて好みの感じにしわが入れば繰り返す必要はありません。

以上です。

レティキュレーションはもともとシルバーとゴールドで使用する技法です。

前回の記事でも書きましたが薄い金属の方がやりやすいです。

私はこの本を見て学びました。

この本ではレティキュレーションは1mm以上の厚みの金属で行うように書かれていますが、薄い金属でも可能です。

本の中では圧延ローラーを使ったテクスチャーの説明が多いため1㎜以上の金属の使用を推奨していると考えられます。

 

・ガスバーナー2本使用するやり方

熱の加え方を変えることでしわの寄り方を誘導する方法があります。

片方の大口バーナーで全体の高温を維持して小口バーナーか酸素バーナーで局所的に熱して狙った部分にレティキュレーションを施します。自己責任ですが慣れてない人は危ないのでやらないでください。

 

・炉を作る

分かりやすく炉と言ってますが要するに熱が反射するように熱する場所自体を狭くするなり周りのブロックを熱が反射しやすいものに変えて熱がこもりやすくして反応を促進させます。

レティキュレーション加工を施したシルバー

では実際にレティキュレーションを行った銀板を見てみましょう。

レティキュレーションでシワシワになった厚さ0.4mmの銀板
レティキュレーションでシワシワになった厚さ0.4mmの銀板

画像の通り強く熱したことでしわが寄ってテクスチャーになっています。

これは火を1回当てただけなので繰り返す事で強いしわが入ります。

レティキュレーションは溶かし網目模様の事ですが網の目に見えるかというと正直微妙です^^;

脱皮バナナ
何度も繰り返さないで1回で強いしわを入れられないの??
可能です。ただ一度に熱しすぎると金属の厚みによっては溶けて穴が開いてしまいます。逆に穴を開けることで自然な風合いにしているようなジュエリーもあります。1度にどの程度熱するかは人それぞれです。

 

今回は厚み0.4mmのシルバーの板で行っています。

この加工は金属が溶ける一歩手前の変化を利用して行うため金属板自体が変形します。

画像でも縁がひずんでいるのがわかります。

極論ですが縁の方はある程度溶かし切る前提で熱すると1回で強いしわと縁が丸まったようなテクスチャーになるので、

それはそれでいい感じになります。

あとはガーネットあたりを留めてあげればそれだけで十分ジュエリーとして使用可能です。

レティキュレーションの後の変形をとって平面にした銀板
レティキュレーションの後の変形をとって平面にした銀板

このひずんだ風合いもレティキュレーションの魅力なので、

平面にするかは好みですがこのように表裏から木槌で叩くことでひずみを取って使用することもできます。

使用するハンマーは木槌でなくゴムハンマーでも問題ありません。

彫金に使うハンマーについて書く

念のため書いておくと木槌はヘッドの角の部分でひずんでいる部分を軽くコンコンと叩けばいいので大きく振る必要はありません。ゴムハンマーはそれ自体に少し弾力があるので少し押し込むように叩く必要があります。

指を叩かないように気をつけましょう。

ケガとは切っても切れない彫金作業での痛かったエピソードまとめ

 

他の金属(銅・真鍮)でも見てみる

0.3mmの銅板と真鍮板
0.3mmの銅板と真鍮板

0.3㎜の銅板と真鍮板でもレティキュレーションを行いました。

※これは実験的に行っているので0.3㎜の金属板が向いているという訳ではありません。

しわを入れるという事に関しては問題なくできますが、

どちらも銀よりも高い熱が必要になる事と素のままだとしわの発生が安定しません。

表面のフラックスを熱している状態。
表面のフラックスを熱している状態。

画像のようにフラックスを塗布してから熱することで反応を多少誘導することができます。

ただハッキリ言って加工した後の表面の汚れとるのがめんどくさいのであまりおすすめできません。

※私は機械(バレル研磨機)で汚れを取ってます。

前回紹介した程度のピアスの加工ぐらいが気軽にできる範囲なのでそれ以上は諸々めんどくさいです。

 

まとめ

今回は前回の真鍮ピアスづくりに引き続きレティキュレーション加工について紹介しました。

繰り返し行う事でどのくらいの加工ができるかを自分で確認しながらデータを取っていくしかないので

狙った模様にするのは至難の業ですが雑にやってもそれなりの雰囲気を出すことができるものなので

逆に趣味でやる人には向いている書こうとも言えます。

今回紹介した技法はこの本に載っているので興味のある方は購入してみてはと思いますが、

中古本なので売り切れていたとしても私はどうにもできませんのでご了承ください。

 

IMULTA(@imulta_jewelry)でした。

 

IMULTAへのお問い合わせ

ショップはこちら

彫金のご依頼はこちら

 

最近「」についてもブログを書き始めたのでよかったら読んでみてください。

 

今後ネットでも買いやすい道具を紹介していくのでAmazonプライム入っておいた方が便利。

レティキュレーションでシワシワになった厚さ0.4mmの銀板
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

IMULTA彫金師の上谷

IMULTAというブランドを展開している彫金師の上谷(ウエタニ)のブログです。彫金のハウツーとかお手入れの方法とか嫁さんのあるあるとか勝手気ままに書き連ねてます。気になる事があったら気楽に聞いてください。答えられる事は丁寧に答えます。わかんないことはわかんない。気が向いたら読んでみてください。